NHKマイルカップにメジャーエンブレムが出走!!


メジャーエンブレムの出走。

さて、天皇賞から一夜明け、なぜ、カレンミロテックがあんなに好走することができたのかが、いまだにわかりません。
確かに、カレンミロテックは強い馬でしたが、天皇賞で、あれだけ素晴らしいレースができるとは…。
競馬は、本当にわかりませんね。

【天皇賞・春】2着カレンミロティックの池添「桜花賞に続いて鼻差2着…悔しい」
2016年5月1日17時16分 スポーツ報知

◆第153回天皇賞・春・G1(1日・芝3200メートル、京都競馬場、良)

逃げた2番人気のキタサンブラック(武豊)が直線で差し返して1着。昨年の菊花賞以来、G1レース2勝目を挙げた。13番人気のカレンミロティック(池添)が2着。3番人気のシュヴァルグラン(福永)が3着。3連単は24万2730円で8年連続10万円超の馬券となった。1番人気のゴールドアクター(吉田隼)は12着に終わった。

池添騎手(カレンミロティック=2着)「一回首くらい(前に)出たんですけど。完璧なレースができて馬も応えてくれたんですけど、G1馬(キタサンブラック)の底力なのかな。(自身は)桜花賞に続いて鼻差の2着(シンハライト)。ちょっと悔しいです」

さて、今週末はNHKマイルカップです。

出典:JRA
出典:JRA

メジャーエンブレムの逃げ切りが濃厚です。

このレースには、メジャーエンブレムが出走することになっています。
流石に、このレースは、このメジャーエンブレムの勝利が有力に思えます。
前走の桜花賞では、結果的に前に行くことができず、ジュエラーとシンハライトに勝つことはできませんでしたが、実力はメジャーエンブレムも負けていません。
ここは、逃げ切りを狙うのではないでしょうか?

ルメール騎手も、流石に負けるわけにはいきませんからね。

出走馬予定馬の中で気になる馬と言えば、やはりこの馬でしょう。
その馬は、シゲルノコギリザメです。
前走を含め、3着が多いこの馬ですが、前に行って粘れることが最大の強味です。陣営もそろそろ、1着と行きたいところでしょうね。
皐月賞では、良いところを見せることができなかったマツリダゴッホ産駒のロードクエストも巻き返しを狙いたいところでしょう。
オデュッセウスも前走を勝って大舞台に挑戦です。
まだまだ粗いところがありますが、楽しみではあります。

アフリエイトバナー

https://regimag.jp/bo/book/detail/?book=5665

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

レジまぐ商品の購入はこちら!

競馬 ブログランキングへ


投稿者:

ハイブリッドウイナー開発委員会

2016年にハイブリッドウイナーを開発。調教・騎手・レース・期待値から、HW値を導き出すことで、穴馬から本命まで、幅広く軸馬を見つけ出すことができるようになりました。みなさんと一緒にこのハイブリッドウイナーを使って、ワクワクした週末をぞんぶんに楽しみたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です