2016年浦和記念からの東京大賞典で、2017年の競馬予想を占いましょう!!


競馬予想のレジまぐ

トランプ勝利で、今年の有馬記念が面白くなりそうです。

トランプが勝ちましたか・・・。
なんかアメリカの闇を見てしまった感じですね。
後味がスッキリしない1日となってしまいました。
日本も何らかの影響を受けることになるのでしょうね。思いやられます。



どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。

そういえば、こんな時って、競馬に何らかの暗示(サイン)があるものですよね。
そうですサイン馬券です。
サイン馬券で、まず思い出すのが9.11のアメリカ同時多発テロ事件の年の有馬記念です。

マンハッタンカフェ号
マンハッタンカフェ号

2001年、この年の有馬記念には、マンハッタンカフェアメリカンボスという同時多発テロに関係する馬名の馬が2頭出走していました。
私は、この頃、真剣に大きなレースには、シナリオが存在し、世間の出来事に連動していると思っていましたので、迷わずサイン馬券のマンハッタンカフェから総流しをしました。
レースの後で、アメリカンボスもテロに関わる馬名と気が付いたのですが、事前に気が付いていれば、もっと高額を手に入れることが出来ていたはずです。

2001年 有馬記念レース結果
2001年 有馬記念レース結果

今回のトランプ勝利で、2016年の有馬記念が、またまた面白くなりそうです。どんな馬名の馬が勝つのでしょうか?

まあ、有馬記念まては、まだ時間がありますので、その前に、地方競馬や中央競馬で暴れたいと思います。



まずは、地方競馬の浦和記念です。
先日も書いたように、アポロケンタッキーの出走で、レース自体が面白くなりそうです。
ダート馬としては、かなり好きな方に入る馬ですので、ぜひとも当てて行きたいと思います。

そして、そんなダート馬が目指す年末のG1レース、東京大賞典もハイブリッドウイナーの2016年の集大成として的中を目指したいと思います。
2017年のスタートである金杯までには、ハイブリッドウイナー2017バージョンを完成させたいと思っていますので、よろしくお願いします。

さて、浦和記念の話しになりますが、
浦和記念は、浦和競馬場・ダート2000mで施行される地方重賞です。
1980年にサラブレッド系4歳(現表記3歳)以上によるハンデ戦の重賞として創設。
1995年には南関東グレード制施行にともない、南関東G2に格付け。
1996年より中央競馬および他地区所属馬も出走できる交流競走となり、1997年からはダート競走格付け委員会によりG2に格付けされました。
執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

■JRA所属の出走予定馬および補欠馬

出走予定馬(予定騎手名)
●アポロケンタッキー(未定)
●クリソライト(未定)
●ケイティブレイブ(武豊)
●リッカルド(未定)

補欠馬(予定騎手名)
●ストロングサウザー(未定)
●メイショウヒコボシ(未定)
●サンライズホーム(岡田祥嗣)
●トラキチシャチョウ(未定)
●マイネルクロップ(未定)

そして、中央競馬の土曜日には、デイリー杯2歳ステークス東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスが開催されます。
どちらのレースを狙うのか、はたまた両方かは、決めかねていますが、いずれにしろ、中央競馬もしっかり競馬予想して行きたいと思います。

また、レジまぐのハイブリッドウイナー徹底活用馬券術《ブログ》では、ハイブリッドウイナーの競馬予想と買目、その競馬予想方程式の秘密も公開していますので、有料になりますがあわせて購入もよろしくお願いします。

では、引き続き良い馬券生活を!!

■こちらの競馬予想記事もぜひお読みください。
浦和記念2016 にみやこステークスを勝ったアポロケンタッキーが出走予定!!
エリザベス女王杯2016は、かなりの激戦が期待できそうですね。
ブリーダーズカップ フィリー&メアターフとアルゼンチン共和国杯の競馬予想の反省会です。
朝までは起きていられません!! ブリーダーズカップフィリー&メアターフとアルゼンチン共和国杯を競馬予想!!

■有名な競馬記者と勝手に馬券勝負をする『勝手にガチ勝負!?』の結果もご覧ください。
⇒虎石晃記者、豊島俊介記者のダブルガチ勝負で完勝です!!
⇒『勝手にガチ勝負!?』で、デイリー豊島記者を、またまた撃破!!
⇒3戦3勝!! デイリースポーツの穴王子、豊島記者にも勝ってしましました!!
⇒東スポ虎石記者 第2回戦 ありがとうございます。またまた、勝ちました!!
⇒東スポ虎石記者 第1回戦 もちろん、東スポ虎石さんにも完勝です。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬 ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


投稿者:

ハイブリッドウイナー開発委員会

2016年にハイブリッドウイナーを開発。調教・騎手・レース・期待値から、HW値を導き出すことで、穴馬から本命まで、幅広く軸馬を見つけ出すことができるようになりました。みなさんと一緒にこのハイブリッドウイナーを使って、ワクワクした週末をぞんぶんに楽しみたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です