秋初戦は、渋い的中となりました。今週は、地方競馬のテレ玉杯オーバルスプリントJpnIIIを狙います!!


秋初戦を反省しましょう。やはり本命馬は強かったですね。

どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。
みなさん月曜日の夜は、いかがお過ごしでしょうか?
私は、仕事を終えて喫茶店でこの記事を書いています。

まずは、セントウルステークスと京王杯オータムHの反省といきましょう。

ラヴァーズポイント 複勝的中馬券(700円)
ラヴァーズポイント 複勝的中馬券(700円)

阪神のセントウルステークスは、少し手に汗握る展開になりました。
まずは、レースを振り返りましょう。

ビッグアーサーが好スタートを切りました。外からは、スノードラゴンが先頭をうかがいますが、内のビッグアーサーは、前に行かせることなく加速。この時点で、ビッグアーサーはつぶれるのではないかと思いましたね。
その後ろを、単穴に推奨している人気薄のラヴァーズポイントが、いい感じで追走しています。
直線に入って、スノードラゴンが、徐々に脚を無くしていく中、まだビッグアーサーが粘っています。
あれれっ、残るのか!! と思っていると、逆に追走していたラヴァーズポイントの方が激しい動きになっているではありませんか。
後ろからは、ネロもすごい勢いで迫ってきます。



ビッグアーサーが勝つのか!!
ラヴァーズポイント粘れ!!
実は、ラヴァーズポイントの複勝を持っていました。
本当は、単勝を買うつもりだったのですが、流石にオッズが高すぎます。
もしもを考えて、複勝に切り替えていました。
そのため、結果的には、エイシンブルズアイ8着、対抗のラヴァーズポイントが3着、単穴のビッグアーサーが1着ということで、なんとか3連複的中です。しかし、5,050円では、低すぎます。

おまけで、ラヴァーズポイントの複勝700円とビッグアーサーの単勝210円が引っ掛かり、元返しというところです。
いやーっ、てっきりラヴァーズポイントが1着で、3連単の高配当的中かと思いましたが、そんなに甘くありませんでしたね。
やはり、強い馬は、どんなレースをしても勝てるのだと痛感しました。

セントウルS予想ボード
セントウルS予想ボード

しかし、人気の無いラヴァーズポイントを対抗に推奨できたのは、流石にハイブリッドウイナーです。

そして、京王杯オータムH。ロードクエストが強い競馬を見せましたね。
まあ、勝たれてしまうと仕方ありませんが、じっくりと体制を整えた馬が実力を出したということでしょうか。

ハイブリッドウイナーの予想では、ロードクエストは4番手評価でした。

京王杯オータムH 予想ボード
京王杯オータムH 予想ボード

結果としては、対抗に推奨していたダノンプラチナが3着に来てくれたことで、3連複を的中することができましたが、3,940円では到底勝ったとは言えない状況です。
しかし、本命に推奨していたトウショウドラフタもなんとか6着までと10番人気であったことを考えると、よく走ってくれた方でしょうか。

秋競馬のスタートは、惜しい感じとなりましたが、まあ、当たったということで、納得したいと思います。
大きな馬券的中も間近でしょうか?

マカヒキが、凱旋門賞の前哨戦ニエル賞を完勝です!!

10月2日の凱旋門賞に出走するマカヒキが、クビ差ながら快勝しました。
どうも落鉄もあったようですが、ここはダービー馬として、強さを発揮してくれたようです。

【ニエル賞】マカヒキが世界デビュー戦でV 凱旋門賞へ向け好発進

日本ダービー馬マカヒキが、世界デビュー戦を鮮やかに勝利で飾った。本番の凱旋門賞(10月2日・シャンティイ)と同じ舞台で行われた3歳馬による前哨戦へ、ルメールを背に出走。5頭立ての少頭数、強敵不在のメンバー構成だったとはいえ、まずは3週後の大舞台へ向けて好発進を決めた。同レースの日本馬の勝利は、13年キズナに続く2頭目。

レースは英G3勝ち馬ミッドタームが引っ張る展開。きれいな隊列の3番手を進んだ。緩いペースのなかで、しっかりと折り合いをつける。最後の直線では外に持ち出して、ゴール前30~50メートルできっちり粘る内2頭をかわし、2着馬に首差をつけてVゴールを駆け抜けた。

昨年から拠点を日本に移した鞍上のルメールにとっては、大きな意味を持つ勝利だ。自身は凱旋門賞未勝利。「日本の馬でフランスのビッグレースを勝ちたい」-。その大きな夢に前進した。また、金子真人オーナーにとっては、06年に3位入線→失格となったマカヒキの父ディープインパクト以来となる凱旋門賞挑戦となる。

3月のドバイシーマCで昨年のダービー馬ドゥラメンテ(2着)の前に立ちはだかり、その後も連勝中を続ける英国馬ポストポンド、G1馬8頭が集い、10日に行われた愛チャンピオンSで直線一気を決めた今年の仏ダービー馬アルマンゾル、さらにC・デムーロが駆る今年の仏オークス馬で8戦8勝のラクレソニエール…本番では強敵が待ち受ける。

「この馬はどんどん良くなっている。ここを使ってさらに良くなるでしょう」とルメールは胸を張った。海外2戦目であらゆる面での上積みが見込める3週後の一戦へ、日本競馬界の大きな期待を背負いマカヒキが歩を進める。

出典:デイリースポーツ

木曜日は、テレ玉杯オーバルスプリントJpnIII。地方競馬も秋に入ってJpnレースが目白押しです。

今週の木曜日には、浦和競馬場でダート1,400メートルのテレ玉杯オーバルスプリントが開催されます。
さっそく、出走表が発表されていますので、見ていきましょう。

テレ玉出走表 出典:KEIBA.GO.JP
テレ玉杯オーバルスプリント 出典:KEIBA.GO.JP

JRA所属の競走馬が優勢なことは変わりないようです。
戸崎騎手が騎乗するレーザーバレットは、5枠5番。岩田騎手騎乗のニシケンモノノフは、7枠9番に。
そして、小牧太騎手のグレイスフルリープは、2枠2番となりました。
どうしても、低配当になってしまうレースではありますが、狙いを絞って的確に当てることで、プラスに持っていきたいと思います。
こちらのハイブリッドウイナーでの予想は、当日になりますが、ご期待ください。

そして、地方競馬では、これからもJpnレースが目白押しです。

JBCポスター
JBCポスター

http://www.keiba.go.jp/jbc2016/

まずは、9月19日(月・祝)は、大井競馬場でレディスプレリュード(JpnⅡ)ダート右回り 1,800メートルが開催されます。
こちらには、JRAからホワイトフーガやタイニーダンサーが出走予定しています。

さらに、9月22日(祝・木)は、同じく多い競馬場にて、ダート右回り 1,200メートルの東京盃(JpnⅡ)が待っています。
JRAからの出走予定馬は、コーリンベリー、ダノンレジェンド、ドリームバレンチノ、そしてノボバカラにブルドッグボスとかなり豪華なメンバーになりそうです。

9月28日(水)には、船橋競馬場での日本テレビ盃(JpnⅡ)と、楽しみがいっぱいです。
本当に秋になると買いたいレースが多くて困ってしまいますね。

ハイブリッドウイナーを使って、この秋、JRAのレースだけでなく、凱旋門賞、地方競馬のJpnレースなど、購入できるレースは、できる限り多く予想していきたいと思っておりますので、お楽しみに!!

また、レジまぐのハイブリッドウイナー徹底活用馬券術《ブログ》では、ハイブリッドウイナーの予想と買目、その予想方程式の秘密も公開していますので、有料になりますがあわせて購入もよろしくお願いします。

では、引き続き良い馬券生活を!!

■こちらの記事もぜひお読みください。
ハイブリッドウイナーで、中山11R京王杯オータムハンデキャップと阪神11RセントウルステークスのW的中を狙いましょう!!
紫苑ステークスをハイブリッドウイナーで攻略しましょう!!
中山競馬確定!! 紫苑ステークスで勝利するのは、この馬です。
秋競馬のスタートは、オータムハンデキャップやセントウルステークス、凱旋門賞、オーバルスプリントなど目白押しです。
夏競馬が終わってしましました。ちょっと後味が悪い結果となってしまい残念です。
さあ、夏競馬も最終日。新潟記念をしっかり当てましょう!!
ハイブリッドウイナーで札幌11R 札幌2歳ステークスの的中を狙いましょう!!
新潟記念で大物感を漂わす遅咲きの使者『アデイインザライフ』に注目してみた。

■有名な競馬記者と勝手に馬券勝負をする『勝手にガチ勝負!?』の結果もご覧ください。
⇒3戦3勝!! デイリースポーツの穴王子、豊島記者にも勝ってしましました!!
⇒東スポ虎石記者 第2回戦 ありがとうございます。またまた、勝ちました!!
⇒東スポ虎石記者 第1回戦 もちろん、東スポ虎石さんにも完勝です。

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

競馬 ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

ブログ王ランキングに参加中!


投稿者:

ハイブリッドウイナー開発委員会

2016年にハイブリッドウイナーを開発。調教・騎手・レース・期待値から、HW値を導き出すことで、穴馬から本命まで、幅広く軸馬を見つけ出すことができるようになりました。みなさんと一緒にこのハイブリッドウイナーを使って、ワクワクした週末をぞんぶんに楽しみたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です