今週末の競馬は、華の3連続開催です!!


トーホウジャッカル、アドマイヤデウスが走りごろ。HWのプロの目から展望しましょう。

今週末の競馬は、3連続開催になります。楽しみな反面、出だしの19日ファルコンステークスを的中できるかによって、その後のレースの回収率が大きく変わりそうです。
ハイブリッドウイナーの実績は、すでに実証済みです。先週の成果(購入ニスはありましたが…)を見ていただければ、一目瞭然です。

3月19日
中京11Rファルコンステークス

3月20日
中山11Rスプリングステークス
阪神11R阪神大賞典

3月21日
中山11Rフラワーカップ

しかし、その中でも特に楽しみなのが、歴史ある阪神大賞典ではないでしょうか。
3,000メートルという距離は、走るために生まれてきたサラブレッドにとっても決して楽な距離ではないはずです。

また、乗っている騎手もかなりの体力が必要になるはずです。
もちろんテクニックは言うまでもありません。

やはり、このレースと言えば、この馬でしょう。
芦毛の怪物、ゴールドシップを語らないわけにはいきません。

ゴールドシップ号
gold

 

【ゴールドシップ】ゴールドシップは日本の競走馬。
おもな勝ち鞍は皐月賞、菊花賞、有馬記念、宝塚記念、天皇賞。名前の由来は、黄金の船。
2015年時点で、芦毛馬の中央競馬GI最多勝利数、最多獲得賞金額の記録を保持している。

この馬には、いろいろ泣かされました。
走るか走らないかが馬まかせなんて本当に迷惑な馬です。だいたい、本命にすると、1着になってくれないときが大半で、その逆に見限ると恐ろしいぐらい強い勝ち方をするのですから手に負えません。しかし、その独特なレース展開や気性で、多くのファンを持っていたことも事実です。それに強かったですね。
現役時代は、本当にこの馬強いのだろうか?と思うことも多かったのですが、今思うとやはり日本の名馬として歴史に残る馬だったようです。
好きな馬かというと、少し疑問ですが、名前を忘れることはないでしょう。

そんな阪神大賞典ですが、今年は、トーホウジャッカルとアドマイヤデウスが気になっています。前回、アドマイヤデウスは、軽視している中、3着に好走したため、痛い目にあってしまいましたが、今回は、どうでしょうか。早くハイブリッドウイナー値(HW値)を算出したいですね。
面白いのは、トーホウジャッカルでしょうか。

touhou


投稿者:

ハイブリッドウイナー開発委員会

2016年にハイブリッドウイナーを開発。調教・騎手・レース・期待値から、HW値を導き出すことで、穴馬から本命まで、幅広く軸馬を見つけ出すことができるようになりました。みなさんと一緒にこのハイブリッドウイナーを使って、ワクワクした週末をぞんぶんに楽しみたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です