今日は、サトノクラウンを考察しましょう。


ダービーに照準を合わせたサトノダイヤモンドの本気。

ルメール騎手が選んだのは、サトノダイヤモンド。
皐月賞で、ルメール騎手は、ダービー出走を考えた上で、サトノダイヤモンドを選んだと言います。
確かにその実力は、同じ3歳馬の中でも抜けており、その落ち着きやレース運びは、すでにベテランといってよいほどです。
鮮烈な勝ち方は少ないが、どのレースも順当に勝っている感じがします。

ダービーの枠順が確定。4強が内枠に。

特にダービーのような長めのレースですは、ディープインパクトの血統が有利になりそうです。
さて、今日発表になった枠順です。

ダービー出馬表
ダービー出馬表

サトノダイヤモンドは、4枠に。
リオンディーズは6枠。マカヒキは2枠。ディーマジェスティは1枠と、うまく内の方に分かれました。その中でも、サトノダイヤモンドは、かなり良い枠順ではないでしょうか。

一番強い馬はどの馬かと聞かれれば、やはり安定感のあるレースができるサトノダイヤモンドということになるでしょう。
とにかく大崩は無いでしょうし、距離特性からいっても4強の中でも最大級に信頼できる一頭です。
リオンディーズは、かかり癖が少し心配ですし、マカヒキやディーマジェスティは、足を余して負ける可能性もないわけではありません。
また、陣営がいうようにすべてをダービーに向けて調整したということを考慮すれば、かなり勝つ可能性も高いのでしょうか。

サトノダイヤモンドに騎乗予定のC・ルメール騎手

――今朝の最終追い切りについて教えてください
ルメール「完璧でした。馬のコンディションはとてもよいです。直線で反応がはやくなりました。とても喜んでいます。調教師から『3番手から、ラスト300mでは別の併せ馬に追い付いてほしい。ラスト100mで一杯に追ってほしい』と言われました。馬の反応がとても良かったです」

――皐月賞を振り返ってください
ルメール「良いレースでした。きさらぎ賞のあと、皐月賞まで長く休んでいました。馬のコンディションはたぶん100%ではなかった」

――東京2400はいかがでしょうか?
ルメール「彼はとても乗りやすい。ですから、心配ありません。2400メートルは初めてですが、大丈夫だと思います」

――相手はどの馬が気になりますか?
ルメール「ディーマジェスティ皐月賞で能力を発揮した。2400もいけるでしょう。マカヒキ皐月賞で後ろからの競馬でしたが、直線では速かった。この2頭がいちばんのライバルです」

――どのようなレースをしたいですか?
ルメール「いいスタートを切りたい。(位置どりは)6番手、7番手につけたい。そのあと、直線ではダイヤモンドはいい瞬発力があります。ですから、自信があります」

――先週10勝しましたね?
ルメール「とても嬉しかった。1週で10勝は初めて。でも、いちばん大切なのはGIなどの大きなレースです。今週も頑張ります」

――最後にひとこと
ルメール「今年のダービーはメンバーがいちばん強いです。サトノダイヤモンド皐月賞のリベンジをしたい。競馬場にきてください。応援してください」

サトノダイヤモンドを管理する池江泰寿調教師

――今朝の最終追い切りはいかがでしたか?
池江「終いはしっかり伸ばして、という指示を出しました。全体的によかったですね」

――皐月賞を振り返ってください
池江「久々だったんですけども、それでもなんとかなるかなと思ったんですが、さすがに甘かったです。ひと叩きしたら上積みのある馬なので、そのあたりに期待しての出走です」

――前走後の調整について教えてください
池江「放牧に出ず、自厩舎で調整しました。2週前の動きが少し鈍かったので、少し良くなったという印象を受けました」

――皐月賞のころ、ダービーにピークを持っていくと話されていましたが、そのあたりは?
池江「ある程度のところまでいけると思います」

――今回は初コース、東京2400ですが?
池江「走ってみないと何ともいえないというのが正直なところですね。適性については、こなすのではないか、と期待しています」

――具体的なレースのイメージは?
池江「まだ、していません」

――ルメール騎手とは事前に何を話されますか?
池江「任せたよ、と伝えるだけです」

――相手関係はいかがでしょうか?
池江「皐月賞とは、また違う路線からのメンバーもいますし、コースも違ってきます。今年は本当にレベルが高いので全頭警戒しておかないと油断はできないな、と思っています」

――自信をもって臨まれますか?
池江「はい、自信はあります」

――先生はオルフェーヴル日本ダービーを制しています。ダービーへの想いは?
池江「小さい頃からの夢です。ひとつ勝っていますけれど、ふたつみっつ勝ちたいな、と思わせるレースですよね」

――ダービー勝利の味は格別ですか?
池江「他にもいろいろとGIを勝たせていただいてますが、ダービーだけは今思い出しても、そのときの嬉しさとかが強烈によみがえってきます」

――最後に意気込みを
池江「前走の皐月賞では1番人気に支持していただいたんですが、期待を裏切ってしまいファンの皆さんには申し訳なかったです。今回はきっちりその借りを返したいと思っています。もう一度、応援していただけたらと思っています」

(取材・写真:花岡貴子)

 

さあ、ダービーが目前に迫ってきました。
強いのは、どの馬なのでしょうか?
おそらくこの4強による総力戦となるはずです。それぞれの持ち味をどのように騎手が引き出すのか、そのようなレース展開を作り上げるのかが、今回のダービーの最大の面白さだと思います。

 

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

レジまぐ商品の購入はこちら!

競馬 ブログランキングへ


投稿者:

ハイブリッドウイナー開発委員会

2016年にハイブリッドウイナーを開発。調教・騎手・レース・期待値から、HW値を導き出すことで、穴馬から本命まで、幅広く軸馬を見つけ出すことができるようになりました。みなさんと一緒にこのハイブリッドウイナーを使って、ワクワクした週末をぞんぶんに楽しみたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です