ソウルスターリングが強い競馬を見せましたね。ハイブリッドウイナーはパーフェクト的中です!!


競馬予想のレジまぐ

阪神ジュベナイルフィリーズでパーフェクト的中達成です。今後、フランケル産駒に大注目です。

どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。

ジュベナイルフィリーズは、フランケル産駒ソウルスターリングが見事に制しました。
しかし、話題になったお父さんのフランケルってどんな競走馬だったのでしょうか?



■フランケル
フランケル。イギリスの元競走馬で「21世紀最強馬」といわれている。
おもな勝ち鞍は2010年のデューハーストステークス。
2011年の2000ギニー、セントジェームズパレスステークス、サセックスステークス、クイーンエリザベス2世ステークス。
2012年のロッキンジステークス、クイーンアンステークス、サセックスステークス、インターナショナルステークス、チャンピオンステークス。
14戦無敗でまったく底を見せないまま引退。
種牡馬になっても初年度から世界各国に活躍馬を送り込んでいる。
その”モンスター”の遺伝子が、ソウルスターリングやミスエルテという形になって日本競馬にも大きな影響を及ぼそうとしている。

フランケル号
フランケル号 出典:ウィキペディア
フランケル競走成績
フランケル競走成績 出典:ウィキペディア

恐ろしい馬です。
今の日本競馬は、サンデーサイレンスの血を受け継ぐ子供達の天国となっていますが、ここにきてこのフランケルの血統が、日本の競馬を変えるのでしょうか?
現在のフランケルの子供たちは4頭。
その中でも2頭がすでに活躍しており、まずは、牝馬ながら朝日杯FSの参戦を決めたミスエルテが代表格。
阪神芝1,600メートルの新馬戦で勝ち上がると続くファンタジーSは後方一気の競馬で快勝。母ミスエーニョは09年デビュターントS・米G1の覇者という血統です。
なかなかやんちゃな競走馬のようですね。


そして、もう一頭が今回阪神ジュベナイルフィリーズでG1をゲットしたソウルスターリングです。
こちらは新馬戦、アイビーSを連勝。母スタセリタは09年仏オークス、ヴェルメイユ賞などG1 6勝の名牝です。

しかし、日本は現在サンデーサイレンスやディープインパクトの子供達であふれている状態。
このままでは、世界に通用する競走馬の出現は頭打ちの状態であったことも事実です。この新たな血統が、また一つ凱旋門賞の勝利に近づくものであると期待しています。

さて、阪神ジュベナイルフィリーズの反省に移りたいのですが、残念だったのは、ハイブリッドウイナーが本命に推奨したディーパワンサが、うまいレースをしたにも関わらず4着になってしまったことです。
さすがにソウルスターリングには、これからも勝てる気がしませんが、良い競走馬であることには違いありませんので、これからも注目したいと思います。
そして、出遅れたリスグラシューも最後の直線では素晴らしい脚を見せてくれました。
出遅れが無ければあわやということも・・・。
桜花賞での再戦に期待しましょう。

阪神JF 競馬予想ボード
阪神JF 競馬予想ボード

ジュベナイルフィリーズの反省点は、特にありませんが、人気馬3頭で決まったしまいましたので、あまり馬券的には、おいしくなかったところですか。
しかし、パーフェクト的中でしたので、良しとしますか。

久しぶりに当り馬券を掲載しておきます。

阪神JF単勝的中馬券(280円)
阪神JF単勝的中馬券(280円)

ソウルスターリング怪物産駒で世界初G1/阪神JF

1番人気に推された怪物フランケル産駒のソウルスターリング(藤沢和)が、2歳女王に輝いた。勝ちタイムは1分34秒0。母にも騎乗したクリストフ・ルメール騎手(37)に導かれ、同産駒で世界初のG1ウイナーとなった。管理する藤沢和雄師(65)は98年スティンガー以来のV。皐月賞、ダービーの登録もしているが、初マイルでの快走劇にうれしい悲鳴だ。

473メートルの長い直線。注目のフランケル産駒が内ラチ沿いから悠々と抜け出してきた。ソウルスターリングは残り1ハロン手前で先頭に立つと高低差1・8メートルの急坂を力強く駆け上がる。レーヌミノルを置き去り、外から最速上がりで伸びたリスグラシューを抑えてのゴール。史上2人目の連覇、この日6勝の固め打ちでリーディング首位に立ったルメール騎手が「強かったね。いいポジションを取った後、馬はリラックスしていた。ずっと自信があった」と胸を張れば、藤沢和師も「スタートも良かったし落ち着いていたからね。4コーナーを回って、随分余裕もあった」と期待通りの完勝に笑みがこぼれた。

14戦無敗のフランケル産駒。母スタセリタは仏米でG1・6勝。夢の16冠ベイビーだ。現役最多の1333勝、14年天皇賞・秋(スピルバーグ)以来のG1・23勝目を挙げた名伯楽が「来た時からオッと思うようなところがあった。お母さんもあまりにいい馬だから見に行ったよ」と入れ込み、母で仏オークスなどG1・3勝の鞍上も「フランスで乗っていたからスペシャルな馬。長い脚、大きな跳び、髪の色、お母さんに似ている」と大きな期待を胸に秘めていた。バブルガムフェロー、タイキブリザードなどを担当した手島正勝厩務員も「知らない人は最初男馬だと思ったみたい。あか抜けたいい馬だよね」。携わる誰もが夢を膨らませていたが、無傷の3連勝で期待に応えた。

陣営は無限の可能性を見据え、すでに皐月賞、ダービーに登録済みだが、初マイルでの完勝劇に「1600メートルもいいなと思っちゃったよ。オーナーと相談して決めます」(藤沢和師)とうれしい悲鳴を上げた。師が「スピードがありすぎるから」とうなる速力を父から、「米の競馬でも強かった。似ているよね」という中距離適性、スタミナを母から継承した。非凡な二刀流の資質を秘めた大器に、来春の路線決定で頭を悩ませることになりそうだ。その圧倒的な勝ちっぷりに、「いつも人気にしてもらって人気通りに結果が出て良かった。素晴らしい馬。いいペースで行けるし、スタミナもある。来年ももちろん楽しみです」と師の絶賛は止まらない。フランケル産駒で世界初のG1制覇。ソウルスターリングが歴史にその名を刻んだ。

出典:日刊スポーツ

続いては、お待ちかねの『勝手にガチ勝負!?』阪神ジュベナイルフィリーズステージの結果発表です。

『勝手にガチ勝負!?』は、ハイブリッドウイナーの勝利で良いですか?

勝手にガチ勝負ロゴ

まずは、各予想の結果から。難しい決着になりますが、まあ、安い配当なので、鷲見アナ以外は、的中ということにしておきましょうか・・・。

■ハイブリッドウイナー ジュベナイルF競馬予想
◎ディーパワンサ(シュタルケ) 4着
〇ソウルスターリング(ルメール) 1着
▲レーヌミノル(蛯名) 3着

■東スポ虎石晃記者のジュベナイルF競馬予想
◎リスグラシュー(戸崎圭) 2着
〇アサトノアリシア(池添) 7着
▲ソウルスターリング(ルメール) 1着

■デイリー豊島俊介記者のジュベナイルF競馬予想
◎ヴゼットジョリー(和田) 5着
〇リスグラシュー(戸崎圭) 2着
▲レーヌミノル(蛯名) 3着

■AKBこじはるさんのジュベナイルF競馬予想
★リスグラシュー(戸崎圭) 2着
☆ソウルスターリング(ルメール) 1着
☆レーヌミノル(蛯名) 3着
☆ショーウェイ(松若) 13着
☆ヴゼットジョリー(和田) 5着

■テレ東鷲見玲奈アナのジュベナイルF競馬予想
★リスグラシュー(戸崎圭) 2着
☆ジューヌエコール(バルザローナ) 11着
☆ソウルスターリング(ルメール) 1着
☆ヴゼットジョリー(和田) 5着
☆アリンナ(田辺) 8着

今週末は、牝馬ながら朝日杯フューチュリティステークス(GI)に出走予定のフランケル産駒のミスエルテの走りに注目です。
ミスエルテ(牝2、栗東・池江泰寿厩舎)は怪物フランケルの初年度産駒で、新馬戦では最後まで持ったまま。
ファンタジーSも出遅れながら突き抜けて完勝していますので、牡馬を相手にどこまでやってくれるのでしょうか?
また、注目のフューチュリティステークスのサイン馬券も検討していきたいと思っていますので、今週もよろしくお願いします!!
いやーっ、楽しみですね。

2016年の今年を象徴する漢字は、『金』となりました。これは、有馬記念のサインです。

毎年行われている今年を象徴する漢字1文字
今年は、『金』です。
トランプ次期大統領のサイン馬券が猛威を振るいましたが、今年の有馬記念のサイン馬券は、やはりこの『金』が関係するはずです。
そうなるとやはり、ゴールドアクターが怪しくなるのではないでしょうか?
去年の有馬記念を勝ってその力を見せつける結果となりましたが、なかなかその後のG1を取れないゴールドアクターですが、得意な有馬記念で、2年連続勝利となるのでしょうか?

2016年今年の漢字『金』
2016年今年の漢字『金』
ゴールドアクター号
ゴールドアクター号

また、レジまぐのハイブリッドウイナー徹底活用馬券術《ブログ》では、ハイブリッドウイナーの競馬予想と買目、その競馬予想方程式の秘密も公開していますので、有料になりますがあわせて購入もよろしくお願いします。

では、引き続き良い馬券生活を!!

■こちらの競馬予想記事もぜひお読みください。
ハイブリッドウイナーで阪神11R 阪神ジュベナイルフィリーズG1を攻略しましょう!!
ハイブリッドウイナーで阪神11R チャレンジカップを攻略しましょう!! 大波乱必至です。
香港カップでサイン馬券は激走するのか? やはりクイーンズリングに魅力を感じますね。
マジですか?? テレ東鷲見アナがウイニング競馬卒業!!
なるほど、チャンピオンズカップのサイン馬券はASKAでしたか? そこまでは気が回りませんでした。

■有名な競馬記者と勝手に馬券勝負をする『勝手にガチ勝負!?』の結果もご覧ください。
⇒虎石晃記者、豊島俊介記者のダブルガチ勝負で完勝です!!
⇒『勝手にガチ勝負!?』で、デイリー豊島記者を、またまた撃破!!
⇒3戦3勝!! デイリースポーツの穴王子、豊島記者にも勝ってしましました!!
⇒東スポ虎石記者 第2回戦 ありがとうございます。またまた、勝ちました!!
⇒東スポ虎石記者 第1回戦 もちろん、東スポ虎石さんにも完勝です。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬 ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


投稿者:

ハイブリッドウイナー開発委員会

2016年にハイブリッドウイナーを開発。調教・騎手・レース・期待値から、HW値を導き出すことで、穴馬から本命まで、幅広く軸馬を見つけ出すことができるようになりました。みなさんと一緒にこのハイブリッドウイナーを使って、ワクワクした週末をぞんぶんに楽しみたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です