2017年6月の勝負レース


さあ、6月に入ります。5月は、最終週の目黒記念で、大きなパーフェクト的中を達成!! 宝塚記念に向けた資金ができましたので、上半期の集大成を迎えたいと思います。

競馬予想のレジまぐ

ありがとうございます。目黒記念のフェイムゲームが激走!!
3連単⑫-②-⑨ 316,940円的中です。その他、単勝、馬連、馬単、3連複すべて的中しました。

にほんブログ村 競馬予想(会員募集)

■2017年6月3日(土)
阪神競馬場 11R鳴尾記念 (的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーが今回本命に推奨したのは、 7番のレッドソロモンです。岩田騎手が騎乗するレッドソロモンは、このところ調子を崩していますが、それは馬場とコースの影響です。
阪神の広いコースなら、全力発揮も可能です。
このところ岩田騎手も復調の兆しもありますので、期待しましょう。8番人気なので、配当もよさそうです。対抗は、頭一つ上の8番スマートレイアーです。
この中においては、やはり強いですね。
デムーロ騎手に乗り替わってさらに可能性が増しましたね。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
本命だったレッドソロモンでしたが、少し出遅れてしまい、最後方からのレースになってしまいました。
これでは勝てませんね。うまいレースをしたのは、勝ったステイインシアトルに騎乗した武豊騎手です。
さすがに逃げ馬に乗せると武豊騎手の騎乗は抜群ですね。
最高のレースで、迫りくるスマートレイアーを抑え、1着となりました。
おかげさまで単勝的中です。もちろん、馬連、3連複も的中となりました。

■2017年6月4日(日)
東京競馬場 11R安田記念G1

安田記念テーマ

《展望》
安田記念のサイン馬券は、佐藤琢磨選手が快挙を成し遂げたアメリカ伝統のレース、インディ500が関係しそうです。競馬は、同じレースですから、連動しないはずがありません。まして、この全世界を驚かせた快挙ですから、必ず何かのサインとして現れそうですね。時間をかけてじっくり考察していきたいと思います。

>>> 詳しくは、こちら >>>

ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、1番人気の15番イスラボニータです。
絶好調のダービージョッキーのルメール騎手が騎乗します。
この絶好調のルメール騎手に乗らないわけにはいきませんね。
イスラボニータもこのところ安定した成績を残していますので、そろそろ大きなところもゲットできそうです。

単穴は、香港の12番ビューティーオンリーになりました。
固い東京競馬場がこの馬には合いそうです。

単穴は、 8番のエアスピネルです。
武豊騎手との相性もピッタリですので、ここでも力が発揮できそうですね。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
イスラボニータは、残念な結果となりました。前が詰まってしまったこともありましたがロゴタイプの逃げと後ろから来たサトノアラジンの末脚に屈してしまいましたね。予想は、残念ながら大外れとなってしまいました。



■2017年6月11日(日)
東京競馬場 11RエプソムC 

《展望》
ハイブリッドウイナーの本命は、 7番のマイネルハニーです。
東スポの虎石晃記者とかぶってしまいました。

対抗は、10番のアストラエンブレムです。
こちらも虎石記者とまるかぶりです。

単穴は、 17番のレッドレイヴンです。
調子がよさそうなので、狙い時です。

>>> 予想は、こちらから >>>

ベルモントパーク競馬場 ベルモントS 

《展望》
日本時間11日の7時37分に発走するベルモントステークスには、日本馬のエピカリス号が出走します。またまた、楽しみですね。

サイン馬券も考えられますので、いろいろ考えていきたいと思います。

予想ができましたら、また発表させていただきますので、お楽しみに!!

レーシングプログラム

現地時間6月10日(土曜)にアメリカ合衆国ニューヨーク州のベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークス(G1)に出走予定のエピカリス号(牡3歳 美浦・萩原 清厩舎)が現地に到着しましたのでお知らせいたします。

エピカリス号

出典:JRA

アメリカのベルモントステークスの予想は、応援馬券で、エピカリスを応援したいと思います。
ハイブリッドウイナーの本命馬は、アイリッシュウォークライです。
>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
エピカリスが出走取消になり、勝つ可能性も高かっただけにとても残念です。次走に期待しましょう。アイリッシュウォークライが2着となり、単勝ハズレです。

■2017年6月18日(日)
東京競馬場 11RユニコーンS (パーフェクト的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーの本命は、 8番サンライズノヴァです。
現在は4番人気ですので、狙い頃ですね。
戸崎圭騎手が騎乗しますので、大いに楽しみです。

対応は、7番のアンティノウスになりました。
ルメール騎手が騎乗となります。
こちらも期待できそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ユニコーンステークス2017は、結果が確定次第公開します。

函館競馬場 11R函館スプリントS

《展望》
ハイブリッドウイナーの本命は、武豊騎手が騎乗する10番シュウジとなりました。
実力がある馬ですが、このところ不完全燃焼ですので、武豊騎手の天才的な騎乗で、ここはしっかり勝ってもらいましょう。

対抗は、大外になった13番のブランボヌールです。
この馬も強い馬ですが、シュウジ同様に近走は良いところがありません。
岩田騎手の騎乗ですが、なんかやってくれそうな気がします。

単穴は、 2番のノボバカラです。
ダートでは、力を発揮しているノボバカラですが、芝でもスムーズなレースができそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
函館スプリントステークス2017は、結果が確定次第公開します。


競馬ブログランキングへ

■2017年6月25日(日)

阪神競馬場 11R宝塚記念 G1

《展望》
宝塚記念2017は、予想ができ次第公開します。さて、サインはなんでしょうか?

《結果》
宝塚記念2017は、結果が確定次第公開します。

■2017年6月28日(水)
大井競馬場 11R 帝王賞  Jpn1

《展望》
ダート部門の実力馬たちが全国各地から集う上半期のグランプリレース。ダートグレード制施行の1997年以降、JRA所属馬の12勝に対して、地方所属馬は8勝を挙げており、ダートJpnⅠの中でも地方所属馬が活躍しているレースの一つです。

40回を迎える帝王賞2017をコパノリッキーが回避!! 武豊騎手のアウォーディーには追い風になりそうです。

《結果》

帝王賞2017は、結果が確定次第公開します。


続いて、『ハイブリッドウイナー徹底活用馬券術《ブログ》』のご案内です。

続きを読む 2017年6月の勝負レース

2017年5月の勝負レース


2017年5月は、今年もやってまいりました競馬の祭典日本ダービー!! 今年は、どんなレースになるのでしょうね。楽しみです。

競馬予想のレジまぐ

ついに今年も日本ダービーとオークスの季節がやってきました。競馬の祭典ですので、ダービーウィークは、競馬漬けでどっぷり楽しみたいと思います。

にほんブログ村 競馬予想(会員募集)

■2017年5月6日(土)
京都競馬場 11R京都新聞杯

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、4番のインヴィクタです。
人気は、現在のところ3番人気ですが、ルメール騎手の騎乗で非常に期待できそうです。そして対抗は、6番のゴールドハットです。
現在、絶好調の武豊騎手が騎乗しますので、人気はありませんが、やってくれそうです。単穴は、 2番のダノンディスタンスとなりました。
こちらも人気はありませんので、来てくれるとうれしいですね。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
土曜日の京都新聞杯2017は、残念な結果となりました。
インヴィクタは、良いところなく7着。対抗に推奨したゴールドハットも6着と、残念な結果となりました。
武豊騎手でも勝てないのですから仕方ありませんね。

■2017年5月7日(日)
東京競馬場 11RNHKマイルカップG1

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、1枠1番に入ったモンドキャンノです。
土曜日の京都新聞杯では、残念な結果となったルメール騎手に改めて期待したいと思います。対抗は、人気薄の12番ミスエルテです。
現在5番人気ですが、実力は充分ですので、川田騎手の好騎乗に期待したいと思います。単穴は、これまた人気の無い18番ガンサリュートです。
かなりの人気薄になっていますが、前走は度外視です。
調教も良いようですので、頑張ってもらいたいですね。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
アエロリットですか・・・。横典騎手が騎乗していたので、なにかあるかと思いましたが、まんまとやられてしまいました。しかも2着は、リエノテソーロとは・・・。

確かにリエノテソーロは、HW2と人気が無い割に高い数値でしたが、結果的にノーマークとなってしまいました。これでは当りませんね。

NHKマイルカップ2017は、難しいレースだとは思っていましたが、モンドキャンノもいい感じで前に付けることができていたのですが、直線はまったく内が伸びなかったですね。

しかし、さすが曲者の横典騎手です。しっかりアエロリットを勝たせるところはさすがベテランです。今週は、ハイブリッドウイナーが不発に終わってしまいましたが、来週のヴィクトリアマイルは、しっかり的中させたいと思います。



■2017年5月13日(土)
東京競馬場 11R京王杯スプリングC (的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、 4番のサトノアラジンです。
前走の香港カップでは、1番人気を背負うも結果は5着。
残念な結果となりましたが、その前の1,400メートルスワンステークスを勝っていることからも、今回の距離では負けられませんね。
また、川田騎手との相性もばっちりですので、大いに期待できそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
京王杯スプリングカップは、レッドファルクス単勝的中です。
残念ながら3連単と3連複は、不的中。2着のクラレントは買えませんでした。残念!!
3連単では、17万円とかなりついていたので、本当に残念です。

■2017年5月14日(日)
東京競馬場 11RヴィクトリアマイルG1

《展望》
今年のヴィクトリアマイルは、サイン馬券で取れるのではないでしょうか?今話題のゴルフ界のセクシークイーンアン・シネのサイン馬券が怪しそうです。

アン・シネ選手

やはり、今話題と言えば、アン・シネ選手でしょう。このブームにJRAが乗らないはずはありません。
そうなるとキーワード(サイン)は、『クイーン』ではないでしょうか?
ヴィクトリアマイル2017に出走を予定している『クイーン』の名を持つ競走馬は、3頭。
その中でも筆頭は、ミッキークイーンですね。そして、クイーンズリング、フロンテアクイーンも出走を予定しています。
やはり、その中でも実力が抜けているのは、ミッキークイーンでしょうね。

>>> 詳しくは、こちら >>>

今年のヴィクトリアマイル2017は、アン・シネのサイン馬券が爆発です!!

ミッキークイーン号

ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、なんとアン・シネサイン馬券の一頭でもある8番のクイーンズリングです。
しかも、そのHW値は、なんとHW21とズバ抜けています。
さらに現時点の人気は5番人気といい感じですので、これは是非とも当てたいところです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
大ハズレです。クイーンズリングは、残念ながら6着敗退。勝ったのは、ハイブリッドウイナーで4番手に推奨していたアドマイヤリードでした。馬場の影響が大きかったのでしょうか?3連単90万馬券の的中は無理としても、3連複の10万馬券はゲットしたかったですね。

いやーっ、残念です。

■2017年5月20日(土)
京都競馬場 11R平安ステークス (的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、15番のグレンツェントです。前走は、9着と人気を裏切ってしまいましたが、力は間違いなくありますので期待できますね。
ルメール騎手が騎乗ですから、間違いありません。

対抗は、武豊騎手が騎乗する4番のクリソライトです。
しっかり前に行ける馬ですので、武豊騎手も最適なペースでレースができそうです。
人気も落としているので、狙い時でしょう。
楽しみです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
平安ステークスでは、グレンツェンが10着と残念でしたが、対抗に推奨していたクリソライトの末脚はすごかったですね。
最後方をポツンと追走から、直線だけで、大外をごぼう抜きでした。1着になってくれれば、大的中だったのですが、あそこからではさすがに難しいですね。
でも、武豊騎手は素晴らしいですね。ほんと人気がなくても持ってきますよね。

■2017年5月21日(日)
東京競馬場 11Rオークス G1 (パーフェクト的中)

《展望》
桜花賞では、レーヌミノルが勝利を収めましたが、実力としては、ソウルスターリングが今度こそとなる可能性が大きそうです。しかし、何が起こるかわからないのが今年の牝馬クラシック戦線です。ヴィクトリアマイルでは、アン・シネ選手のサイン馬券が不発に終わりましたが、本番はオークスかもしれません。検討が必要そうですね。

アドマイヤミヤビ号

そして、そのヴィクトリアマイルそのものがサインだったとすれば、勝ったアドマイヤリードがサインとなり、アドマイヤミヤビも怪しいのではないでしょうか?

また、眞子さまのご結婚が発表されたこともあり、ますますアドマイヤミヤビが怪しいと思うのは、私だけでしょうか?

さらにさらに、前走の桜花賞の敗因の噂も流れており、アドマイヤミヤビの回りがなんだか騒がしくなっています。こんな馬が来るのが競馬なのですよね。

>>> 詳しくは、こちら >>>

東スポ紙面

ハイブリッドウイナーが、本命に推奨したのは、外枠16番のアドマイヤミヤビです。
前走は、残念な結果となりましたが、力はご存知の通りです。
今回の調教では迫力十分。また、もともとオークスを勝てる馬と競馬関係者が語っていたアドマイヤミヤビですので、その力を存分に発揮してもらいましょう。
デムーロ騎手、頑張ってください。

そして、対抗は、2番のソウルスターリングです。
桜花賞では大きな期待をされましたが、結果的に3着。馬場の影響もあったのでしょう。
良馬場ならば、力を発揮できますね。

単穴は、8番のホウオウパフュームです。前走は、1番人気ながら、8着と凡走。
今回は、アドマイヤミヤビ同様に調教も十分ですので、激走もありそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨したアドマイヤミヤビは3着。
対抗のソウルスターリングが、1着となったことで、結果的にパーフェクト的中となりました。

3連単:2-1-16  20,130円

嬉しいのは嬉しいのですが、やはり本命に推奨したアドマイヤミヤビに勝ってほしかったです。

■2017年5月28日(日)
東京競馬場 10R日本ダービーG1 (3連複的中)

《展望》
なんとなくでは、ありますが、今狙いたいのはスワーヴリチャードですね。今年の日本ダービーは、いつものような盛り上がりは少しありません。なぜなら突出した軸馬がいないからです。しかし、穴党にとっては、こんなダービーだからこその楽しみ方もありそうです。

スワーヴリチャード号

まず、サイン馬券から考えるとかなり難しいですね。ダービーに関係するような事件や出来事がなかなか思い当りいませんよね。ひとつ気になると言えば、イギリスで起きたテロですが、あまりいいニュースでもないですし、アメリカの同時多発テロと比べてしまうと、そこまでサインになりそうにありません。

よくあるプレゼンテーターからであれば、JRAのCMにも登場している松坂桃李さんの関連となるのでしょうが、桃から8枠という単純なものになってしまうので、そんな単純なものではないはずですよね。まだ少し時間はありますので、探ってみないといけませんね。

いやーっ、困った!! 困った!!
やはり、ここは、ハイブリッドウイナーの予想を信じて購入するしかありません。
ハイブリッドウイナーの予想に関しては、もう少し検討材料を入手する時間が必要ですので、今しばらくお待ちください。

>>> 詳しくは、こちら >>>

ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、なんと福永騎手が騎乗する13番のカデナです。
HW値は、HW10となっており、かなり期待できる数値です。
人気は現在6番人気です。福永騎手がうまく乗ってくれれば、直線でいい脚を使ってくれそうです。調教もバッチリですので、頑張って1着になってほしいですね。

対抗は、大外に入ってしまった18番のアドミラブルです。
HW9とカデナに迫る数値ですが、如何せん18番枠ですので、少し割引が必要になってきそうです。
ダービージョッキーを狙うデムーロ騎手にとっては、この大外の不利も吹き飛ばしてくれそうですね。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》

日本ダービー2017の結果報告と反省とまいりましょう。
いやーっ、正直スワーヴリチャードが勝つかと思いましたね。
直線では、外からジワジワと伸びていましたので、てっきり1着になるかと思いましたが、最後は、伸びきれませんでした。
それだけレイデオロが強かったわけですが、さらに残念だったのは、大外になってしまったアドミラブルです。
猛然と追い込んできましたが、やはり大外がこたえましたね。さすがのデムーロ騎手もどうしようもなかったですね。
枠がよかったらおそらく勝っていたでしょう。この馬は強くなりそうですね。次のレースが勝負レースになると思いますので、必ず購入したいと思います。
スワーヴリチャードも、馬体重が減ってしまっていたので、その影響もあったかもしれません。
この馬も次走期待しましょう。

>>> 詳しくは、こちら >>>

東京競馬場 12R目黒記念 (パーフェクト的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーは、12番のフェイムゲームを本命に推奨しました。
長いところはめっぽう強いフェイムゲームですが、2,500メートルは少し短いかもしれません。
この馬にしては、9番人気と人気を落としてしまいましたが、底力は充分持っていますので、ルメール騎手に期待しましょう。

対抗は、 2番のヴォルシェーブです。
戸崎圭騎手に乗り替わって、さらに安定しそうですね。
大魔神佐々木オーナーの馬は走りまから期待しましょう。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ハイブリッドウイナーが大爆発したのが、東京競馬12Rの目黒記念2017です。
結果は、パーフェクト的中!!
しかも、人気薄の本命馬フェイムゲームが1着となりましたので、大きく勝つことができました。フェイムゲームは、淡々と中段を追走すると、直線大外からジワジワ伸びてきます。
内では、さらに人気の無いハッピーモーメントが粘ります。
その外にヴォルシェーブが突っ込んできますが、伸びたのは、フェイムゲームの方でした。
さすがに底力がある馬ですね。

■単勝:⑫ 1,910円 8番人気
■馬連:②-⑫ 3 ,450円 8番人気
■馬単:⑫-② 9,130円 29番人気
■3連複:②-⑨-⑫ 41,190円 121番人気
■3連単:⑫-②-⑨ 316,940円 845番人気

パーフェクト的中達成です。

>>> 予想は、こちらから >>>



続いて、『ハイブリッドウイナー徹底活用馬券術《ブログ》』のご案内です。

続きを読む 2017年5月の勝負レース

2017年4月の勝負レース


2017年4月は、G1レースが満開ですね。

競馬予想のレジまぐ

大阪杯がG1となる記念すべき4月。桜花賞や皐月賞などG1が目白押しとなりますね。しっかり的中を目指していきたいと思います。

■2017年4月1日(土)
中山競馬場 11Rダービー卿CT (的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、人気ですが、5番キャンベルジュニアです。
前走シュタルケ騎手が騎乗し、しっかり勝っていますので、ここでも中心視となりますね。

対抗は、8番のグランシルク
戸崎圭騎手の騎乗ですので、こちらも期待できそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ダービー卿CT2017は、馬連と3連複の的中のみとなりました。
キャンベルジュニアグランシルク惜しかったですね。
どちらかが1着に来てくれれば、パーフェクト的中でしたが残念です。

■2017年4月2日(日)
阪神競馬場 11R大阪杯 G1  (3連複的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、
大外になったダービー馬の14番マカヒキです。
調教は、抜群のようですね。
凱旋門賞は、本当に期待外れのレースとなり、また、前走の京都記念もサトノクラウンの3着となってしまいました。
しかし、これは、あくまでも調整と言えるのではないでしょうか。
大阪杯G1の初の優勝は、このマカヒキでしょう。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
いやーっ、キタサンブラックは強かったです。さずが武豊騎手ですね。本当にうまいレースでした。マカヒキも最後は、迫ったのですが、パーフェクトなレースをしたキタサンブラックにはかないませんでした。単穴に推奨したステファノスは、なかなか頑張ってくれましたね。良かったのは、それぐらいでしょうか。

■2017年4月8日(土)
中山競馬場 11RニュージーランドT

《展望》
このレースは、スルーしたいと思います。

《結果》
12番人気のジョーストリクトリが勝ちました。3連単も496,220円と大荒れになりましたね。手を出さずに正解だったかも知れません。

阪神競馬場 11R阪神牝馬ステークス

《展望》
ハイブリッドウイナーの本命は、3番のクイーンズリングです。
ここは、しっかりデムーロ騎手に勝ってもらいましょう。
しかし、人気にはなりそうですね。

対抗は、人気の無い4番のクロコスミアです。
前走は、4番人気に押されるも9着と惨敗。巻き返しに期待しましょう。
人気が無いだけに、複勝や馬連で狙うと良いかもしれません。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ミッキークイーンが強い競馬を見せましたね。強いことはわかっていましたが・・・。

しかし、クイーンズリングは、どうしてしまったのでしょうか?デムーロ騎手らしからぬ競馬となってしまいました。このまま調子を落とさないと良いのですが、明日は、桜花賞ですので、アドマイヤミヤビでは、良い結果を出してもらいたいですね。

■2017年4月9日(日)
阪神競馬場 11R桜花賞 G1  (3連複的中)

《展望》
本命は、やはり14番のソウルスターリングですね。こればかりは仕方ありませんね。
しかし、対抗の15番アドマイヤミヤビとは、HW値が同じなので、狙いは、このアドマイヤミヤビにしましょう。

《結果》
いやーっ、ソウルスターリングが3着ですか。まだ若い牝馬だけに、こうなることもあるとは思っていましたが、残念でしたね。次に期待しましょう。

一方勝ったレーヌミノルの池添騎手、おめでとうございます。前哨戦は、頼りない感じでの2着でしたが、しっかり挽回してきましたね。底力がありますね。これからの牝馬のクラシックロードが面白くなっていきそうですね。

しかし、ソウルスターリングの単勝で大勝負にでた方は、悲惨なことになりましたね。やはり競馬に絶対はないのでしょうね。

■2017年4月15日(土)
阪神競馬場 11Rアンタレスステークス  (パーフェクト的中)

《展望》
阪神11Rアンタレスステークスですが、本命は、10番モルトベーネです。
対抗は、6番のグレンツェント
単穴は、ロワジャルダンです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
モルトベーネに騎乗したデムーロ騎手は、直線まで持ったまま。前があくのを待って追い出すと、スルスルと伸びて1着となりました。人気だったグレンツェントミツバは、残念な結果となりましたが、ロワジャルダンも3着に入り、単勝だけでなく、3連単167,220円的中

おかげさまで、このパーフェクト的中で壊れたパソコンの購入費用を稼ぐことができました。

■2017年4月16日(日)
中山競馬場 11R皐月賞 G1

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、5番のレイデオロです。
ここは、ルメール騎手にぜひとも勝って欲しいですね。
休み明けですが、調子は良さそうです。

対抗は、7番のペルシアンナイトです。
こちらも好調のデムーロ騎手ですから、可能性が高そうです。
調教もばっちりのようですね。

単穴は、戸崎圭騎手の13番サトノアレスとなりました。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
いやーっ、直線でペルシアンナイトが内から抜け出した時は、さすがに勝つかと思いました。
しかし、アルアインの差し足に屈していましました。残念!!

単勝ハズレた~っ。
しかし、まだ、3連複に望みが・・・。こんな高配当になるとは思っていませんでしたが、一瞬3連複でも17万ついていたので、当ったのではと思ってしまいましたが、ハズレた~っ!!
なんと、武豊騎手のタンビュライトが購入できていなかったとは・・・。
なぜ、ここで、武豊騎手の馬券を絡ませなかったのか・・・。とほほです。
当っていれば、高価なノートパソコンが購入できたのに。
PCは、来週の的中まで延期としましょう。やはり、高スペックのノートは25万円以上しますからね。あと、アドビのソフトもいりますので、何かと高くつきます。

軸は、良いのですが、ヒモの買い方の検討が必要ですね。
開発メンバーからもそのような話がでていますので、一度しっかり検討していきたいと思います。

■2017年4月22日(土)
福島競馬場 11R福島牝馬ステークス

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、5番のウインファビラスです。
小回りな馬場を得意としていますので、ここは、狙い時ではないでしょうか。
前走は、9着と振るいませんでしたが、スロー競馬があっていなかったので仕方ありませんね。

対抗は、1番のギモーヴです。
各上の挑戦となりますが、一発を狙えそうです。
内枠を活かして逃げ戦法もありかもしえません。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
土曜日の福島牝馬Sは、ダメダメでした。
まさかウインファビラスが、14着とは・・・。次走に期待しましょう。
一方、対抗に推奨したギモーヴは、6着と頑張ってくれました。

■2017年4月23日(日)
東京競馬場 11Rフローラステークス

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、12番のディーパワンサです。
5番人気ですが、ここでもしっかり走れそうです。
前走は、残念でしたが、立て直してほしいですね。
対抗は、5番のホウオウパフュームとなりました。
オークスを狙う逸材ですので、このレースは見ものですね。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
期待されたホウオウパフュームは、残念な結果となってしまいました。期待された馬だけにこの負けは響きそうです。ハイブリッドウイナーが本命に推奨したディーパワンサもまったく良いところがありませんでした。フローラステークス2017は、完敗です。

京都競馬場 11R読売マイラーズカップ (的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、7番のプロディガルサンです。
川田騎手の騎乗がポイントになりそうです。

対抗は、1番人気の4番エアスピネルとなりました。
武豊騎手の騎乗で、勝利も近そうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
プロディガルサンは、出遅れてしまいましたね。早いレース展開にも関わらず、後ろでの競馬となってしまっては、良い結果を残すことは難しいですね。一方、さすがルメール騎手です。見事にシルバーコレクターと化したイスラボニータでしたが、うまく直線勝負となり、1番人気のエアスピネルに競り勝ちました。また、ここでは、人気薄になっていたヤングマンパワーもやはり実力はあるようですね。しっかり3着に来るところなどは、これからも期待できますね。的中はしましたが、この配当では、勝った気がしません。

■2017年4月29日(土)
東京競馬場 11R青葉賞 (的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、10番のアドミラブルになります。デムーロ騎手の騎乗もあり、かなり人気になっていますが、少し人気になりすぎかも知れませんね。

青葉賞 競馬予想ボード

輸送の影響なども考えると少し不安な部分もありそうですね。今回は、少し遠慮してほしいというのが、穴党の願いかもしれません。対抗は、11番のトリコロールブルーです。前走は、出遅れて不利なレースの中、5着と検討しています。すんなり走れれば、1着もありそうです。
東スポの虎石晃記者も本命に推奨していますので、期待できるのではないでしょうか。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
青葉賞2017は、パーフェクト的中となりましたが、1番人気のアドミラブルが差し切って楽勝。タイムもこれまた良かったようで、さすが競馬関係者が絶賛する競走馬ですね。
もしかしたら、アドミラブルが日本ダービーを勝つことになるのでしょうか。

■2017年4月30日(日)
京都競馬場 11R天皇賞(春) (的中)

天皇賞(春)2017特集
《展望》
キタサンブラックとサトダイさんことサトノダイヤモンドの勝負となりました。一番強いのは、サトダイさんだと思っていますが、どちらも凱旋門賞を目指す日本最強馬だけに、その戦いは見ものですね。そして、その中に4歳馬のシャケトラシュヴァルグラン、調子を戻しつつあるゴールドアクターなどがどんなレースを見せるのか、こちらも楽しみです。

天皇賞(春) 出走予定馬 出典:JRA

ハイブリッドウイナーが本命としたのは、15番のサトノダイヤモンドです。やはりサトダイさんには逆らえませんね。

調子も万全なようで、死角がありませんね。ルメール騎手に託しましょう。そして、対抗は、なんと16番のレインボーラインです。デムーロ騎手が何とかしてくれるかもしれません。
また、前走は、出遅れが響き、シャケトラの4着となりましたが、すんなりレースができれば、
まだまだ期待できそうです。単穴は、3番のキタサンブラックです。
盾男の武豊騎手であれば、もしかしたらサトノダイヤモンドをおさえて1着もありますね。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
いやーっ、武豊騎手、キタサンブラックおめでとうございます。素晴らしいレース展開で、レコード勝ちとは、さすがです。

サトノダイヤモンドもこの展開では仕方ありません。しかし、その強さを再認識しました。得意でない長距離の天皇賞(春)で、しかも外枠の難しい枠からのレースでしたから、あの肉薄3着は、強さの証明ではないでしょうか。

本当に凱旋門賞が楽しみになってきました。今年は、日本馬が勝てる期待大です。ワンツーなんかあったりして・・・。

馬券は、単勝と3連複のみの的中でした。こちらは、ガックリです。

シャティン競馬場 8RクイーンエリザベスII世カップ  (1点的中)

《展望》
クイーンエリザベスII世カップ(G1、芝2000m)は、香港競馬の下半期における中距離王者決定戦(香港では夏の暑さを避けるため、8月の競馬開催はなし。シーズンは9月上旬に始まり、翌年7月中旬までが一区切り)。12月に行われる香港カップ(G1、芝2000m)と4月に行われるこのレースが香港中距離路線の2本柱となっている。世界的に見てもレースのレベルは非常に高く、国際競馬統括機関連盟(IFHA)が発表した2016年の「世界のトップ100 G1」ではアメリカのケンタッキーダービーなどと並ぶ35位にランクイン。香港の中では前記した香港カップ、チャンピオンズマイル(芝1600m)、チャンピオンズ&チャターカップ(芝2400m)に続く第4位となっている。

出典:JRA

さあ、次は、香港のレースとまいりましょう。応援馬券で、ネオリアリズム勝負です。

《結果》
クイーンエリザベスII世カップ(G1、芝2000m)の結果報告です。

ネオリアリズムは、一気に後方から進出すると、3コーナーから先頭に立ちました。普通に考えれば、このままでは押し切れないところです。

しかし、ゴールギリギリまで、あれよあれよとなんとか粘り、1着となりました。

単勝1点で的中です。

 

続いて、『競馬で儲けることってできるのかを実践するメールマガジン』のご案内です。

続きを読む 2017年4月の勝負レース

2017年3月度の勝負レース


2017年3月は、やはり高松宮記念とドバイワールドカップを狙っていきます。

競馬予想のレジまぐ

2月の競馬成績は、最高でした。特に最終週の中山記念では、ネオリアリズムが快勝。サクラアンプルールロゴタイプが2着3着に来てくれたことで、3連単は315,300円と高額的中となりました。

また、一方の阪神のメインレース阪急杯は、最低人気のナガラオリオンが予想通り好走してくれ3着に。3連複の的中で239,760円をゲット。3連単の240万からは程遠いのですが、こちらも20万円台の馬券を的中させることができました。

この調子で、3月もバンバン大穴を当てていきたいと思いますので、お楽しみに。

■2017年3月4日(土)
中山競馬場 11Rオーシャンステークス (パーフェクト的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、4番のクリスマスです。
調教でのスピード感は、調子が戻ってきた証ではないでしょうか?
前走は、逃げて4着に粘ったこの馬ですが、今回は、その実力を見せてくれそうです。
そして、対抗は、9番のメラグラーナです。
戸崎圭騎手が騎乗する人気馬ですが、休養明けで、少し割引が必要でしょう。
しかし、この馬の強さは本物ですので、いきなり1着もありそうです。

単穴は、人気薄の馬になりました。大穴狙いの方は、コチラをご覧くださいね。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
さすが戸崎圭騎手というところもありましたが、メラグラーナは、強かったですね。トウショウピストも、もしかしたらという感じで直線を向いたのですが、力負けでしょうか?まあ、結果的には安く収まりましたがパーフェクト的中達成です!! それにしてもクリスマスも惜しかったです。

阪神競馬場 11Rチューリップ賞  (未購入)

《展望》
今回は、ソウルスターリングリスグラシューには、逆らえない感じですので、ここは、見るだけのレースにしたいと思います。

《結果》
ソウルスターリング強かったですね。やはり見るレースでした。

■2017年3月5日(日)
中山競馬場 11R弥生賞  (的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーの本命ですが、5番のサトノマックスです。
このところサトノの勢いは凄まじいものですね。
対抗は、4番のダンビュライトです。レース経験が豊富なことが、活きてこないでしょうか?
能力は高そうです。単穴は、7番のコマノインパルスとなりました。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
サトノマックスは、まだまだ若かったですね。良い感じでスタートを決めたのですが、その後はズルズルと最後方に。道中もかかってみたり後退したりと集中力無くレースをしていました。直線を向くと外目を通って進出。フラフラしながらもなんとか直線だけで5着に。まだまだ成長過程ですが、能力は高そうです。結果は、もう少し先でしょうか?

まあ、3連複が的中しただけでけでも良しとしましょう。

■2017年3月11日(土)
中京競馬場 11R金鯱賞

《展望》
このレースは、面白くなりそうですね。なんせ、今年G1に昇格した大阪杯のステップレースですからね。その中でも狙いは、ステファノスヤマカツエースルージュバック乗っているサトノ軍団の一頭、サトノノブレスではないでしょうか?

そしてハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、8番人気の5番のタッチングスピーチです。
このところ後からのレースで、まったく良いところがありませんが、ルメール騎手に乗り代わってチャンスは無いでしょうか?
今回がねらい目ですね。
そして対抗は、1番人気の9番ステファノスです。
天皇賞、香港カップと良い成績を収めており、ここでも中心となる存在です。
単穴は、12番のパドルウィールです。
現在は、9番人気と人気がありませんが、前回の金鯱賞2着馬でもありますので、この人気なら狙えそうですね。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ヤマカツエースは、強かったですね。1番人気ではありましたが、2着と3着に人気薄のスズカデヴィアスロードヴァンドールが入ったことで、高配当となりました。12番人気のスズカデヴィアスは購入できたのですが、7番人気のロードヴァンドールは買えませんでした。

■2017年3月12日(日)
中山競馬場 11R中山牝馬ステークス (的中)

《展望》
こちらも面白いレースになりそうですね。
人気は、やはりマジックタイムでしょうか?
その中でも面白いのが、前走のジャパンカップを16着と大敗したビッシュでしょう。
強い馬のはずなのですが、大きく期待を裏切っていますので、どこかで大逆転も考えられそうです。大穴は、この馬でしょうか?
それとも人気となってしまうのでしょうか?まだ重賞のタイトルは獲得していませが、パールコードも良い走りができそうですね。
昨年のフローラS2着、秋華賞2着、エリザベス女王杯4着の成績は、力の現れです。4歳世代の牝馬では、やはりトップクラスではないでしょうか。

ハイブリッドウイナーの本命は、人気の無い4番トーセンビクトリーです。
武豊騎手の手綱さばきに期待しましょう。詳しくは、こちらをご覧ください。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
トーセンビクトリーの走りと武豊騎手のパーフェクト騎乗は、本当に感動しました。武豊騎手のスタートと追い出しは、ばっちりでしたね。やはり天才です。おかげで、久々に馬連1点的中です。また、単勝ももちろん的中でした。

中山牝馬S 馬連:2,240円

 

阪神競馬場 11Rフィリースレビュー (パーフェクト的中)

《展望》
フィリーズレビューは、かなり難しいレースになりそうですね。レーヌミノルジューヌエコールアズールムーンなど、これから力を発揮しそうな牝馬がそろっているのですが、まだまだ、存分に力が発揮できる時期でもなさそうです。もう少し検討していきたいと思います。

ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、16番のカラクレナイです。
デムーロ騎手の騎乗で、勝利は近そうですね。詳しくは、こちらをご覧ください。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
カラクレナイは、本当に強いレースを見せましたね。将来有望です。こちらのレースは、本命のカラクレナイの単勝から馬単馬連3連複3連単パーフェクト的中達成です。

■2017年3月14日(火)
高知競馬場 5R黒船賞(JpnIII) (的中)

《展望》
高知で唯一のグレードレースとなる黒船賞2017です。

JRAからは、ニシケンモノノフグレイスフルリープキングズガードドリームバレンチノブラゾンドゥリスの5頭が出走します。

その中でも人気はやはりニシケンモノノフでしょうね。2016年のこの黒船賞は、ダノンレジェンドが優勝、2着にニシケンモノノフが入り、3着もタールタンとJRA所属馬の1・2・3フィニッシュ。
しかも1番人気、2番人気、3番人気で決まったのですから3連単700円も納得ですね。しかし、3連単が当たって700円とは、リスクとあっていませんよね。2017年の黒船賞もこんな結果が待っているのでしょうか?

黒船賞 出馬表

ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、
内田騎手が騎乗するJRAの12番ブラゾンドゥリスです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
いやーっ、どんどん的中しますね。単勝的中です。2番人気でしたが、内田騎乗のブラゾンドゥリスが重賞初制覇となりました。
ニシケンモノノフの人気が高かっただけに、このブラゾンドゥリスの単勝的中で、さらにハイブリッドウイナーの信頼性を再確信することができました。

■2017年3月15日(水)
船橋競馬場 11Rダイオライト記念(JpnIII) (パーフェクト的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーの本命は、やはりJRA所属馬の1頭である2番グレナディアーズです。
絶好調のデムーロ騎手なら、ここは何とかしてくれるのではないのでしょうか。
対抗は、人気の3番クリソライトです。
武豊騎手なら、こちらも間違いありませんね。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
さすが武豊騎手でした。見事な騎乗です。あそこまで離されてしまうと、2着以下はどうでも良い感じですね。2着に単穴推奨のユーロビートが来て、本命のグレナディアーズは、4着まででした。見事パーフェクト的中達成ですが、うれしさは控えめですね。

まあ、地方競馬は、こんな感じになってしまいますよね。今週末のJRA3連続開催に期待したいと思います。

■2017年3月18日(土)
中京競馬場 11Rファルコンステークス (的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命としたのは、HW9の9番コウソクストレートです。
戸崎圭騎手の騎乗で、この数値ですから、勝利は間違いないでしょう。
ハイブリッドウイナー値が大きく抜けているので、軸は固いでしょうね。

対抗は、大きく離れていますが12番のナイトバナレットです。
人気はありますが、この馬も強そうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
戸崎圭騎手、ありがとうございます。コウソクストレートは、強いレースができましたね。やはり、実力は本当でした。前走は、やはり枠と馬場の影響だったのでしょうね。

またまた、単勝1点的中です。HW値が大きく離れていたので、とても当てやすかったですね。

■2017年3月19日(日)
中山競馬場 11Rスプリングステークス (的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、8番のアウトライアーズです。
田辺騎手の手綱に期待できそうです。
確かにサトノアレスは、勢いがありますが、アウトライアーズも負けてはいません。対抗は、11番トリコロールブルーです。
日曜日のデムーロ騎手に期待大ですね。
どこまで記録が続くのでしょうか?

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
アウトライアーズは、惜しくも2着でしたので、結果的には馬連的中です。アウトライアーズが1着にきてくれれば、大儲けでしたが、残念です。でも明日も競馬がありますので、お楽しみは明日としておきましょう。

阪神競馬場 11R阪神大賞典  (パーフェクト的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーの本命もやはり、この馬しかいませんね。
9番のサトノダイヤモンドです。
世代、いや日本、いや世界最強の競走馬かもしれません。
対抗は、 6番レーヴミストラルです。
この馬でも1着は難しいでしょう。
単穴は、3番シュヴァルグランとなりました。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
やはり、そうですよね。単勝1.1倍ですからね。
サトダイさんことサトノダイヤモンドは、凱旋門賞をとってしまうのではないでしょうか?
いやーっ、とんでもない馬です。しっかり的中しましたが、これでは、儲かりませんけどね。

■2017年3月20日(月)
中山競馬場 11Rフラワーカップ (的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、大人気のファンディーナではありません。
HW値が7となった10番のハナレイムーンです。
シュタルケ騎手がうまく乗ってくれれば、勝利が見えてきそうですね。

詳しくは、予想をご覧ください。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ハナレイムーンは、残念な結果でしたが、対抗に推奨していたファンディーナは、本当に強いレースをしましたね。ほとんど持ったままのレースで5馬身ほど突き抜けてましたので、やはりG1を狙える競走馬なのでしょうね。

馬券は、単勝的中ですが、人気馬が勝ってしまうと儲けはありませんね。来週は、ドバイワールドカップ高松宮記念G1です。このまま的中記録を伸ばしていきたいですね。

■2017年3月25日(土)
中山競馬場 11R日経賞 (的中)

《展望》
日経賞2017は、ハイブリッドウイナーの競馬予想に大きく異常値が出ています。このままでは、3連単の予想ができませんので、単勝勝負に切り替えたいと思います。

本命は、ディーマジェスティ。対抗は、シャケトラになります。

《結果》
ディーマジェスティは、残念な結果となりましたが、対抗のシャケトラは、素晴らしいレースをしましたね。完勝です。おかげさまで、単勝大的中です。購入していれば、3連単の167,310円が的中していましたが、異常値が多かっただけに購入できませんでした。

阪神競馬場 11R毎日杯 (未購入)

《展望》
毎日杯は、固いレースとなりそうですので、予想は控えたいと思います。

《結果》
確定次第公開します。

■2017年3月26日(日)
ドバイワールドカップ

《展望》
ドバイで開催されるドバイワールドカップ。今年も面白いレースになりそうな予感がしますね。しかも日本で馬券が買えるのですからその楽しみも倍増です。

ドバイワールドカップデー 出典:JRA

■購入できるレース
7R ドバイターフ(G1)
芝1,800m、北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上
19:30(日本時間26日(日)0:30)発走
出走予定馬は、リアルスティールです。

8R ドバイシーマクラシック(G1)
芝2,410m、北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上
20:05(日本時間26日(日)1:05)発走
出走予定馬は、サウンズオブアースです。

9R ドバイワールドカップ(G1)
ダート2,000m、北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上
20:45(日本時間26日(日)1:45)発走
出走予定馬は、アウォーディーアポロケンタッキーゴールドドリームラニです。特にアポロケンタッキーには期待しています。

馬券の狙いは、配当からアポロケンタッキーゴールドドリームの2頭の単勝狙いとします。頑張ってほしいですね。

《結果》
日本馬まったくかないませんでした。アロゲートは、さすがに強かったですね。

中京競馬場 11R高松宮記念 G1  (的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーが、本命に推奨したのは、7番のレッドファルクスです。
前走の香港でのレースは、残念な結果となりましたが、ここでは、力が一枚上ではないでしょうか。
デムーロ騎手の手綱に期待します。対抗は、9番のシュウジとなりました。
力のある馬であることは間違いありません。
調教も良かったようですので、頑張ってほしいですね。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
シュウジは、スタートが最高に良かったのですが、直線に入ると、あっさり後退。外から勝ったセイウンコウセイがしっかり抜けましたね。そして、内からは、レッツゴードンキレッドファルクスが2着・3着になりました。レッドファルクスは、頑張ったのですが、雨の影響もあったかもしれません。

残念ながら、3連複的中で終わってしまいました。

阪神競馬場 11Rマーチステークス

《展望》
ハイブリッドウイナーの本命は、 3番のピットボスです。
現在4番人気ですが、大いに期待できそうです。
狙い目ですね。対抗は、 8番リーゼントロックです。
こちらも人気がありませんが、前走の鬱憤を晴らしてもらいましょう。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
まさか、ここでインカンテーションとは・・・。 ピットボスは、全くでしたね。次走に期待したいと思います。久しぶりの全くの不的中です。

■2017年3月30日(木)
名古屋競馬場 名古屋大賞典

《展望》
名古屋大賞典の出走表が発表になりました。人気は、やはりルメール騎手が騎乗するオールブラッシュですね。しかし。ピオネロモントベーネケイティブレイブも決して負けていませんので、ハイブリッドウイナーがどの馬を本命に推奨するのか非常に楽しみです。

発走は、30日(木)の16時20分になります。

ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、1番モルトベーネです。
デムーロ騎手に期待します。対抗は、 2番のピオネロになります。
戸崎圭騎手の騎乗ですから、大いに期待できますね。

>>> 予想は、こちらから >>>

名古屋大賞典 出走表 出典:ウマニティ

《結果》
確定次第公開します。

続いて、『競馬で儲けることってできるのかを実践するメールマガジン』のご案内です。

続きを読む 2017年3月度の勝負レース

2017年2月の勝負レース


2017年2月は、フェブラリーSが狙いです。

競馬予想のレジまぐ

■2017年2月1日
川崎競馬場 川崎記念 (的中)

《展望》
まず、優勝候補は、昨年はチャンピオンズカップを制し、最優秀ダート馬に選出されたサウンドトゥルー。安定した成績を残しており、昨年は一度も掲示板を外していません。また、ケイティブレイブミツバなどが出走予定です。サウンドトゥルーは、強いでしょうが、ミツバの走りも面白そうですね。

サウンドトゥルーは、昨年の川崎記念が2番人気で2着。川崎の2,100メートルでは、堅実な走りをしており、やはりここでは負けられませんね。
東京大賞典では負けてしまいましたが、少なくても3着は外さないでしょう。

サウンドトゥルー号

気になるのが、やはりミツバです。なかなか底力のある馬ですし、G1でもある程度期待できる力はありそうです。あとは、どこまで本気で追ってくるかですね。

川崎記念 出典:川崎競馬公式WEBサイト

ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、サウンドトゥルーではありません。
HW10の武豊騎手が騎乗する8番ケイティブレイブです。後からの競馬となるサウンドトゥルーとは反対の逃げ馬ですが、スタミナのある馬なので、ここでも好勝負になりそうです。
そして対抗は、11番のバスタータイプです。
前走の負けは、出遅れが響いた結果です。スタートを決めることができれば、勝利も見えてきそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ハイブリッドウイナーが単穴に推奨していたルメール騎手のオールブラッシュが、まんまと逃げきり。楽勝と言う結果でした。かろうじて単勝馬券を的中することができましたが、本命のケイティブレイブが、逃げる展開になり、勝つと信じていただけに残念です。しかし、単勝自体は、そこそこの配当になりましたので、まあ、良かったと言える結果だと思います。

■2017年2月4日
東京競馬場 東京新聞杯

《展望》
東京新聞杯 2017(G3)の出走予定馬です。
前走楽勝のエアスピネル(武豊)、そしてその2着に健闘したブラックスピネル(福永)、スマートレイアーマイネルアウラートダイワリベラルタガノブルグブラックムーンなどが、出走を予定しています。
この東京新聞杯での注目は、強いエアスピネルを、ブラックスピネルがかわせるかどうかと言うところでしょう。枠順が大きく影響すると思いますが、ここではブラックスピネルにエアスピネルが負けるようででは、エアスピネルのG1奪取は難しいでしょう。また、ここでのサインは、『ブラック』です。ブラック企業にブラックフライデー、もちろんキタサンブラックなど、このレースにもブラックスピネルやブラックムーンなどがチラホラ見られますね。

ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、大外の10番ヤングマンパワーです。
前走のG1では、散々でしたが、戸崎圭騎手に戻って、今回は1着を狙います。
しかもHW15は、かなりの高得点です。
しっかり儲けましょう。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ヤングマンパワーは、なかなかの走りでしたが、直線伸びることができませんでした。その内で伸びたのがデムーロ騎手が騎乗するブラックスピネルです。スピネルはスピネルでもブラックの方でしたね。サイン馬券ではありませんが、今年は、ブラックの名前がついた馬が強いですね。なにかあるのでしょうか?

ハイブリッドウイナーの予想は、ダメダメでした。来週こそ、得意な2月で良い結果を残したいと思っています。

京都競馬場 きさらぎ賞

《展望》
出走馬が8頭とさびしい内容となってしまったきさらぎ賞2017。
その中で、断然人気なのは、やはりダービー候補とも言われているサトノアーサーですね。
頭数が少ないと、簡単に勝てそうなものですが、レースそのものは、逆にけん制し合うことで、とんでもない馬が勝ってしまったりすることもありますよね。
ここで、サトノアーサーがどんなレースをして勝つかが、今後のレースに大きな影響を与えそうです。
トランプ大統領の暴れぶりからすれば、きさらぎ賞のサイン馬券は、サトノアーサーアメリカズカップの組み合わせが怪しそうですね。

ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、サトノアーサーではありません。
4番ダンビュライトです。
前走は、大きく人気を裏切りましたが、今回はルメール騎手が、
この少頭数のレースを乗りこなしてくれると信じましょう。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
本当に福永騎手は、よく落馬しますね。大したことがなければ良いのですが、ハラハラします。レースは、サトノアーサーが、2着まででした。トランプ馬券のアメリカズカップが、1着になりました。今年は、アメリカ、トランプ関連でサイン馬券が多く出現していますので、気にされておけば良いのではないでしょうか?

しかし、ハイブリッドウイナー予想は、惨敗です。ダンビュライトも頑張りましたが、2着を死守できず、サトノアーサーに譲ってしまいました。反省が必要ですね。

■2017年2月7日
佐賀競馬場 佐賀記念 (的中)

《展望》
やはり、ここでもJRA所属馬が断然強いでしょう。なので、どれだけ馬券を絞れるかが勝利のポイントと言えるのではないでしょうか?
となるとデムーロ騎手が騎乗するタムロミラクル、田邊騎手のストロングサウザー、川田騎手のロンドンタウンといったところが人気を集めそうです。
個人的には、北村騎手が騎乗するリッカルドが気になるところです。

出典:佐賀競馬

1.ヴィルトグラーフ 田中(佐賀)
2.タムロミラクル デムーロ(JRA)
3.リッカルド 北村(JRA)
4.リワードレブロン 岡村(高知)
5.キョウワカイザー 真島(佐賀)
6.ロンドンタウン 川田(JRA)
7.カツゲキキトキト 大畑(名古屋)
8.コスモガラサ 岡村(佐賀)
9.ストロングサウザー 田邊(JRA)
10.ミッキーヘネシー 瀧川(川崎)
11.トランザムスター 山口(佐賀)

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
いやーっ、ロンドンタウンが圧勝でしたね。かなり楽なレースができたのではないでしょうか。タムロミラクルストロングサウザーも勝ちに行く競馬をしたのですが、前であのレースをされては、勝ち目はありませんね。ハイブリッドウイナーの予想としては、またしても頭は取れず、対抗のタムロミラクルの2着で馬複的中にとどまってしまいました。

なかなかどんぴしゃと行かないものですね。

しかし、こんな時ほど我慢が必要だということも長い競馬経験でわかっていますので、しっかりそして着実にパーフェクト的中を狙っていきたいと思います。頑張るぞ!!

今週末は、ついにあのマカヒキが出走してきますので、その取捨にいまから頭を悩めたいと思います。

■2017年2月11日
東京競馬場 クイーンC (的中)

《展望》
昨年は、メジャーエンブレムが優勝。桜花賞では4着に敗れたましたが、NHKマイルCを完勝しています。出世レースと言っても過言ではないようです。今回注目馬の出走予定馬は、今回の出走メンバー中では実績最上位のレーヌミノル、デビュー4戦目での初重賞タイトル奪取に挑むフローレスマジック、評価の高いアドマイヤミヤビといったところでしょう。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨したアドマイヤミヤビが勝利。2着には、単穴推奨のアエロリットが頑張りました。一旦は、このアエロリットが1着かと思いましたが、ルメール騎手の騎乗は完璧でしたね。

安いですが、単勝から3連単までパーフェクト的中達成です。

 

■2017年2月12日
東京競馬場 共同通信杯

《展望》
立て続けにGI ウイナーを輩出しているクラシックの登竜門となる共同通信杯。こちらの注目馬は、なんといってもムーヴザワールドではないでしょうか。デビュー前から注目を集めた存在で、その成長が期待できる競走馬の一頭です。キングカメハメハを親に持つエアウィンザーも期待できそうです。素質は一級品。兄のエアスピネルは昨年のクラシック三冠戦線で活躍した後、今年の京都金杯を優勝するなど、血統にものを言わせそうです。

ハイブリッドウイナーの狙いは、4番ムーヴザワールドになりました。
前走は、出遅れて3着となりましたが、今回は、突き抜けてくれそうです。
この馬は、相当期待されている競走馬ですので、しっかり目に焼き付けたいと思います。対抗や単穴は、こちらから。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ムーヴザワールドも良い競馬をしたのですが、スワーヴリチャードに負けてしまいました。残念です。対抗のエアウィンザーも惜しいところまで来ましたが、結果5着とこれまた残念な結果に。単穴のタイセイスターリーも4着となれば仕方ありませんね。

京都競馬場 京都記念

《展望》
マカヒキの走りに注目が集まる一戦になりますね。その強さは、誰もが知るところだけに、ここでどのぐらいの力が出せるのかがポイントとなります。普通に考えれば、楽勝なはずですが、果たしてどうでしょうか?サトノクラウンミッキーロケットスマートレイアーとの勝負が見ものですね。

マカヒキ号

ハイブリッドウイナーの予想は、やはりマカヒキです。マカヒキはHW22と断然の数値です。ムーア騎手の騎乗もあって、ここでは負けられません。そして、対抗は、穴馬となったガリバルディです。ぜひ良いレースを期待しています。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ダメでしたね。マカヒキは、馬場が重かったためか、惜しくも3着に敗れてしまいました。対抗に推奨していたガリバルディは、まさかの2番手追走。もしかしてこのまま勝てるのではと思いましたが、さすがにそんなに甘くはありませんでした。さて、次走の大阪杯が面白くなりましたね。マカヒキは、どんなレースを見せてくれるのでしょうか?力をつけてきたサトノクラウンに勝つことはできるのでしょうか?

■2017年2月18日
東京競馬場 ダイヤモンドS

《展望》

ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、 8番のカフジプリンスです。
川田騎手がうまく乗ってくれることを期待します。対抗は6番のジャングルクルーズです。
人気はありませんが、調子を上げてきた四位騎手にも期待できそうです。

ダイヤモンドS 競馬予想ボード

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
残念な結果となりました。カフジプリンスは、3着となってしまいました。そして、ジャングルクルーズは、12着でした。素直にアルバートとムーア騎手をほめたいと思います。

京都競馬場 京都牝馬S

《展望》
京都11R 京都牝馬ステークス(G3)でハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、2番のアットザシーサイドです。デムーロ騎手が騎乗しますので、大いに期待しましょう。対抗は、4番のアルビアーノです。人気にはなりますが、こちらもルメール騎手騎乗で信頼できそうです。

京都牝馬S 競馬予想ボード

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
こちらも残念な結果になってしまいました。競馬は、難しいですね。レッツゴードンキが勝ってしまうとは・・・。

■2017年2月19日
東京競馬場 フェブラリーS (パーフェクト的中)

《展望》
フェブラリーステークス2017(GI)の出走予定馬です。
まだ少し先になりますが、2月は、このレースを当てないと始まりませんよね。2016年のフェブラリーステークスは、モーニンから入っての馬単的中とハイブリッドウイナーにとっても相性の良いレースです。本当にハズせません。面白いのは、やはり戸崎圭騎手のベストウォリアーといったところでしょうか。

ハイブリッドウイナーが予想する本命馬は、3番のゴールドドリームです。

最強世代の4歳馬です。
果たして、その強さを証明できるのでしょうか?デムーロ騎手も大いに期待している競走馬ですので、ぜひ1着となってほしいですね。前走は、出遅れてふがいのないレースとなりましたが、立て直してG1ゲットといきましょう。

対抗は、 このところ結果が出ていない5番のアスカノロマンです。今回の調教は、バッチリで、去年よりも良い形でレースに臨めそうです。

単穴は、去年のこのレースの勝者である6番モーニンです。
去年以来なかなか勝利を掴むことができませんが、連覇を狙ってほしいですね。
世界のムーア騎手の騎乗に注目です。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
いやーっ、ゴールドドリームは強かったですね。スタートが良くなかったので、ちょっと疑ってしまいましたが、直線に入ると、ズンズンと前に進出。最後は、ギリギリだったかもしれませんが、ベストウォリアーの追い込みを振り切ってのゴールとなりました。やはり、フェブラリーステークスは、相性が良いですね。

ゴールドドリーム号

■2017年2月25日
阪神競馬場 アーリントンC (パーフェクト的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、1番人気の8番ペルシアンナイトです。
シンザン記念では、8番人気のキョウヘイに負けてしまいましたが、力は、間違いなく上でしょう。
デムーロ騎手も、今回は負けられないところですね。

対抗は、7番ナンヨーマーズ
人気は、現在7番人気と人気がありませんが、ルメール騎手が騎乗してのこの人気は、まさに狙い時ではないでしょうか。
単穴は、5番のジョーストリクトリです。
センスのある走りと武豊騎手の騎乗で、チャンスがありそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
いやーっ。土曜日のアーリントンカップもバッチリパーフェクト的中です。
ペルシアンナイトは強い競馬をしましたね。
2着のレッドアンシェルも激走したのですが、追いつくことができなかったです。

■2017年2月26日
中山競馬場 中山記念  (大穴パーフェクト的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーの本命は、1番のネオリアリズムです。
香港マイルでは、9着と残念な結果でしたが、好調のデムーロ騎手に頑張ってもらいましょう。対抗は、4番のリアルスティールです。
力のある馬ですので、戸崎圭騎手に期待しましょう。
単穴は、7番のアンビシャスです。ルメール騎手が騎乗。1番人気です。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
3連単315,300円大的中!!
ネオリアリズムが1着となって、2着3着が穴馬が揃ってきてくれたので、少頭数ながらかなりの配当となりました。アンビシャスリアルスティールは、ダメでしたね。でもうれしいです。
しかも、単勝710円馬単22,790円馬連、14,300円3連複52,870円とパーフェクト的中です。やっと納得のいく結果となりました。
いやーっ、今年一番の収穫です。デムーロ騎手ありがとうございます!!

阪神競馬場 阪急杯  (大穴的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーの本命は、5番のロサギガンティアです。
調教がかなり良いようですので、シュウジに勝つのは、この馬でしょう。
対抗は、12番のナガラオリオンです。
ダートから芝に転向したことが、どのように影響するのでしょうか?
このタイミングだからこそ、狙ってみたいですね。
単穴は、2番のトーキングドラムです。
こちらも人気はありませんが、狙っていけそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
こちらも大穴当りました!!
3連複239,760円大大的中です!!
単勝2,570円も的中。しかもおまけにナガラオリオンの複勝も購入していたので、複勝2,930円も的中です。

さすがに3連単の2,483,180円は、当りませんでしたが、3連複で20万円なら御の字です。
今日は、かなり勝ってしまいました。
こんな時があるから競馬はやめられませんね。
やはり、勝因は、ナガラオリオンの好走です。ダート馬では無かったということですね。
ありがとうございます!!

ハイブリッドウイナーが最も得意とする2月は、おかげさまで2017年も大収穫祭となりました。ありがとうございます!!

3月も頑張ります!!

続いて、『競馬で儲けることってできるのかを実践するメールマガジン』のご案内です。

続きを読む 2017年2月の勝負レース

2017年1月の勝負レースは、昨年高額的中となった1月14日の愛知杯2017です。


2017年1月は、今年を占うレースがいっぱいです。

■2017年1月5日
中山競馬場 日刊スポ賞中山金杯

《展望》
シャドウパーティーが本命。人気はありませんが、内田騎手の騎乗に注目しましょう。
1着は、難しいとしても3着は可能性があります。
3連複で狙いたいですね。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
1番人気のツクバアズマオーが予定通の快走。シャドウパーティーが惜しくも4着と残念な結果に。
3着までに来てくれれば、3連複的中だっただけに残念です。

京都競馬場 スポーツニッポン賞京都金杯(的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーの本命は、デムーロ騎手が騎乗するアストラエンブレム。対抗は、福永騎手のブラックスピネルです。
最内枠を福永騎手がどのように乗りこなすのかがポイントとなりそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
1番人気を背負ったエアスピネルが快勝。2着には、ハイブリッドウイナーが対抗に推奨していたブラックスピネルが入るという惜しい結果になりました。

■2017年1月8日
京都競馬場 日刊スポシンザン記念

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、川田騎手の落馬負傷で、直前で武豊騎手に乗り替わったタイセイスターリー
対抗は、コウソクストレートとなりました。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
8番人気のキョウヘイが、最後に抜け出して1着に。
ハイブリッドウイナーが推奨したタイセイスターリーは、惜しくも2着。雨の影響があったか?
キョウヘイを購入できていなかったことが悔やまれます。

■2017年1月14日
中京競馬場 愛知杯(的中)

《展望》
雪の影響がどのように出るのでしょうか?
去年は、大穴を当てたこのレースだけに、今年もしっかり儲けたいところです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
マキシムドパリが、勝利。ハイブリッドウイナーの対抗が1着となる結果となりましたが、雪の影響で、前日にハイブリッドウイナーによる詳細な予想ができませんでした。

愛知杯 単勝的中馬券 500円

■2017年1月15日
中山競馬場 京成杯

《展望》
ハイブリッドウイナーの本命は、東スポの虎石晃記者もイチオシのバリングラです。
外枠に入ってしまいましたが、石橋騎手が、うまく乗ってくれれば、1着もありそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
東スポの虎石晃記者も推奨していたバリングラは、直線、良い脚を使いましたが、前がごちゃついてしまい結果5着まで。
すんなり前があいていれば、3着はあったかもしれません。
勝ったのは、1番人気のコマノインパルス

京都競馬場 日経新春杯 《中止》

寒波による積雪の影響で、中京と京都のレースは、中止となってしまいました。枠順の変更を行い、代替競馬として中京のレースは、1月16日に、京都のレースは、1月17日に開催されます。

■2017年1月17日
京都競馬場 日経新春杯(的中)

《展望》
開催が順延されたことで、各馬にどのような影響が表れるのでしょうか?
この順延によってさらに調子を上げたのが、ミッキーロケット。多くの支持を集める結果となり、1番人気となっています。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ミッキーロケットが、辛くもシャケトラの追撃をかわして1着に。さすが強いです。モンドインテロも良く頑張ってくれましたが、3着と言う結果となりました。代替競馬となったため、PADの資金がショートしてしまい、掛け金が少なくなってしまいました。これも仕方ありませんね。

日経新春杯 単勝的中馬券 290円

■2017年1月21日
タイパ競馬場 マカオ国際男女混合ジョッキーズC

マカオのタイパ競馬場で開催される「マカオ国際男女混合ジョッキーズチャレンジ」は、全3戦で男女6人ずつの計12人が参加。抽選による男女混成チームのポイントを競います。
日本からは、武豊騎手と藤田菜七子騎手が参戦。二人の騎乗に注目しましょう。

マカオ国際男女混合ジョッキーズチャレンジ武豊騎手および藤田菜七子騎手の騎乗成績について

http://www.jra.go.jp/news/201701/012106.html

■2017年1月22日
中京競馬場 東海ステークス(的中)

《展望》
2015年の東海Sを制したコパノリッキー。その後フェブラリーS、JBCクラシックで優勝しました。
まさに出世レースと言えるのではないでしょうか?
その中でも面白い存在は、ミツバです。もちろん昨年の優勝馬であるアスカノロマンも面白い存在ですが、ここのところ良いレースができておらず、ここで勝つのは難しいかもしれません。
また、最強世代と呼ばれる4歳馬からは、グレンツェントも出走予定しており、こちらも狙い目でしょう。
今回、ハイブリッドウイナーが狙うのは、人気薄の馬を本命に推奨しています。このところ調子を落としている同馬ですが、もともと実力のある馬ですので、復活に期待しましょう。
対抗は、8番グレンツェントです。
こちらは、1番人気となりそうですね。調子が良さそうですので、ここでも負けられないでしょう。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ハイブリッドウイナーが単穴に推奨していた人気薄のショウナンアポロンが逃げる展開になりました。最後の最後まで頑張ったのですが、結果4着。いやーっ惜しかったですね。グレンツェントは、さすが最強4歳世代だけあって、実力通りの走りを見せてくれました。強かったですね。リッカルは、全く良いところなく、最下位となってしまいました。どうしたのでしょう?なんとか単勝的中です。しかし、この成果は納得できません。しっかり東海Sの反省が必要ですね。

京都競馬場 アメリカJCC(的中)

《展望》
AJCCも、4歳馬のゼーヴィントに期待できそうです。また、シングウィズジョイは、エリザベス女王杯を12番人気ながら2着に好走したこともあり、人気になりそうです。
このレースは、日米の親善と友好を目的として、ニューヨーク・ジョッキークラブから優勝杯の贈呈を受け、1960年に中山競馬場の芝2000mのハンデキャップ競走として創設されました。
ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、13番のリアファルです。
前走の金鯱賞では、5着となってしまいましたが、シュミノー騎手への乗り替りが勝利をもたらしてくれそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ミライヘノツバサが良い感じで前に付けたレースとなりました。直線では、あわや1着もと思いましたが、タンタアレグリアが内から差して1着に。そして、人気のゼーヴィントは、2着となりました。残念ながらミライヘノツバサは、3着となって、何とか3連複が的中となりました。AJCCの反省は、3コーナーでズルズルと下がってしまったリアファルを本命にしていたこと。スタートを決めると、前に前にと推進していっていただけに、不可解です。騎乗したシュミノー騎手も理由がわからないようです。

■2017年1月25日
大井競馬場 TCK女王盃(的中)

《展望》
1枠1番のマイティティーが、本命となりました。
前走は、人気を裏切る形となりましたが、まだまだ底を見せているわけではありませんので、ここは頑張ってほしいですね。そして、対抗には、JRAの2016年尾リーディングジョッキー戸崎圭騎手が騎乗する7番ワンミリオンスがピックアップされました。
順調に勝利をあげており、期待できそうです。そして、対抗は、人気薄の10番ハナズリベンジです。どこまで食い下がるのでしょうか?
しかし、ホワイトフーガの大崩れは考えられないので、馬券としての購入は必要ですね。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨していたマイティティーは、残念ながらふがいないレースとなってしまいましたが、一方の対抗だったワンミリオンスが、ホワイトフーガをおさえて1着とありなりました。何とか的中することができましたが、結果的に大儲けとはいきませんでした。残念。しかし、平日に的中すると本当にうれしいですね。さあ、1月も残り1週です。得意なシルクロードステークスで、しっかり的中を狙います。

■2017年1月28日
東京競馬場 根岸ステークス(的中)

《展望》
昨年の根岸Sで重賞初制覇を果たしたモーニンは、次走のG1フェブラリーSを勝ってその名を轟かせました。
この根岸Sの勝者こそ、その年のダート王となる可能性が高いのです。
今年もベストウォーリアノボバカラニシケンモノノフコーリンベリーがそのG1の頂に向かって、このレースに出走します。
ハイブリッドウイナーの本命は、5番のベストウォーリアです。リーディングジョッキーの戸崎騎手に期待しましょう。しかも、このところ堅実な走りで、安定感抜群です。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
いやーっ、ベストウォーリアは、本当に惜しかったですね。
勝利はすぐそこでしたが、1番人気のカフジテイクにやられてしまいました。
さすが、福永騎手が選んだ馬だけのことはありましたね。しかし、ベストウォーリアの戸崎圭騎手は、ベストの追い出しだったですが、仕方ありません。
まあ、3連複の的中で満足するしかありませんね。

京都競馬場 シルクロードステークス

《展望》
ハイブリッドウイナーにとって、1月から2月にかけてのレースは、高配当が狙えるベストシーズンとなります。
特にこのシルクロードSは、以前に3連単や馬連などをあわせて80万近くの儲けを上げることができたレースでもあるだけに、ここからしっかり大穴を狙っていきたいと思います。
本当に、このレースからハイブリッドウイナーの快進撃が始まるといってよいでしょう。ブランボヌールソルヴェイグなどが面白そうです。

ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、前走不利を受けて大敗した馬ですが、馬体を整えての参戦ですので、期待しましょう。
対抗は、 1番人気の10番ネロです。
ハンデがかなり重いですが、力はありますので、良い勝負ができそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ブランボヌールは、大敗となってしまいました。敗因は、わかりませんが・・・。
しかし、ダンスディレクターは、昨年に続き連勝です。
得意レースなのでしょうか?3連単は、なかなか良い配当となりましたが、ハズしてしまっては、どうしようもありません。
2月は、ハイブリッドウイナーの最も得意な月に入りますので、ぜひ、ここで取り返したいと思います。


続いて、『競馬で儲けることってできるのかを実践するメールマガジン』のご案内です。

続きを読む 2017年1月の勝負レースは、昨年高額的中となった1月14日の愛知杯2017です。

2016年の年度代表馬は、キタサンブラック号(牡4歳)に決定!! 北島三郎オーナー『まつり』熱唱です。



競馬予想のレジまぐ

2017年のJRAレーシングカレンダーに大阪杯G1が追加されました。

どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。

お正月ムードも、もうすっかり抜けてしまいましたね。

楽しみなのは、週末の競馬ということにありました。
さて、今年、JRAのレースプログラムに新たなG1レースが加わります。
その名は、大阪杯。

もともと大阪杯は、G2レースでしたが、今年からG1レースに格上げされました。

国内における春の古馬中距離のG1を作ることが、JRAにとって最大の懸案事項だったらしいですね。

大阪杯の過去の勝ち馬は、オルフェーヴルやキズナ、ラキシス、アンビシャスと一流馬が名を連ねています。
オルフェーヴルは、言わずと知れた6冠馬。キズナは、2013年のダービー馬です。

オルフェーヴル号
オルフェーヴル号

これだけの名馬が、勝利を収めたレースとなれば、JRAがG1昇格を考えるのも無理はありません。

2017年4月2日の大阪杯G1には、キタサンブラックとサトノダイヤモンドの再対決が見られそうですね。


秋競馬の古馬路線、天皇賞・秋⇒ジャパンカップ⇒有馬記念が「秋古馬三冠」であり、
大阪杯がG1になることで、大阪杯⇒天皇賞・春⇒宝塚記念の「春古馬三冠」というビックネームが誕生することになります。

ますます、面白くなるのですが、これだけG1が多いと、本当に毎週がG1って感じになりますね。

また、この「春古馬三冠」という新たな魅力は、4月の大阪杯、5月の天皇賞・春、6月の宝塚記念の3連戦を特別ボーナスと設定することで、国内競馬を盛り上げ、ドバイや香港への競走馬の国外流出を防ぐのが狙いのようです。

確かに2億円のボーナスは魅力ですよね。

しかし、この「春古馬三冠」は、競走馬にとっても過酷なものになるはずです。
「秋古馬三冠」を狙ったジェンティルドンナは、有馬記念で引退。エピファネイアとフェノーメノも年明け初戦で故障してしまい引退をとなってしまいました。
なかなかこの「春古馬三冠」に出走させるリスクは、大きそうです。

そして、2017年のレーシングカレンダーにおいて、もう一つ面白いことは、毎年、有馬記念当日が、JRAの最終日であったのが、なんと、12月28日にホープフルSを含む中山と阪神の開催があるということです。

ホープフルSは、「ラジオたんぱ杯3歳牝馬ステークス(ラジオたんぱはいさんさいひんばステークス)」を前身としているこのレースですが、競走名はその後1991年より「ラジオたんぱ杯3歳ステークス(ラジオたんぱはいさんさいステークス)」、2001年より「ラジオたんぱ杯2歳ステークス(ラジオたんぱはいにさいステークス)」、2006年より「ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(ラジオにっけいはいにさいステークス)」と変遷。
2013年まで阪神競馬場の芝2000mで施行していたG3のラジオNIKKEI杯2歳ステークスを2014年より中山競馬場の芝2000mに変更のうえ、2歳中距離路線の頂点となる競走に位置づけてG2に昇格しました。

また、中央競馬の最終開催日を盛り上げるため、2歳中距離路線の頂点としてこのホープフルS(G2)はGI昇格申請中とのことですので、さらにG1が増えちゃいますね。

続いては、1月21日にマカオで開催されるマカオ国際男女混合ジョッキーズチャレンジ2017の紹介です。

続きを読む 2016年の年度代表馬は、キタサンブラック号(牡4歳)に決定!! 北島三郎オーナー『まつり』熱唱です。

的中するだけではダメ。馬券の買い方が競馬に勝てるかを左右します。

馬券の買い方をしっかり考えることが、競馬に勝つことにつながります。

ハイブリッドウイナーは、これまでご紹介してきたように非常に高い確率で、軸馬となる2頭の馬をピックアップすることができます。
しかも、人気の馬から、人気の無い馬まで、その能力をしっかりと把握し、数値として算出することができるのです。
しかし、いくら軸馬がわかったからといって、確実に馬券を的中できるかどうかとはまた違うことなのです。

ハイブリッドウイナー
ハイブリッドウイナー

単勝を購入すれば、もちろん高い確率で的中することは可能です。
運が良ければ、8番人気や10番人気の単勝を的中させることで、大きく利益を出すことも可能です。
これまでのテストマーケによっても、そのことは実証されています。

しかし、人気の無い馬が1着に来る確率はそう高くありません。また、そのレースを運よく購入できるケースも多く無いのが事実です。
では、3連単ではどうでしょうか?
確かに当れば、1万円以上の配当を手にする可能性が高い馬券になります。
ハイブリッドウイナーでは、軸馬2頭を1着に固定し、2着、3着の馬に流すという買い方を推奨しています。
しかし、的中確率は大きく下がり、せっかく1着2着が当たっているのに3着に最低人気の馬が入るなど、大きな馬オッズの馬券を逃す悔しいレースができてしまいます。
それなら、馬単では、どうでしょうか?
確かに軸馬1頭から8頭の馬に流すことで、かなりの確率で的中することが可能になりますが、
この場合、1点にそこそこの金額を投資しないと、見返りが少なく、トリガミになる可能性が高まります。
しかし、逆に絞ってしまうと、おいしい配当を逃すことにもなりかねません。
そこで、3連複となるのですが、こちらも3連単と同様に購入していては、さらに的中してもトリガミの可能性が高くなるのです。
なので、結果的に数頭に絞らなければ勝つことが難しくなります。

そこで、3連複をメインの馬券と設定し、ハイブリッドウイナーの軸馬を2頭を絡めて人気の無い馬を絞って購入することができないかを考えています。
まだまだ、ハイブリッドウイナー開発委員会の中でも議論中ですが、いずれ、この方向性をベースとした新しいシステムの発表を行いたいと思っていますので、お楽しみに。

続きを読む 的中するだけではダメ。馬券の買い方が競馬に勝てるかを左右します。

ハイブリッドウイナーのプロが教える!! 桜花賞で大金を掴むための馬券予想3つの心得。

メジャーエンブレムの取捨に迷うのは、穴党だけ?

さあ、クラシックが始まりました。
まさに春競馬真っ只中です。

1つ目は、御存じ阪神11Rの桜花賞。
そう、このレースで、大金を掴むためには、3つの心得をしっかり持っていることが大切なのです。

その一つ目が、メジャーエンブレムの取捨です。
穴党であればこそ、この取捨に迷うところでしょうが、今回は捨てるという選択肢はありません。
このレースのポイントは、どのようにメジャーエンブレムを馬券に絡ませていくかが問題なのです。

なので、心得一つ目は、『メジャーエンブレムを捨てない。』ということになります。
おそらく、誰もが想像できるように高い確率で、メジャーエンブレムは馬券に絡んできます。しかし、その絡み方をよく熟考しなくてはなりません。
メジャーエンブレムを1着軸にするのか、2着固定にするのか、3着固定にするのか。
それは、どれだけの大金をどのぐらいの投資で回収するかによって決めるべきことなのです。

購入する馬券の種類に迷ってはいけません。

そして二つ目は、『馬単で勝負する。』ことです。

メジャーエンブレムの単勝は、おそらく150円レベルになるはずです。
よほどお金に余裕がある人でない限り、この低いオッズに大金をかけることはできません。なぜなら、危険だからです。
シンハライトやジュエラーなど、出遅れ癖のある馬が、万が一好スタートを切り、メジャーエンブレムに襲い掛かる可能性も大いにあるのです。それが競馬です。

シンハライト号
シンハライト号

続きを読む ハイブリッドウイナーのプロが教える!! 桜花賞で大金を掴むための馬券予想3つの心得。

JRA16年ぶりの女性騎手誕生!! 藤田菜七子騎手が競馬を変える!?

藤田菜七子騎手登場!!

16年の歳月が流れた。

一時は。田村騎手、西原騎手、細江騎手などが在籍したが、結果を残すことなく騎手人生を終えている。あれから16年という歳月が流れ、藤田騎手がJRAのレースに登場することになった。

実際、女性にはつらい世界であろう。勝負の世界であるのだからそれは仕方ないとしても、いろいろな人間関係もある世界であるはずで、決して能力だけで認めてもらうことはたやすくないはずです。

しかし、この世界でやると決めたからには、存分にその存在を知らしめて欲しい。今は、ブームとしてちやほやされるかもしれないが、その分、冷めやすいのも事実。

しっかりと自分のレーススタイルやポジションを確立してほしい。

競馬のこれからの発展は、彼女にかかっているかもしれない。

 

競馬に新たなブーム到来!? 馬女(UMAJO)&菜七子。

藤田菜七子
藤田菜七子騎手