シゲルノコギリザメってどんな名前つけるの!?


シゲルノコギリザメがファルコンSで好走しました。

3連続開催の初日のメインレースは、中京のファルコンステークスでした。
このレースに以前から気になっていた馬名を持つ馬が出走します。
その名はシゲルノコギリザメ。

馬にノコギリザメって付けるんですね。しかもシゲルですし。
show_photo

馬って高いじゃないですか、しかもダービーにだって出走できるかもしれないのですよ。
その馬にシゲルノコギリザメですから、馬主さんの度量の大きさに感心します。

そのシゲルノコギリザメが、1枠1番でこの中京のメインレースに出走します。
ハイブリッドウイナーの数値は何と1番人気のシュウジに続いてHW値5で堂々の対抗になりました。
これは、狙わなわけにはいきません。
中京ですから内の逃げ馬には有利です。

しかし、流石に購入時に10番人気ですと3連単の頭としては買えません。ここは、3連複で軽く勝負するしかありません。
そんなこんなで3連単を購入。
本命は、シュウジでしたので、そこからは馬単でシゲルノコギリザメに厚く買いました。

さあ、レースです。
中京競馬場の芝は、不良とのことで、内を走るシゲルノコギリザメにとっては、少し足を取られて走りにくいコンディションとなりました。

ゲートが開き、レーススタートです。
出足良くスタートを切ったシゲルノコギリザメですが、強引に先頭に立つことなく、2番手につけます。
レースは、淡々と進み、アッと言う間に4コーナーです。

シゲルノコギリザメは、先頭に立つ馬をラクラク交わすと先頭に躍り出ます。
直線の短い中京ですから一瞬、一着が脳裏をよぎります。

隣には1番人気のシュウジも来ています。
おやおや、しかしシュウジは先行策で足を使い果たしたのかズルズルと下がっていきます。

その外からは、2番人気のトウショウドラフタと3番人気のブレイブスマッシュがジワジワ伸びてきます。

何とか残ってくれと願いましたが、そんなに甘くはなく、
シゲルノコギリザメは、3着でゴールとなりました。
しかし、大健闘です。こんな悪るい馬場で、先行の馬が総崩れになる中の好走ですから。

シゲルノコギリザメだけに、泳ぎ切ったというところでしょうか。

しかし、大した馬です。
数万円でしたが、馬券もゲットでき、良いレースを見せていただきました。
関係者のみなさまありがとうございます。

ファルコンS的中馬券
ファルコンS的中馬券

今後、どんな競走馬になっていくのか楽しみです。難しいとは思いますが、海外のレースで、この馬の名前が叫ばれるのを期待しています。


投稿者:

ハイブリッドウイナー開発委員会

2016年にハイブリッドウイナーを開発。調教・騎手・レース・期待値から、HW値を導き出すことで、穴馬から本命まで、幅広く軸馬を見つけ出すことができるようになりました。みなさんと一緒にこのハイブリッドウイナーを使って、ワクワクした週末をぞんぶんに楽しみたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です