ドゥラメンテ故障!! 宝塚記念は、マリアライトが勝利し、波乱となりました。

競馬予想のレジまぐ

デムーロ騎手、競馬ファンもがっかり。凱旋門賞も白紙になってしまうのでしょうか?

とんでもない事になってしまいました。
どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。

まさか、ドゥラメンテが故障とは。
まずは、スポーツ紙の発表から。

【宝塚記念】ドゥラメンテ2着 左前脚故障、凱旋門賞挑戦は白紙

直線外を追い込んで首差2着だったドゥラメンテだが、ゴール入線後につまずくような挙動。鞍上のM・デムーロは下馬し、ドゥラメンテは馬運車で阪神競馬場の診療所に運ばれた。

M・デムーロは「ゴールを過ぎてつまずき、すべったみたい。それで左前が(おかしくなった)」と説明。サンデーレーシング代表・吉田俊介氏によるとドゥラメンテは「左前が痛いような感じで、脚を地面につけず浮かせている」という状態。レース直後とあって「いろいろなことはレントゲンの結果と診断が出てから」と前置き。「どの程度の症状か分からない」としたうえで、今後について「白紙になります。フランス(凱旋門賞遠征)もやめます」とした。「ひとまず1、2日は競馬場に置いて、診断が出てからどうするか考えたい」と語った。

出典:スポニチアネックス 6月26日(日)17時27分配信

<阪神11R・宝塚記念>故障発生のドゥラメンテから下馬して引き揚げるM・デムーロ騎手。
<阪神11R・宝塚記念>故障発生のドゥラメンテから下馬して引き揚げるM・デムーロ騎手。

では、反省に移りましょう。ドゥラメンテは、少し出遅れました。
そのため、後方からのレースを余儀なくされます。
出足が良かったのは、やはりキタサンブラックでした。すんなり前に行くことができ、先頭に立ちます。アンビシャスやワンアンドオンリー、トーホウジャッカルがその後に続きました。
トーホウジャッカルは、かなり調子が良かったのかもしれませんね。キタサンブラックを突っつく感じで、ペースが速くなりました。
その後、まくり気味にマリアライトが進出、その前には、抜群の手ごたえで、ラブリーデイが上がってきます。
この時点でキタサンブラックは、引き離しにかかりますが、ラブリーデイとステファノスが捕まえにかかります。
ラブリーデイが快勝するかと思いました。突き抜けてもおかしくない反応でしたが、なかなかキタサンブラックとの差が縮まりません。
その外を蛯名騎手があの独特のフォームでマリアライトをおっています。
さらにその外からは、やっとドゥラメンテが伸びてきます。

宝塚記念優勝マリアライト号 出典:スポーツ報知
宝塚記念優勝マリアライト号 出典:スポーツ報知

1着は、キタサンブラックかと思われましたが、マリアライトの伸びが勝り、1着に。
ドゥラメンテは、ギリギリ、キタサンブラックをかわして、何とか2着に飛び込みましたが、その後がいけません。
デムーロ騎手が下馬しているではありませんか!!

あーっ!! 凱旋門賞が・・・。私の心の叫びです。

とても残念です。ドゥラメンテが1着にならなかったことも残念ですが、またしても凱旋門賞を勝つことができないのではということの方が大きかったです。
みなさんも、今年こそドゥラメンテが凱旋門賞を勝つと夢見ていたはずです。
本当に残念です。

さて、2016年の宝塚記念は、牝馬のマリアライトが勝者となりました。
ハイブリッドウイナーの予想では、HW7の単穴に推奨していましたので、当然単勝を抑えることができました。
8番人気でしたので、25倍です。
しかし、ラブリーデイやドゥラメンテが1着になっていれば、かなりの額を手にすることができていましたので、本当に残念です。


宝塚記念で、反省しなくてはいけない点は、実は、あまりありません。予想どおりのレース展開と穴馬のチョイスができていました。反省があるとすればひとつ、それは、2番人気のキタサンブラックを少し軽視してしまったことでしょう。こちろん強いことはわかっていますが、あそこまで残すとは思いませんでした。武豊騎手の天才的な騎乗もあるのでしょうが、やはりキタサンブラックが強い馬だということでしょう。凱旋門に行ってくれると面白いかもしれませんね。
阪神の内回りでは、後方にいてはいけないとデムーロ騎手自体もインタビューで語っていましたが、なかなかうまく騎乗できなかったようですね。
また、ラブリーデイも良いレースをしてくれましたが、やはり、あそこから伸びられないのは、この馬の実力なのでしょう。

春競馬の締めくくりとなった宝塚記念ですが、ドゥラメンテの故障という少し残念な結果となりましたが、マリアライトの蛯名騎手にとっては、ダービーの雪辱が果たせた良いレースとなりました。
アンビシャスは、予想どおり、距離の壁があるようですね。

続きを読む ドゥラメンテ故障!! 宝塚記念は、マリアライトが勝利し、波乱となりました。

函館スプリントSを反省いらずの完全的中!! 3連単397,650円他パーフェクト的中です。

対抗のソルヴェイグが頑張ってくれました。的中って気持ちいい。

本命にしたティソーナは、結果的に8着という結果でしたが、なんと対抗に推奨していたソルヴェイグが、シュウジとのたたき合いで1着になりました。
やはりカルカルの斤量で、スタートを決められたことが勝因でしょう。

まずは、ハイブリッドウイナーの競馬予想を振り返ってみましょう。

函館SS ハイブリッドウイナー予想
函館SS ハイブリッドウイナー競馬予想

勝ったソルヴェイグは、HW6でありながら人気はこの時11番人気です。
2着のシュウジは、1番人気。
3着のレッツゴードンキは、2番人気でしたが、その後、6番人気に。



レースは、スタート抜群にソルヴェイグが2番手に付けます。シュウジも抑え気味に3番手を進む形になりました。すぐに直線が迫ってきます。
ソルヴェイグは、抜群の手ごたえで、追い出しにかかります。シュウジも岩田騎手の鞭にこたえ伸びてきます。
このたたき合いを制したのは、なんとソルヴェイグでした。



競馬予想のレジまぐ

 

3連単:397,650円 的中
3連複:43,840円 的中
単勝:3,940円 的中
馬連:17,090円 的中
馬単:36,650円 的中

 

函館SSレース結果 出典:JRA
函館SSレース結果 出典:JRA

詳しくは、『レジまぐ』でご確認ください。

もちろん、東スポ虎石晃記者にも完勝です。
まずは、この企画1戦1勝でスタートを切ることができました。

ありがとうございます。

■虎石記者の予想
◎アースソニック(三浦) 9着
〇オメガヴェンデッタ(武豊) 6着
▲オデュッセウス(戸崎) 7着

■ハイブリッドウイナーの予想
◎ティソーナ(柴山) 8着
〇ソルヴェイグ(丸田) 1着
▲アースソニック(三浦) 9着



 

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

レジまぐ商品の購入はこちら!

競馬 ブログランキングへ

ブログ王ランキングに参加中!

ジューンSの反省会を開催しましょう。

東京芝2000メートルのジューンステークスは、これまた残念な結果になりました。

アングライフェンを本命に推奨してレースにのぞみました。
購入の内容は、新たに3連複のテストを行うことが目的でした。

購入した馬券はこのようなものになります。

ジューンS3連複購入馬券
ジューンS3連複購入馬券

軸馬のアングライフェンからのフォーメーションで、購入順位がわかるように、3連複を購入しました。
これまで3連単の頭2頭軸を購入していましたが、流石になかなかヒモ馬を当てることができず、悔しい思いを何度もしました。
その打開策として、全通り買いもあるかもしれないと思い、このような買い方をテストしました。

残念ながらアングライフェンは、出遅れる形となり、後方を追走、直線では前が壁になりなかなか抜け出せませんでしたが、そこはルメール騎手のこと、うまく内をついて伸びてきましたが、最後に届かずの4着となり、結果ルミナスウォリアーが1着となりました。
穴狙いしていた、夏馬のケイアイチョウサンが頑張り、3着に入ってくれましたが、そのおかげで、馬券を撮り逃してしまいました。残念です。

レースの反省は、アングライフェンが出遅れてしまったところで、どうしようもありませんが、馬券の買い方は、さらに磨きをかけて行かないといけません。
少しの間は、この3連複の買い方を行っていきたいと思っています。

ジューンS予想ボード
ジューンS予想ボード

※3連単5頭ボックスなら、簡単に万馬券が的中でしたね。

函館スプリントステークスの予想は、明日の午前中に公開予定です。
お楽しみに。

 

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

レジまぐ商品の購入はこちら!

競馬 ブログランキングへ

ブログ王ランキングに参加中!

マーメイドSとエプソムカップを反省。ルージュバックは強かった。

ルージュバックは、やはり強いですね。エプソムカップの反省会を行います。

まずは、阪神のマーメイドステークスの反省です。
このレースの敗因は、ハピネスダンサーのレース運びでしょう。
内々でレースを運んだ川田騎手ですが、直線に入っても前が開くことなく、しっかりと追うことができませんでした。
もし、内が開いていれば、抜けだす力はあったように思います。こればかりはレースなので仕方ないのですが、残念としか言えません。
また、タガノエトワールも、中段に付けてのレースで、なかなか良い感じではありましたが、直線伸びることができませんでした。
マーメードステークスは、完敗です。
雨の影響も少しはあったのかもしれませんが、軸馬が来なくては、高配当を的中させることはできません。

ハピネスダンサー:5着
タガノエトワール:12着

さて、エプソムカップの反省に移りましょう。
的中するも、あまりうれしくない結果となりました。しっかり反省しましょう。

続きを読む マーメイドSとエプソムカップを反省。ルージュバックは強かった。

東京11Rアハルテケステークス反省会。反省いらずのパーフェクト的中です。

アハルテケSを完全的中!! 強かった戸崎騎手のチャーリーブレイヴ。

いやー。完勝でした。
アハルテケSの反省会といきたいところですが、軸馬、ヒモ馬ともに完璧でした。

アハルテケS結果 出典:JRA
アハルテケS結果 出典:JRA

購入した単勝、馬単、馬連、3連複、3連単のすべてが的中です。
中でも3連単は、人気の無かったピンポンが来たことで、71,570円と万馬券獲得となりました。
本命のオールブラックスも良い感じで直線を向きましたが、前が壁になっていたのと、少し力が足りなかった感じです。

アハルテケステークス予想ボード
アハルテケステークス予想ボード

反省の必要のないレースでしたが、あえていえば、本命ではなく、対抗の馬が1着になったことでしょうか。
的中すれば、結果的に良いのですが、人気のないオールブラックスが来てくれるともっと盛り上がったのですが、仕方ありません。

一方の阪神メインの安芸Sは、残念ながらベックもサンレーンも良い走りをしたのですが、力のあるダノングッドが結果的に強かったようです。

 

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

レジまぐ商品の購入はこちら!

競馬 ブログランキングへ

ブログ王ランキングに参加中!

田辺騎手の騎乗が光った安田記念を反省しましょう。

田辺騎手は、天才かばくち打ちのどちらかでしょう。

今回の安田記念のポイントは、やはり田辺裕信騎手の逃げがズバリと当ったところでしょう。
あそこまで、うまくやられてしまうと、本当に強かったと感じますが、逃げた馬は、そのレースがはまっただけで、その後のレースはマークされることで、なかなか勝てないということも良くあります。

田辺騎手は、奇襲ともいうべき戦法がうまくいったのだが、これも彼の「勝ち」に対する強い執念でしょう。
「躊躇なく行った。着を拾うのではなく、勝つにはどうすればいいかを考えていた」というように、
抜群のスタートからディサイファを制してハナに立ったロゴタイプは、すんなりと先頭に立つことができ、1000mを59.1秒と抜群のペースに落とし込むと、雨が降ったことで敬遠されていた最内を一頭だけで走り、勝利を呼び込んだ。

大本命のモーリスは、スタートから掛かり気味にポジションを上げ、2番手を進んだが、なかなか折り合うことができていなかった。
やはり、得意でない左回りで、手前をうまく替えることができなかったようです。

田辺騎手は、「ずっと厩舎の人たちと一緒に、どうやれば復活させることができるか考えてやってきて、大きな舞台で結果を出せたことが本当にうれしい」
「本当に頭のいい馬で、今回の作戦にも上手く対応できたんじゃないかと思います」
ロゴタイプにとっては3歳の皐月賞(G1)以来、3年2カ月ぶりの勝利となりました。これでG1を3勝となった。

3着に頑張ったハイブリッドウイナーの本命馬フィエロは、上がり3ハロン最速の「33.5秒」。
ルメール騎手が予定通り騎乗していれば、どうなっていたかとは言いにくいが、本当に残念な結果となりました。

田辺騎手
田辺騎手

田辺騎手は、目立ってはいないが、どちらかというと天才肌のジョッキーではないだろうか。
なので、狙ったレースは、本当にしぶいイメージがある。
2015年は、リーディング11位と言う結果だったが、今年は、9位とまだまだ上位を狙えるところにつけています。
また、その甘いマスクで、UMAJOたちを魅了しているようだ。

しかし、こんな騎乗をされては、せっかくモーリスとフィエロの2頭軸で、絞って狙っていた3連単をハズす結果になってしまいました。
馬にも騎手との相性というものがありますが、馬券を買う私たちも同じように騎手との相性がありそうです。
しかし、そんなことばかりしていると、キッチリ馬券がハズレてしまいますので、
みなさんも好き嫌いを作らないようにしましょうね。

 

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

レジまぐ商品の購入はこちら!

競馬 ブログランキングへ

ブログ王ランキングに参加中!

安田記念反省会。レースは、予想通りでしたが、ロゴタイプの逃げは想定外でした。

フィエロの狙いは間違いありませんでした。しかし、ロゴタイプの逃げに唖然。

いやー、惜しいレースでした。
それは、フィエロの好走です。スタート直後は、かかった感じでしたが、その後は、中段に。
直線に向くと、追い出しを送らせ、加速。外目をグングンと伸びて、あわやモーリスをかわすところまでの3着となりました。
ルメール騎手が騎乗していれば、どうだったかは定かではありませんが、当然1着になってもおかしくなかったかもしれません。

ただ、予想外だったのは、ロゴタイプの逃げ戦法です。
まさか逃げると思っておらず、かかって前に行ってしまったと思った各騎手は、少し控えた形になりましたね。
そこで、追い出しが送れて、ゴールまで捕まえきれなかったという感じでしょうか。まあ、最短距離をはしりましたしね。

勝利馬 ロゴタイプ号
勝利馬 ロゴタイプ号

また、断然の1番人気のモーリスは、スタートからすごい勢いで前に行きました。
Tベリー騎手も押さえるのに必死と言う感じ。これでは、最後に伸びませんよね。

第66回 安田記念の結果

1着:6 ロゴタイプ
2着:8 モーリス
3着:10 フィエロ

単勝:5 3,690円
複勝:5 520円
8 130円
10 450円
馬単:6-8 11,580円
3連複:6-8-10 14,990円 的中
3連単:6-8-10 153,560円

続きを読む 安田記念反省会。レースは、予想通りでしたが、ロゴタイプの逃げは想定外でした。

さっそくダービーの反省会を行います。不運!! サトノダイヤモンド落鉄していた!!

競馬の祭典が終わってしまいました。

やはり、4強は強かった。
ダービーは、儲けるためのレースではありませんね。やはり、見るレースでした。

おやっと思ったのが、まずは、リオンディーズのレース運びです。
逃げることは無いとしても、もっと前に付けないとこの馬の良さが出ないのではないでしょうか?

後ろから2番目では、いくら折り合いがついても直線で、前を行く有力馬を抜かすことはできません。
デムーロ騎手、どうしたのですか? ジュエラーのような後ろから直線だけですべての馬を抜き去る瞬発力はありませんよ。

まあ、デムーロ騎手のコメントを聞いてみないとわかりませんが、スタート直後にリオンディーズの優勝は完全になくなってしまいました。

さて、一方のサトノダイヤモンドですが、中段を追走する形で万全の競馬です。
流石ルメール騎手です。
直線も半ば、一瞬早くマカヒキが抜け出しました。
これを追うような形で、ルメール騎手がサトノダイヤモンドを追い出すと、伸びます。
これは、勝つのではないかと思いましたが、直線が短かい。
最後まで抜けきることができません。

写真判定になりましたが、どう見ても体制はマカヒキが勝っているように見えます。
案の定マカヒキの3番が掲示板にともりました。

馬券は、すべて不的中。
1着が入れ替わりさえすれば、馬単の的中もあっただけに非常に残念です。
しかも、リオンディーズは、馬群を縫うように上がってきてなんと5着。
前に行くことができれば、勝利もあったのではないでしょうか?本当に。
舌をしばった効果が、逆にハングリーさを無くしてしまったということでしょうか。

勝ったマカヒキは、私も好きな馬なので、おめでとうと言いたいのですが、
ハズしてしまった残念さ、数センチの負けが、またまた悔やまれる日本ダービーとなりました。

ルメール騎手は、このところ、鼻差で負けることが多くなっていませんか?
がんばってくださいね。

次は安田記念です。
このかりは、安田記念で晴らしましょう。

ダービーの全着順になります。

ダービー全着順 出典:JRA
ダービー全着順 出典:JRA

なんと、サトノダイヤモンドが落鉄していた!!

やはり、運が無いとダービーは勝てないようです。
サトノダイヤモンドの強さは本物です。馬券では、負けてしまいましたが、
ハイブリッドウイナーの予想の確かさは、やはり本物です。

【ダービー】約8センチ差の明暗を分けたものは ダービーには“運”も必要を痛感

わずか約8センチ差の激闘だった。3番人気のマカヒキが、直線の激しいたたき合いを制して第83代のダービー馬に。現役最年少ダービージョッキーとなった川田将雅騎手(30)=栗東・フリー=は、史上8人目のクラシック完全制覇も達成した。サトノダイヤモンドは不運の落鉄に泣き2着。1番人気の皐月賞馬ディーマジェスティは3着に敗れ、蛯名の悲願達成は、またしてもお預けとなった。

前半1000メートルの通過が60秒0。全馬がどの位置からでも力を出し切れる有利、不利のない平均的な流れになった。まさに力と力の勝負。結果として1~3着馬は皐月賞2、3、1着馬。加えるなら4、5着まで一緒だった。時計も内容も超ハイレベルだった皐月賞上位馬が、そのまま掲示板を独占した形だ。

着順が入れ替わった上位3頭の差は何か。勝ったマカヒキは、デビューから4戦全てで上がり3Fの最速時計を記録。今回もメンバー2位タイの33秒3をマークした。直線の長い東京での決め手勝負には分があり、折り合いの心配がないことから距離延長も平然とこなしてみせた。

だが、2着サトノダイヤモンドは落鉄の不運があり鼻差。3着ディーマジェスティも直線で寄られ、立て直す不利があった。やはりダービー馬になるには“運”も必要というを痛感させられた。

いずれにしても上位5頭は相当なハイレベル。この先数年は、各路線でこの世代の馬たちが引っ張っていくことになるだろう。

引用:デイリースポーツ

 

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

レジまぐ商品の購入はこちら!

競馬 ブログランキングへ

第77回オークスの結果報告と反省会になります。

オークスは、シンハライトが勝つ良いレースでしたが、ビッシュの好走に感謝。

良いレースでした。
率直に言えば、そうなります。強い馬が強いレースで勝つ。確かに良いレースです。
しかし、本当に残念でした。
正直に言えば、残念です。

続きを読む 第77回オークスの結果報告と反省会になります。

ヴィクトリアマイルの反省をしましょう。

勝ったのは、ご存知の通りストレイトガールでした。いやーっ、鮮やかでしたね。流石、戸崎騎手です。

ヴィクトリアマイルは、去年に続きストレイトガールが快勝するという結果になりました。
いやーっ、最後の直線は、切れましたね。
あの走りをされると流石のミッキークイーンやショウナンパンドラも太刀打ちできません。

出典:JRA
出典:JRA
ストレイトガール号
ストレイトガール号

続きを読む ヴィクトリアマイルの反省をしましょう。