オークスも東スポの虎石晃記者と本命馬が同じに。


ハイブリッドウイナーは、7枠14番のビッシュを本命に推奨。

2強の争いといってもよい77回オークスですが、シンハライトとチェッキーノで簡単なレースとなるのでしょうか?
シンハライトの強さは、前走の桜花賞でも十分わかっていますが、あの直線を早めに抜け出すレースを見せられると少し不安を感じてしまうのも事実です。

今回、ハイブリッドウイナーが本命に推奨するビュシュは、シンハライトと同じディープインパクト産駒です。
前走のフローラステークスでは、スタート直後に他馬に挟まれる形になり、最後方からのレースとなってしまいました。
しかし、上がりタイムは最速のチェッキーノと同タイム。しかもまだまだ本気で走っていないとなれば、このオークスで、本気で走ってくれれば、1着も夢ではないはず。
しかも、またまた、本命の印が東スポの神と言われる虎石記者と同じになってしまいました。
前回のヴィクトリアマイルでは、対抗に推奨したクイーンズリングが虎石記者の本命で、まったく良いところなしでしたので、
多少の不安はありますが、これはこれで、同じ考えという安心感はありますね。

ビッシュ号
ビッシュ号

問題は、馬券の買い方になります。

今回のオークスの馬券の買い方ですが、
勝負は、単勝かと考えています。

ビッシュは、現在5番人気で、15倍のオッズとなります。
また、対抗の3番人気エンジェルフェイスにおいても11倍と高配当が期待できます。
さらに単穴のロッテンマイヤーは、7番人気で16倍もつくのです。

裏を返せば、シンハライトとチェッキーノの2頭が抜けているということなのですが。

また、ワイド馬券もおいしいかもしれません。
シンハライトとチェッキーノが、まったく馬券に絡んでこないということは想像が難しいのですが、その他の馬が3着までに入ってくる可能性も高いと思います。
ワイドで、その馬たちを狙うか、馬連でシンハライトとチェッキーノ絡みの馬券を狙うかでしょう。

その辺は、もう少し悩んでみても良いかもしれません。
先週は、まったく箸にも棒にもかからずヴィクトリアマイルをハズしてしまっているので、
オークスは、ビシッと的中させてダービーウィークに突入したいところです。

みなさんの本命は、決まりましたか?
なかなかシンハライトとチェッキーノをハズす馬券は購入しにくいレースですね。
チェッキーノには、絶好調の戸崎騎手が乗り替わっていることもあり、
うまく乗られてしまうと、すんなり1着ということもありそうです。
また、シンハライトの池添騎手も桜花賞を取り損ねているので、ここは、負けられませんからね。

もうすぐ発走ですが、楽しみですね。

ビッシュ単勝馬券
ビッシュ単勝馬券

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

レジまぐ商品の購入はこちら!

競馬 ブログランキングへ


投稿者:

ハイブリッドウイナー開発委員会

2016年にハイブリッドウイナーを開発。調教・騎手・レース・期待値から、HW値を導き出すことで、穴馬から本命まで、幅広く軸馬を見つけ出すことができるようになりました。みなさんと一緒にこのハイブリッドウイナーを使って、ワクワクした週末をぞんぶんに楽しみたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です