舛添知事にも行ってほしい反省は、競馬に勝ちたいなら絶対に必要です。

このところ、反省するべきレースがいっぱいです。

競馬や馬券を購入するうえで、大切なものはなんでしょうか?
このテーマは、私が20年あまり競馬をやってきた中で、自問自答することが多いものです。

ひとつは、軸馬を見つける目です。

競馬は、記憶のゲームだという方がたくさんいます。
確かに過去の記憶から軸馬を見つけることも可能なのですが、まったく同じ条件が繰り返されることのない競馬において、逆に記憶は違った思い込みをもたらしてしまう原因にもなります。

そして、勝負レースの見分け方

こちらも、非常に難しいテーマです。
最低でも1日2会場で開催される24のレースから、確率が高く高配当を的中することができるレースを選び出すことは、至難の業です。

そして、馬券種類の選択

単勝を買えば、18分の1で的中させることができます。
しかし、この単勝を当てることがなかなか難しいのは、オッズという魔物のせいであることは、みなさんもご存じのとおりです。

相馬眼もとても大切でしょう。

本当に走る気のある馬、本当に強い馬の体や筋肉、調子の良さを見分けることができれば、的中率を大きくアップさせることができるでしょう。

情報

まさに情報をどれだけ集めることができるのかは、競馬だけでなく、勝負をする上で、非常に大切なものです。
しかし、インターネットが普及した現代において、この溢れる情報の中から必要な情報のみをピックアップする力の方が重要になってきているのも事実です。

色々、上げてきましたが、その中でも私が最も重要と思っているのは、『反省すること』です。

負けたレース、勝ったレースに限らす、とにかくレースをビデオで見直すことです。

ハイブリッドウイナーが推奨した軸馬が、なぜ勝つことができたのか?なぜ、負けたのかを、見直すことで、何がこのレースにおけるファクターだったのかが見えてきます。

例え馬券がハズレたとしても本来であれば、その馬が勝っていたはずだと、いうことを自分に納得させることができたり、
それは、偶然馬券が当たっただけであり、レース展開も含め、本当の読みが当たっていなかったということも、実際に見直すことによって理解し、納得することができるのです。

つまり、ハズレた時はもちろんのこと、当たったときにも反省なのです。

当った時には、その馬券の購入の仕方を反省し、もっとこうすれば、回収率を高めることができたと思うようにすることが必要だと思います。

以前、予想するには、予想が当たった時のことを想像ことから考えると良いと書いたことがありましたが、そのような想像力を高めるためにも、レースを繰り返し見て反省することが大切ではないでしょうか。

続きを読む 舛添知事にも行ってほしい反省は、競馬に勝ちたいなら絶対に必要です。

的中するだけではダメ。馬券の買い方が競馬に勝てるかを左右します。

馬券の買い方をしっかり考えることが、競馬に勝つことにつながります。

ハイブリッドウイナーは、これまでご紹介してきたように非常に高い確率で、軸馬となる2頭の馬をピックアップすることができます。
しかも、人気の馬から、人気の無い馬まで、その能力をしっかりと把握し、数値として算出することができるのです。
しかし、いくら軸馬がわかったからといって、確実に馬券を的中できるかどうかとはまた違うことなのです。

ハイブリッドウイナー
ハイブリッドウイナー

単勝を購入すれば、もちろん高い確率で的中することは可能です。
運が良ければ、8番人気や10番人気の単勝を的中させることで、大きく利益を出すことも可能です。
これまでのテストマーケによっても、そのことは実証されています。

しかし、人気の無い馬が1着に来る確率はそう高くありません。また、そのレースを運よく購入できるケースも多く無いのが事実です。
では、3連単ではどうでしょうか?
確かに当れば、1万円以上の配当を手にする可能性が高い馬券になります。
ハイブリッドウイナーでは、軸馬2頭を1着に固定し、2着、3着の馬に流すという買い方を推奨しています。
しかし、的中確率は大きく下がり、せっかく1着2着が当たっているのに3着に最低人気の馬が入るなど、大きな馬オッズの馬券を逃す悔しいレースができてしまいます。
それなら、馬単では、どうでしょうか?
確かに軸馬1頭から8頭の馬に流すことで、かなりの確率で的中することが可能になりますが、
この場合、1点にそこそこの金額を投資しないと、見返りが少なく、トリガミになる可能性が高まります。
しかし、逆に絞ってしまうと、おいしい配当を逃すことにもなりかねません。
そこで、3連複となるのですが、こちらも3連単と同様に購入していては、さらに的中してもトリガミの可能性が高くなるのです。
なので、結果的に数頭に絞らなければ勝つことが難しくなります。

そこで、3連複をメインの馬券と設定し、ハイブリッドウイナーの軸馬を2頭を絡めて人気の無い馬を絞って購入することができないかを考えています。
まだまだ、ハイブリッドウイナー開発委員会の中でも議論中ですが、いずれ、この方向性をベースとした新しいシステムの発表を行いたいと思っていますので、お楽しみに。

続きを読む 的中するだけではダメ。馬券の買い方が競馬に勝てるかを左右します。

田辺騎手の騎乗が光った安田記念を反省しましょう。

田辺騎手は、天才かばくち打ちのどちらかでしょう。

今回の安田記念のポイントは、やはり田辺裕信騎手の逃げがズバリと当ったところでしょう。
あそこまで、うまくやられてしまうと、本当に強かったと感じますが、逃げた馬は、そのレースがはまっただけで、その後のレースはマークされることで、なかなか勝てないということも良くあります。

田辺騎手は、奇襲ともいうべき戦法がうまくいったのだが、これも彼の「勝ち」に対する強い執念でしょう。
「躊躇なく行った。着を拾うのではなく、勝つにはどうすればいいかを考えていた」というように、
抜群のスタートからディサイファを制してハナに立ったロゴタイプは、すんなりと先頭に立つことができ、1000mを59.1秒と抜群のペースに落とし込むと、雨が降ったことで敬遠されていた最内を一頭だけで走り、勝利を呼び込んだ。

大本命のモーリスは、スタートから掛かり気味にポジションを上げ、2番手を進んだが、なかなか折り合うことができていなかった。
やはり、得意でない左回りで、手前をうまく替えることができなかったようです。

田辺騎手は、「ずっと厩舎の人たちと一緒に、どうやれば復活させることができるか考えてやってきて、大きな舞台で結果を出せたことが本当にうれしい」
「本当に頭のいい馬で、今回の作戦にも上手く対応できたんじゃないかと思います」
ロゴタイプにとっては3歳の皐月賞(G1)以来、3年2カ月ぶりの勝利となりました。これでG1を3勝となった。

3着に頑張ったハイブリッドウイナーの本命馬フィエロは、上がり3ハロン最速の「33.5秒」。
ルメール騎手が予定通り騎乗していれば、どうなっていたかとは言いにくいが、本当に残念な結果となりました。

田辺騎手
田辺騎手

田辺騎手は、目立ってはいないが、どちらかというと天才肌のジョッキーではないだろうか。
なので、狙ったレースは、本当にしぶいイメージがある。
2015年は、リーディング11位と言う結果だったが、今年は、9位とまだまだ上位を狙えるところにつけています。
また、その甘いマスクで、UMAJOたちを魅了しているようだ。

しかし、こんな騎乗をされては、せっかくモーリスとフィエロの2頭軸で、絞って狙っていた3連単をハズす結果になってしまいました。
馬にも騎手との相性というものがありますが、馬券を買う私たちも同じように騎手との相性がありそうです。
しかし、そんなことばかりしていると、キッチリ馬券がハズレてしまいますので、
みなさんも好き嫌いを作らないようにしましょうね。

 

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

レジまぐ商品の購入はこちら!

競馬 ブログランキングへ

ブログ王ランキングに参加中!

安田記念反省会。レースは、予想通りでしたが、ロゴタイプの逃げは想定外でした。

フィエロの狙いは間違いありませんでした。しかし、ロゴタイプの逃げに唖然。

いやー、惜しいレースでした。
それは、フィエロの好走です。スタート直後は、かかった感じでしたが、その後は、中段に。
直線に向くと、追い出しを送らせ、加速。外目をグングンと伸びて、あわやモーリスをかわすところまでの3着となりました。
ルメール騎手が騎乗していれば、どうだったかは定かではありませんが、当然1着になってもおかしくなかったかもしれません。

ただ、予想外だったのは、ロゴタイプの逃げ戦法です。
まさか逃げると思っておらず、かかって前に行ってしまったと思った各騎手は、少し控えた形になりましたね。
そこで、追い出しが送れて、ゴールまで捕まえきれなかったという感じでしょうか。まあ、最短距離をはしりましたしね。

勝利馬 ロゴタイプ号
勝利馬 ロゴタイプ号

また、断然の1番人気のモーリスは、スタートからすごい勢いで前に行きました。
Tベリー騎手も押さえるのに必死と言う感じ。これでは、最後に伸びませんよね。

第66回 安田記念の結果

1着:6 ロゴタイプ
2着:8 モーリス
3着:10 フィエロ

単勝:5 3,690円
複勝:5 520円
8 130円
10 450円
馬単:6-8 11,580円
3連複:6-8-10 14,990円 的中
3連単:6-8-10 153,560円

続きを読む 安田記念反省会。レースは、予想通りでしたが、ロゴタイプの逃げは想定外でした。

安田記念の予想確定。フィエロとモーリスを軸にロサギガンティアに期待します。

最強マイラーを倒すのは、どの馬なのでしょうか?

決してモーリスに負けてほしいと思っているわけではありませんが、穴党としては、断然の1番人気が来ると当然配当が下がってしまうので、来てほしくないと思うものです。
しかし、いくら、調教が万全でないといえど、力の差は明白です。
少し、可能性があるとするなら、モーリスにとって、左回りが得意ではないということ。昨年の安田記念を勝てたのは、枠順が良かったこと、スタートも良かったことなど、少しばかり運の要素があったからだと思われます。
また、このところ一流ジョッキーが騎乗しており、万全の態勢でレースにのぞめたことも大きな要素となっています。
今回は、Tベリー騎手の騎乗となれば、まだまだ日本競馬に不慣れということもあり、死角があるのではないでしょうか?

Tベリー騎手
Tベリー騎手

続きを読む 安田記念の予想確定。フィエロとモーリスを軸にロサギガンティアに期待します。

競走馬になぜ面白い名前を付けるの? 麦秋ステークスでブチコがスタートできず!!

面白名の競走馬は、小田切オーナーの持ち馬。

私は、シゲルノコギリザメという馬が結構気になっています。
以前にも書きましたが、それは、単に名前が面白いからではありません。
そのレースっぷりが気に入ったから好きになったのですが、
そんなシゲルノコギリザメにも勝る面白い名前の馬が過去にもいましたので、少し紹介してみたいと思います。

私も競馬を初めて、かれこれ20年以上になるのですが、
その中でも面白い馬名だと思ったのは、モグモグパクパクという馬名。

この名前を付けたのが、有名な小田切 有一(おだぎり ゆういち)オーナーです。
彼は、福岡県青果生産組合組合長、経営学研究所代表、エール株式会社代表。
その持ち馬の中でも有名なのが、この3頭です。

『オレハマッテルゼ』
2006年のGI・高松宮記念を快勝。
小田切オーナーにとっては1985年のノアノハコブネ(優駿牝馬)以来のGI制覇。

『モグモグパクパク』
食欲旺盛?でレースも強い。2012年12月22日のクリスマスローズSも快勝、
スプリント路線でさらなる活躍が期待される。小田切オーナー一番の活躍馬。

『モチ』
内で粘っているのがモチ。2007年の若駒Sを勝利して、皐月賞にも出走(17着)。

そういえば、あの有名なエガオヲミセテも小田切オーナーの持ち馬だったはずです。
最近の馬名は、外国語からの引用が多くかっこいいのですが、なかなかピンとこなく覚えにくくなりましたね。
これからも、どんな馬名の競走馬が出てきて活躍するのかが楽しみです。

そして、今日の東京11R麦秋ステークスにも名前だけでなく、その容姿も面白い馬、ブチコが出走するはずでした。
ところが、スタート前にゲートを潜って放馬してしまいました。
しかも左前足を負傷。レース除外という結果に。

前走の船橋のマリーンCでも同じようにゲートを潜ってしまい、目の上を縫う始末でしたので、
2連続で放馬、怪我ということになってしまいました。

白毛にブチ模様で人気のブチコ(牝4歳、栗東・音無秀孝厩舎)が4日、東京11R麦秋Sでゲートインの際、前扉に突進して放馬。その後ラチに激突して左の肩を負傷した。すぐにつかまったものの流血がおびただしく、同じくゲートに突進した4月13日の船橋マリーンCに続いて競走除外となった。

騎乗していたクリストフ・ルメール騎手は「前回の船橋と一緒。何もしないところから急に行ってしまう。ちょっと怖かったです」と振り返った。

なお、ブチコは左肩端部裂創の診断で、30日の出走停止処分に。また、ブチコ絡みの馬券の返還金総額は9億3109万3800円で、全売り上げ20億円余の約半分にのぼった。

左前足が痛々しいブチコ号
左前足が痛々しいブチコ号

出典:日刊スポーツ

 

こんなことになるとは思ってもみませんでしたが、しっかり治してほしいですね。

 

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

レジまぐ商品の購入はこちら!

競馬 ブログランキングへ

ブログ王ランキングに参加中!

安田記念の穴馬は、フィエロです。モーリスに勝つことができるのは、ルメール騎手が騎乗する10番フィエロ。

強いのは、やはりモーリスかもしれませんが、フィエロの一発に期待!!

さて、66回目の安田記念です。
66ということで、6枠のサトノアラジンとモーリスで決まってしまいそうな感じもしてしまいますがそれでは面白くありませんね。現時点のオッズでは、

1番人気 モーリス 1.6倍
2番人気 リアルスティール 5.5倍
3番人気 サトノアラジン 6.2倍
4番人気 イスラボニータ 10.3倍
5番人気 ロサギガンティア 20.6倍

といった感じです。
やはり、モーリス1強といった感じです。確かに海外レースでも力を見せつけ、マイルなら世界一かもしれないモーリスですから、この人気は仕方ありません。
しかし、穴党の人間にとっては、決して面白いレースではありませんね。

続きを読む 安田記念の穴馬は、フィエロです。モーリスに勝つことができるのは、ルメール騎手が騎乗する10番フィエロ。

安田記念 出馬表発表!! サトノアラジンとモーリスが6枠です。

12頭立てとなった安田記念。サトノアラジンとモーリスが6枠で同居。リアルスティールは8枠11番。

安田記念の出馬表が発表となりました。
サトノアラジンとモーリスが、同枠の6枠です。
また、リアルスティールは、8枠11番となったことで、後ろからのレースとなりそうですね。
福永騎手は、うまく出れれば前に行くかもしれないと言っていましたが、
この枠では、積極的に行かないかぎり、前に付けることは難しそうです。そうなると、やはり、後ろからモーリスやサトノアラジンを見る形となり、
最後の直線を使って切れ味で勝負をかけることになると思われます。

安田記念 出馬表 出典:JRA
安田記念 出馬表 出典:JRA

1-1 クラレント(牡7、小牧太・橋口慎介)
2-2 ダノンシャーク(牡8、岩田康誠・大久保龍志)
3-3 ロサギガンティア(牡5、M.デムーロ・藤沢和雄)
4-4 ディサイファ(牡7、武豊・小島太)
5-5 コンテントメント(セ6、B.プレブル・J.サイズ)
5-6 ロゴタイプ(牡6、田辺裕信・田中剛)
6-7 サトノアラジン(牡5、川田将雅・池江泰寿)
6-8 モーリス(牡5、T.ベリー・堀宣行)
7-9 イスラボニータ(牡5、蛯名正義・栗田博憲)
7-10 フィエロ(牡7、C.ルメール・藤原英昭)
8-11 リアルスティール(牡4、福永祐一・矢作芳人)
8-12 レッドアリオン(牡6、川須栄彦・橋口慎介)

6枠7番サトノアラジン(兼武調教助手) は、「あまり極端な内枠に入りたくなかったんで。少頭数とはいえ、ゴチャつかせたくないんでね。いい枠が当たりました。前走の末脚を引き出せればチャンスはあると思います」とのコメント。また、リアルスティールを管理する矢作芳人調教師は、「ドバイも外から2番目で勝ったんだし、ここでも大丈夫だよ。追い切りもそうだったが、けさ(金曜)も見た目以上に時計が出てた。それだけ跳びがダイナミックな証拠だよね。本当、楽しみだよ」とコメント。師の期待度が伝わってくるトーンで、好勝負必至。

続きを読む 安田記念 出馬表発表!! サトノアラジンとモーリスが6枠です。

2016年の安田記念展望(モーリス、リアルスティール、サトノアラジン、外国馬)

少頭数となりそうな今年の安田記念ですが、馬券の妙味はあるのでしょうか?

木曜日になりました。

まずは、有力各馬の調教はどうでしょうか?
最初は、外国馬のコンテントメント号(香港)の調教状況及び関係者のコメントになります。

■ジョン・サイズ(John Size)調教師の話
「昨日の午後に厩舎で馬を見た時は大人しい印象でしたが、今朝は最近では一番の飼い食いで、元気が良かったので安心しました。もう少し馬体重を戻して欲しいところですが、レースが近づくにつれて良化しています。明日は予定通り追い切りますが、あまり強くは追わず、ダートコースで600mを42秒くらいのペースになると思います。」
「香港はシーズン終盤ですが、前走後も引き続き体調が安定しているので、安田記念(GI)への参戦を決めました。今回はモーリスやリアルスティールといった強敵もいますが、私自身国際レベルでのチャレンジを続けたいですし、この馬も力を持っていますので、レース当日の馬や相手の状況次第でチャンスはあると思います。枠順については内、外というよりは、隣の枠に前に行くスピードのある馬がいて、その馬について行く形が理想です。」

■馬主 タクウィン・ロー(Tak Wing Lo)氏の話
「チャンピオンズマイル(G1)で敗れたモーリスと再戦できるのを楽しみにしています。気候も良く、馬も楽しんで調教に臨んでいるようなので、日曜日は家族とともに応援したいと思います。」

コンテントメント号
コンテントメント号

続きを読む 2016年の安田記念展望(モーリス、リアルスティール、サトノアラジン、外国馬)

【安田記念考察】リアルスティールの取捨について

安田記念におけるリアルスティールの存在について考えてみよう。

6月になってしまいました。
競馬も金杯から早くも半年がたとうとしています。本当に早いものですね。
毎週末を楽しみにしていると、本当に1週間がアッという間です。
同じような日々を繰り返していますが、競馬そのものは、毎回予想もしない結果になりますので、本当に競馬って難しいですよね。

さて、安田記念を考察していくことにしましょう。
今日は、その安田記念で有力馬となるであろうリアルスティールをピックアップしたいと思います。

まず、その印象ですが、3歳のころは、強いのだろうけど、なんとなくというイメージでした。
皐月賞は、ドゥラメンテの陰になり、2番人気で2着、ダービーは、2番人気も4着と言う結果で、
どうしてもドゥラメンテとの差が大きいため、あまり目立つといった感じではありませんでした。

リアルスティール競走成績 出典:KEIBA.COM
リアルスティール競走成績 出典:KEIBA.COM

しかし、その後も着実に良い競馬をするのですが、1着とはならず、次走のドバイターフG1をムーア騎手で勝ったことで、やっとG1のタイトルを獲得することができました。

では、2016年ドバイターフG1をご覧ください。


2016. 3. 26ドバイターフG1 リアルスティールG1初制覇

いやー強い競馬です。
やはり、ドゥラメンテの陰になってはいましたが、その実力は本物のようです。
日本でのレースでは、福永騎手との相性が良くないのか、なかなか勝ちきることができず、一度ピークを迎えたような感じでしたが、今回の安田記念は、その力を見せつける絶好のチャンスとなりました。

リアルスティールは古馬になっての成長を感じられ、いまにも歩きだしそうなキリッとしており機敏さが出てきたようです。
毛ヅヤも良好で安田記念では、その力を発揮できる90点レベルの状態にあるとのことです。

さて、安田記念では、このリアルスティールとモーリスの2強となりそうです。
どちらが本命になるのか、また、違う馬が本命になるのか、ハイブリッドウイナーの予想が楽しみなところです。

しかし、ムーア騎手から、福永騎手に戻り、日本でのレースとなった時に、果たしてあのドバイターフで魅せた鮮やかな勝利を思い起こすようなレースを見せてくれるのでしょうか。
実は、少し不安を感じています。確かに強い馬ですが、ダービーのサトノダイヤモンドではありませんが、運があまり良くないように思えてなりません。
もう少し、調教の状況を見ながら、取捨を考えたいと思います。

 

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

レジまぐ商品の購入はこちら!

競馬 ブログランキングへ