祝 菊花賞パーフェクト的中!! 競馬予想でデイリー豊島記者にも完勝!!



競馬予想のレジまぐ

サトノダイヤモンドが完勝!! 3歳馬最強は、やはりサトノダイヤモンドでした。

どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。
いやーっ、強かったですね。サトノダイヤモンド。



無冠ということで、いろいろ言われていましたが、やはり思った通り、この馬は強かった。
凱旋門賞にチャレンジしてほしかったぐらいです。来年を期待することにしましょう。

菊花賞馬 サトノダイヤモンド号
菊花賞馬 サトノダイヤモンド号

【菊花賞】1番人気、サトノダイヤモンドが圧勝!悲願のG1初制覇

「第77回菊花賞」(G1、芝・3000メートル・曇・良)は23日、京都競馬場11Rで行われ、ルメール騎手騎乗の1番人気、サトノダイヤモンド(牡3=池江厩舎、父ディープインパクト、母マルペンサ)が直線で突き抜けてG1初制覇。勝ちタイムは3分3秒3。

レース序盤はミライヘノツバサとサトノエトワールが先行。サトノダイヤモンドは中団、ディーマジェスティは中団よりやや後ろに付けた。

サトノダイヤモンドは徐々に位置を上げて先団へ。3、4コーナー中間にさしかかるとディーマジェスティがサトノダイヤモンドに並び、人気2頭が好位置に付けて最後の直線を迎えた。

直線の半ばに入り、ついにサトノダイヤモンドが先頭に。追いすがるディーマジェスティ、レインボーラインを突き放して1着でゴールした。

2馬身1/2差の2着には9番人気のレインボーライン。そこから鼻差の3着に6番人気のエアスピネルが入った。皐月賞に続くG1制覇が期待されたディーマジェスティは4着だった。

4月の皐月賞では3着、5月のダービーでは2着と、これまであと一歩のところでG1タイトルに届いてかなかったサトノダイヤモンド。悲願のG1制覇となった。全戦績は7戦5勝。重賞は3勝。

 

さて、競馬予想の反省に移りましょう。いやーっ、強かったですね。距離の壁も無いような走りです。ルメール騎手も直線に入っても持ったままで我慢してくれました。
3,000メートルは、人馬一体でなければ勝つことはできませんからね。

それにしても、ディーマジェスティは、直線で伸びることができませんでした。
やはり、距離の問題でしょうか?

菊花賞の反省は、ありませーん。
しかし、レインボーラインとエアスピネルでこの配当であれば、よくついたと思います。

菊花賞結果 出典:JRA
菊花賞結果 出典:JRA

『勝手にガチ勝負!?』で、デイリー豊島俊介記者を、またまた撃破!!

先週の秋華賞では、決着がつかなかった競馬予想この企画。
菊花賞を舞台に再戦となりました。

結果は、御存じのとおり、1着がサトノダイヤモンドということで、またまた、ハイブリッドウイナーが勝利をもぎ取ることができました。
まったく競馬記者には負けませんね。
しかも、ハイブリッドウイナーは、この菊花賞でパーフェクト的中を達成です。
特においしかったのが、3連単。サトノダイヤモンドが勝って約7万円の配当ですから、よくつきました。
ありがとうございます。



そしてエアスピネル。やはり、武騎手の騎乗は素晴らしいということですね。
知らない間に内からスルスルと先頭に立ちました。惜しくも3着ですが、ハイブリッドウイナーの狙い通りです。
そして、単穴に推奨したジュンヴァルカンは、出遅れて後方になってしまいましたね。
これでは、いくらデムーロマジックを繰り出しても勝てませんね。次に期待しましょう。
2着に入ったレインボーラインは、さすがに長いところが良いようです。
2着は立派です。

3連単:3-11-13 69,380円 的中

■豊島俊介記者の菊花賞予想

◎ジョルジュサンク(幸):15着
〇ディーマジェスティ(蛯名):4着
▲サトノダイヤモンド(ルメール):1着

■ハイブリッドウイナーの菊花賞予想

◎サトノダイヤモンド(ルメール):1着
〇ディーマジェスティ(蛯名):4着
▲ジュンヴァルカン(デムーロ):10着

そして、来週は、天皇賞(秋)です。こちらも予想し甲斐のあるレースです。必ず的中させたいと思っています。
そしてそして、11月に入れば、地方競馬の川崎競馬場では、JBCクラシック(JpnⅠ)、JBCスプリント(JpnⅠ)、JBCレディスクラシック(JpnⅠ)。
1日3レースもJpn1レースが開催されます。

JBCクラシック(JpnⅠ)
JBCクラシック(JpnⅠ)

海外では、11月1日(火)メルボルンカップ。
11月5日(土)ブリーダーズカップフィリー&メアターフと忙しくなりそうです。
もちろん、可能な限りハイブリッドウイナーを使った競馬予想を公開していきたいと思っていますので、お楽しみに。

また、レジまぐのハイブリッドウイナー徹底活用馬券術《ブログ》では、ハイブリッドウイナーの予想と買目、その競馬予想方程式の秘密も公開していますので、有料になりますがあわせて購入もよろしくお願いします。

天皇賞(秋)2016では、『勝手にガチ勝負!?』を拡大版でお届けしたいと思います。
と、言っても土曜日のウイニング競馬の準レギュラーのいつもの二人、東スポの虎石晃記者とデイリースポーツの豊島俊介記者とのダブル競馬予想対戦です。

東スポ 虎石晃記者
東スポ 虎石晃記者

■虎石晃記者プロフィール
東京スポーツ記者。2012年暮れに「10週中9週で馬単収支プラス」という離れ業をやってのけた、その予想力はもはや業界随一との声も。
13年以降も広範な取材網と高度な構想力で低配当から高配当まで縦横無尽に的中レースを量産している一方で、テレビ東京“ウイニング競馬”での軽妙トークから「芸人殺し」との異名を取っているのは知る人ぞ知るところ
『今だから出来る東スポ虎石晃のWIN5傾向と対策 過去3年のWIN5データを収録! 競馬道OnLine選書』より

そして、その東スポの馬券野郎・虎石晃記者が、
トレセン生情報をほぼ日刊でお届けする
虎石晃コラム「トラセン日誌」も、参考にしてみてはいかがですか?
http://www.hicchu.net/column/toraishi/

%e8%99%8e%e7%9f%b3

そして、ウイニング競馬で思い出しましたが、
人気の鷲見玲奈アナウンサーが、東スポ(ダイスポ)に登場します。
そのタイトルは、『鷲見玲奈のメガネにかなったお馬たち』。
G1の新企画ということで、菊花賞は、ディーマジェスティとカフジプリンスが鷲見アナのメガネにかなったお馬さんだったようです。
これからも、この競馬予想記事をピックアップしていこうと思います。

テレビ東京 鷲見玲奈アナ 出典:ウイニング競馬
テレビ東京 鷲見玲奈アナ 出典:ウイニング競馬

■鷲見玲奈アナプロフィール
身長は161cm。
巨乳である事がよく話題になる。
特技は詩吟。始めたのは3歳の頃で、大学時代は東京大学詩吟研究会に所属していた。
大学時代にシェリーズ・エンタテインメントに所属して芸能活動を行っていたことがある。かどや製油・純正ごま油のTVCM、テレビ朝日『お願い!ランキング』などに出演。
2015年1月に『ウイニング競馬』担当になってからメガネをかけて番組に出演するようになったが、本人によれば『これはキャラ付けをするのではなく、入社してから視力が低下したことと、競馬中継でオッズなどを読み間違えたら困るのでメガネを掛けることにした』とのことである。また、入社以来ずっと黒かった髪も茶色に染めるようになった。
出典:ウィキぺディア

こちらから動画もご覧いただけますよ。
http://ablog.tv-tokyo.co.jp/sumireina/profile.html

では、引き続き良い馬券生活を!!

■こちらの競馬予想記事もぜひお読みください。
ハイブリッドウイナーで京都11R 菊花賞G1を攻略しましょう!!
ハイブリッドウイナーで東京11R 富士ステークスを攻略しましょう!!
秋華賞は、残念な結果となりましたが、ジュエラーの末脚に復活の兆しあり。
ハイブリッドウイナーで京都11R 秋華賞G1を攻略しましょう!! 狙いは、桜花賞馬のジュエラーです。
ハイブリッドウイナーで東京11R 府中牝馬ステークスをゲットしましょう!! 狙いは、1枠1番のマジックタイム!!

■有名な競馬記者と勝手に馬券勝負をする『勝手にガチ勝負!?』の結果もご覧ください。
⇒『勝手にガチ勝負!?』で、デイリー豊島記者を、またまた撃破!!
⇒3戦3勝!! デイリースポーツの穴王子、豊島記者にも勝ってしましました!!
⇒東スポ虎石記者 第2回戦 ありがとうございます。またまた、勝ちました!!
⇒東スポ虎石記者 第1回戦 もちろん、東スポ虎石さんにも完勝です。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬 ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


投稿者:

ハイブリッドウイナー開発委員会

2016年にハイブリッドウイナーを開発。調教・騎手・レース・期待値から、HW値を導き出すことで、穴馬から本命まで、幅広く軸馬を見つけ出すことができるようになりました。みなさんと一緒にこのハイブリッドウイナーを使って、ワクワクした週末をぞんぶんに楽しみたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です