ハイブリッドウイナーのプロが教える!! 桜花賞で大金を掴むための馬券予想3つの心得。


メジャーエンブレムの取捨に迷うのは、穴党だけ?

さあ、クラシックが始まりました。
まさに春競馬真っ只中です。

1つ目は、御存じ阪神11Rの桜花賞。
そう、このレースで、大金を掴むためには、3つの心得をしっかり持っていることが大切なのです。

その一つ目が、メジャーエンブレムの取捨です。
穴党であればこそ、この取捨に迷うところでしょうが、今回は捨てるという選択肢はありません。
このレースのポイントは、どのようにメジャーエンブレムを馬券に絡ませていくかが問題なのです。

なので、心得一つ目は、『メジャーエンブレムを捨てない。』ということになります。
おそらく、誰もが想像できるように高い確率で、メジャーエンブレムは馬券に絡んできます。しかし、その絡み方をよく熟考しなくてはなりません。
メジャーエンブレムを1着軸にするのか、2着固定にするのか、3着固定にするのか。
それは、どれだけの大金をどのぐらいの投資で回収するかによって決めるべきことなのです。

購入する馬券の種類に迷ってはいけません。

そして二つ目は、『馬単で勝負する。』ことです。

メジャーエンブレムの単勝は、おそらく150円レベルになるはずです。
よほどお金に余裕がある人でない限り、この低いオッズに大金をかけることはできません。なぜなら、危険だからです。
シンハライトやジュエラーなど、出遅れ癖のある馬が、万が一好スタートを切り、メジャーエンブレムに襲い掛かる可能性も大いにあるのです。それが競馬です。

シンハライト号
シンハライト号

そうなると、危険な単勝ではなく、少しでも配当の大きな馬券である馬単を狙うのが良いはずなのです。
軸馬をしっかり決めた上で、少ない買目で大金を狙うしか無いのです。

競馬に絶対はありませんが、かなり確率が高いレースは存在します。

そして最後の三つ目の心得は、『3歳牝馬は、まだ未成熟。』と言うことです。

3歳牝馬は、まだまだ未完成であり、古馬の用にどのレースも同じように力を出し切れるとは限らないことです。
例えば、初めてのコースに戸惑ったり、歓声に驚いたり、輸送などで体力を消耗したり、レースで集中力が欠けたりと、さまざまな予期せぬことが起こるのです。

つまり、メジャーエンブレムがいくら強いといっても、負けることもあるということです。

思い出してください。これまでどれだけガチガチの1番人気が、簡単に飛んでしまったか。

レース前までは、どの予想家も、1着以外ありえないと書き、どう考えても、この馬しか1着になると疑わなかった馬が、あっさりと負け、
その後、話題にもならずに、レースが忘れ去られたことがあったか。

そうなんです。何回も言いますが、競馬に絶対は無いのです。なので、メジャーエンブレムが勝つかどうかなんて、わかったものではないのです。
しかし、今の時点では、悲しいかなどうしてもメジャーエンブレムが負けることが想像できないのも事実です。

ハイブリッドウイナーがピックアップする馬が桜花賞馬です。

ならばです。
私は、ただハイブリッドウイナーが推奨する馬を軸に、馬単で勝負するしかないと考えるのです。
ハイブリッドウイナーは、これまで、数々の1番人気馬を推奨してきましたが、その陰に隠れた2番人気や3番人気、さらにもっと低い人気薄の馬を推奨し、的中させてきているのです。

競馬は、レースが終わったことをイメージして購入することが大切なのです。

レースが終わった時をイメージするのです。翌日の新聞の見出しがどのようになるのかを、前もって予想するのです。
今回の桜花賞であれば、『異次元!! メジャーエンブレム!! 1冠奪取』となるのか、『ジュエラー、ダイヤモンドの輝き!!』となるのか、
『シンハライト無傷の桜花賞』、『メジャーエンブレム無念の桜散る』となるのかなど思いを巡らすのです。
そして思い描いた未来の新聞の通りに馬券を買うのです。

競馬新聞
競馬新聞

今の段階では、まだ、ハイブリッドウイナーで正式な数値を出すことができませんが、
ジュエラーの数値が高くなる可能性が高くなっています。
となれば、『ジュエラー、ダイヤモンドの輝き!!』を信じて、馬単を購入するしかありません。
狙いは、ジュエラー⇒メジャーエンブレム(13⇒5)が本線となります。
また、その次にブランボヌールやレッドアヴァンセなどがピックアップされてきそうですので、この辺も面白い馬券になりそうです。

ジュエラー号
ジュエラー号

といっても、日曜日はもうすぐそこです。
どんな結果が待っているのか、未来新聞の見出しに注目しましょう。

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

レジまぐ商品の購入はこちら!

競馬 ブログランキングへ


投稿者:

ハイブリッドウイナー開発委員会

2016年にハイブリッドウイナーを開発。調教・騎手・レース・期待値から、HW値を導き出すことで、穴馬から本命まで、幅広く軸馬を見つけ出すことができるようになりました。みなさんと一緒にこのハイブリッドウイナーを使って、ワクワクした週末をぞんぶんに楽しみたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です