武豊騎手の天才ぶりは、まだまだ健在ですね。炎の体育会TVで吉野家体験!!


5月13日の『炎の体育会TV』に武豊ジョッキー登場!! やはり天才です。

どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。


中央競馬ランキング
いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

みなさん、5月13日の『炎の体育会TV』をご覧になりましたか。

炎の体育会TV

われらの武豊騎手、デムーロ騎手、ルメール騎手、浜中騎手、JRAを代表する4人の騎手が、バラエティー番組で、その天才ぶりをいかんなく発揮しました。
その中でも武豊騎手の絶対的な体内時計には、本当に驚かされました。
雨上がりの蛍原さんとの対決した武豊騎手は、60秒に近い方が勝ちというルールでキタサンブラックの木馬に騎乗。なんと武豊騎手は、60秒がわかりながら62秒までまってボタンを押しました。
蛍原さんは、65秒と言う結果に。



武豊騎手は、蛍原さんが自分が押した後にボタンを押されることを警戒し、62秒まで引っ張ったことを後で告白。
本当であれば、60秒きっかりでボタンを押せていたのだから驚きです。

また、そのほかのロデオゲームややぶさめにおいても、そのバランス力などに力を発揮しており、やはりなみなみならない天才であることを見せつけました。
さすが、レースで数々のG1を獲得するのもわかりますね。

またアスリートとしてのその真面目な取り組み姿勢も本当に尊敬できますね。
同世代として誇らしいです。
これからも、レースでその力を後輩騎手に見せつけていってほしいものです。

そして、そのご褒美が、吉野家というのも天才ならではですよね。
初めて吉野家にいった武豊騎手は、なにが難しいのか一般庶民の私にはわかりませんが、どういう注文システムかがわからず、同行していた勝俣さんに助けを求めるところも面白かったですね。
やっと念願がかなった武豊騎手の口からは、『これが吉野家か、おいしい。』と素直な感想が・・・。
武豊騎手の毎日の食生活は、管理されていて、おいしいものを少しずつ食べていると聞いていますが、たまには庶民的な食べ物も良いかもしれませんね。

アンケートへの参加もよろしくお願いします!!

続きを読む 武豊騎手の天才ぶりは、まだまだ健在ですね。炎の体育会TVで吉野家体験!!