さっそくダービーの反省会を行います。不運!! サトノダイヤモンド落鉄していた!!


競馬の祭典が終わってしまいました。

やはり、4強は強かった。
ダービーは、儲けるためのレースではありませんね。やはり、見るレースでした。

おやっと思ったのが、まずは、リオンディーズのレース運びです。
逃げることは無いとしても、もっと前に付けないとこの馬の良さが出ないのではないでしょうか?

後ろから2番目では、いくら折り合いがついても直線で、前を行く有力馬を抜かすことはできません。
デムーロ騎手、どうしたのですか? ジュエラーのような後ろから直線だけですべての馬を抜き去る瞬発力はありませんよ。

まあ、デムーロ騎手のコメントを聞いてみないとわかりませんが、スタート直後にリオンディーズの優勝は完全になくなってしまいました。

さて、一方のサトノダイヤモンドですが、中段を追走する形で万全の競馬です。
流石ルメール騎手です。
直線も半ば、一瞬早くマカヒキが抜け出しました。
これを追うような形で、ルメール騎手がサトノダイヤモンドを追い出すと、伸びます。
これは、勝つのではないかと思いましたが、直線が短かい。
最後まで抜けきることができません。

写真判定になりましたが、どう見ても体制はマカヒキが勝っているように見えます。
案の定マカヒキの3番が掲示板にともりました。

馬券は、すべて不的中。
1着が入れ替わりさえすれば、馬単の的中もあっただけに非常に残念です。
しかも、リオンディーズは、馬群を縫うように上がってきてなんと5着。
前に行くことができれば、勝利もあったのではないでしょうか?本当に。
舌をしばった効果が、逆にハングリーさを無くしてしまったということでしょうか。

勝ったマカヒキは、私も好きな馬なので、おめでとうと言いたいのですが、
ハズしてしまった残念さ、数センチの負けが、またまた悔やまれる日本ダービーとなりました。

ルメール騎手は、このところ、鼻差で負けることが多くなっていませんか?
がんばってくださいね。

次は安田記念です。
このかりは、安田記念で晴らしましょう。

ダービーの全着順になります。

ダービー全着順 出典:JRA
ダービー全着順 出典:JRA

なんと、サトノダイヤモンドが落鉄していた!!

やはり、運が無いとダービーは勝てないようです。
サトノダイヤモンドの強さは本物です。馬券では、負けてしまいましたが、
ハイブリッドウイナーの予想の確かさは、やはり本物です。

【ダービー】約8センチ差の明暗を分けたものは ダービーには“運”も必要を痛感

わずか約8センチ差の激闘だった。3番人気のマカヒキが、直線の激しいたたき合いを制して第83代のダービー馬に。現役最年少ダービージョッキーとなった川田将雅騎手(30)=栗東・フリー=は、史上8人目のクラシック完全制覇も達成した。サトノダイヤモンドは不運の落鉄に泣き2着。1番人気の皐月賞馬ディーマジェスティは3着に敗れ、蛯名の悲願達成は、またしてもお預けとなった。

前半1000メートルの通過が60秒0。全馬がどの位置からでも力を出し切れる有利、不利のない平均的な流れになった。まさに力と力の勝負。結果として1~3着馬は皐月賞2、3、1着馬。加えるなら4、5着まで一緒だった。時計も内容も超ハイレベルだった皐月賞上位馬が、そのまま掲示板を独占した形だ。

着順が入れ替わった上位3頭の差は何か。勝ったマカヒキは、デビューから4戦全てで上がり3Fの最速時計を記録。今回もメンバー2位タイの33秒3をマークした。直線の長い東京での決め手勝負には分があり、折り合いの心配がないことから距離延長も平然とこなしてみせた。

だが、2着サトノダイヤモンドは落鉄の不運があり鼻差。3着ディーマジェスティも直線で寄られ、立て直す不利があった。やはりダービー馬になるには“運”も必要というを痛感させられた。

いずれにしても上位5頭は相当なハイレベル。この先数年は、各路線でこの世代の馬たちが引っ張っていくことになるだろう。

引用:デイリースポーツ

 

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

レジまぐ商品の購入はこちら!

競馬 ブログランキングへ


投稿者:

ハイブリッドウイナー開発委員会

2016年にハイブリッドウイナーを開発。調教・騎手・レース・期待値から、HW値を導き出すことで、穴馬から本命まで、幅広く軸馬を見つけ出すことができるようになりました。みなさんと一緒にこのハイブリッドウイナーを使って、ワクワクした週末をぞんぶんに楽しみたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です