帝王賞2017は、藤井四段の29連勝がサイン馬券となりそうです。


帝王賞は、将棋ブーム、藤井ブームで何か起こりそうです。

どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。


競馬ブログランキングへ


中央競馬ランキング
いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

今日、6月26日。将棋界に激震が走りました。
前人未到の29連勝を藤井四段が成し遂げました。竜王戦の初戦となった本局ですが、増田四段の有利な局面を打破し、快挙となりました。
14歳の藤井四段は、どこまで、この記録を伸ばしていくのでしょうか?
若いだけに、これからの活躍が楽しみです。

将棋の史上最年少棋士で、デビュー戦以来無敗の藤井聡太四段(14)が26日、東京都渋谷区の将棋会館であった竜王戦決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段(19)に勝ち、歴代単独1位となる29連勝を達成した。藤井四段は、神谷広志八段(56)が1987年に達成した公式戦連勝記録の28を30年ぶりに塗り替え、新記録を打ち立てた。

藤井聡太四段(14)

出典:毎日新聞

そして、28日に大井競馬場で開催される帝王賞2017は、必ずこのニュースがサイン馬券となると思われます。
その帝王賞の出走馬から見ていきましょう。

しかし、その前に中央競馬の上半期の総決算である宝塚記念反省と行きましょう。
断然の1番人気となったキタサンブラックが、9着に敗れました。
どうしてというため息が、いたるところから聞こえてきそうですが、ハイブリッドウイナーは、この波乱を想定していました。
そして、1着になったサトノクラウン単穴推奨。そして、3着に来たミッキークイーン対抗に推奨していました。
本命に推奨していた、シャケトラは、残念ながら4着となってしましましたが、想定内の結果となったのです。

レースを見る限り、キタサンブラックは、道中集中力を欠いているようでした。
どことなくチグハグなレースになっていたように見えました。
やはり競馬に絶対は無いのです。なんども繰り返しこのようなことは起こるのですが、レース前にはどうしてもそう思えないのです。
しかし、ハイブリッドウイナーを徹底活用するうちに、この呪縛から逃れることができるようになりました。
おかげさまで、今回の宝塚記念的中させることができました。
キタサンブラックが、凱旋門賞に進まないかもしれないという噂も流れていますが、ぜひ、サトノダイヤモンドとともに。チャレンジしてほしいですね。

では、大井競馬場11R 第40回 帝王賞(JpnI)の出走馬に移りましょう。

帝王賞出馬表 出典:ウマニティ

今年の帝王賞は、ドバイ帰りのアウォーディー、アポロケンタッキー、そしてゴールドドリームと、面白いメンバーが揃いました。

■アウォーディー

前走のドバイワールドカップで世界最強馬アロゲートを相手に5着という結果。
世界の壁は高かったのですが、その力は本物です。武豊騎手が騎乗するだけに勝利に一番近い馬ではないでしょうか。

■アポロケンタッキー

私が好きな馬の1頭です。力的にも十分なものを持っていますので、アウォーディーに勝てるとしたらこの馬ではないでしょうか。

■ケイティブレイブ

平安ステークスで5着と頑張ったケイティブレイブ。直線では脚が上がってしまったものの、その粘りには、強さを感じました。

■サウンドトゥルー

フェブラリーステークスで8着と残念な結果ではありましたが、チャンピオンズカップでは、アウォーディーを破って優勝。しかしその後は惜敗を繰り返えす結果に。ただし、大井競馬場では馬券圏外が無く安定しているだけに、楽しみです。

■ゴールドドリーム

フェブラリーSを優勝。続くドバイ遠征は14着と惨敗となりました。距離に対する不安がありますが、そこを克服できれば好勝負になるかもしれません。

明日には、ハイブリッドウイナーによる徹底予想を公開しますので、お楽しみに!!
そして、帝王賞は、なんといってもサイン馬券です。
今回のCMやポスターには、モデルのローラとオリエンタルラジオが共演しています。
しかし、今回ばかりは、この3人がサインとは思えませんね。
なんといっても帝王賞サイン馬券は、今注目の藤井四段でしかありません。

帝王賞 ローラ&オリラジ

そうなると怪しい数字が29連勝29です。

2番といえば、アウォーディー。9番は、笠松のメイショウソレイユです。これは、サインなのでしょうか?
まだまだ、検討が必要ですね。
これまた、明日をお楽しみに!!



また、アンケートへの参加もよろしくお願いします!!

では、引き続き良い馬券生活を!!

■こちらの競馬予想記事もぜひお読みください。
阪神11R宝塚記念G1を攻略しましょう!! 狙いは、シャケトラの一発です。
ハイブリッドウイナーで函館11R大沼Sと東京11R夏至Sを攻略しましょう!!
ハイブリッドウイナーで函館11R函館SSと東京11RユニコーンSを攻略しましょう!!

にほんブログ村 競馬ブログへ

■有名な競馬記者と勝手に馬券勝負をする『勝手にガチ勝負!?』の結果もご覧ください。
⇒虎石晃記者、豊島俊介記者のダブルガチ勝負で完勝です!!
⇒『勝手にガチ勝負!?』で、デイリー豊島記者を、またまた撃破!!
⇒3戦3勝!! デイリースポーツの穴王子、豊島記者にも勝ってしましました!!
⇒東スポ虎石記者 第2回戦 ありがとうございます。またまた、勝ちました!!
⇒東スポ虎石記者 第1回戦 もちろん、東スポ虎石さんにも完勝です。

にほんブログ村 競馬予想(会員募集)

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

PVアクセスランキング にほんブログ村


競馬ブログランキングへ

ブログ王ランキングに参加中!

ハイブリッドウイナーで京都11R天皇賞(春)を攻略しましょう!!


サトノダイヤモンドとキタサンブラックの名勝負を期待しましょう。

どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。

青葉賞2017は、パーフェクト的中となりましたが、1番人気のアドミラブルが差し切って楽勝。タイムもこれまた良かったようで、さすが競馬関係者が絶賛する競走馬ですね。
もしかしたら、アドミラブルが日本ダービーを勝つことになるのでしょうか。

本命のアドミラブルが1着になってくれたのはうれしい事ですが、できれば、今回は遠慮してほしかったですね。
まあ、2着に人気薄のベストアプローチ、3着にアドマイヤウイナーが来てくれたのでなんとかプラスになりましたが、正直苦しい戦いでした。

天皇賞(春)2017特集

天皇賞(春)も、サトノダイヤモンドキタサンブラックが抜けた存在ですので、なかなか馬券的にはうまみがありそうにないですね。

では、天皇賞(春)2017の予想とまいりましょう。

ハイブリッドウイナーが本命としたのは、15番のサトノダイヤモンドです。

天皇賞(春) 競馬予想ボード

やはりサトダイさんには逆らえませんね。
調子も万全なようで、死角がありませんね。ルメール騎手に託しましょう。

そして、対抗は、なんと16番のレインボーラインです。
デムーロ騎手が何とかしてくれるかもしれません。
また、前走は、出遅れが響き、シャケトラの4着となりましたが、すんなりレースができれば、
まだまだ期待できそうです。

天皇賞(春) ハイブリッドウイナー競馬予想

単穴は、3番のキタサンブラックです。
盾男の武豊騎手であれば、もしかしたらサトノダイヤモンドをおさえて1着もありますね。

気になる馬は、シャケトラでしたが、3番人気とかなり人気になってしまったので、狙いにくくなってしまいました。

ちなみに、東スポの虎石晃記者の本命は、キタサンブラック。対抗は、シュヴァルグラン
そして、デイリーの豊島俊介記者の本命は、シュヴァルグラン。対抗は、アルバートです。
シュヴァルグランをかなり重視されているようですね。

では、引き続き良い馬券生活を!!

■こちらの競馬予想記事もぜひお読みください。
ハイブリッドウイナーで東京11R青葉賞を攻略しましょう!!
東京11RフローラSと京都11RマイラーズCの反省会です。
東京11RフローラSと京都11RマイラーズCを攻略しましょう。

にほんブログ村 競馬ブログへ

■有名な競馬記者と勝手に馬券勝負をする『勝手にガチ勝負!?』の結果もご覧ください。
⇒虎石晃記者、豊島俊介記者のダブルガチ勝負で完勝です!!
⇒『勝手にガチ勝負!?』で、デイリー豊島記者を、またまた撃破!!
⇒3戦3勝!! デイリースポーツの穴王子、豊島記者にも勝ってしましました!!
⇒東スポ虎石記者 第2回戦 ありがとうございます。またまた、勝ちました!!
⇒東スポ虎石記者 第1回戦 もちろん、東スポ虎石さんにも完勝です。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬 ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!

東京11RフローラSと京都11RマイラーズCの反省会です。


先週は、良いところがありませんでした。大いに反省が必要です。

どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。

ゴールデンウィークも近づいてきましたが、北朝鮮の件で、なんか落ち着きませんよね。本当に困ったものです。平和に競馬ができることって幸せなことですね。いつもまでもこの幸せが続いてほしいものです。おまけに的中続きだともっと幸せなのですが・・・。

そして、競馬だけでなくパチスロも不調です。
一時期パチスロ牙狼で、かなり勝たせていただいたのですが、今では、なかなかARTに入らないばかりか、そのパチスロ台自体が撤収されて少なくなっている状況です。
なのでとは言いませんが、今は、パチスロジョーズを集中的に打っています。

パチスロ ジョーズ

しかし、このジョーズもド派手な演出で面白いのですが、ボーナス単体では48枚しか獲得できません。
当りやすくはなっているのですが、さすがに5回も6回もARTに入ってくれないと、気持ちが折れてしまいますね。

たまたま初めて打った時にフリーズを引いてしまったのが運のつきで、今ではなかなかARTでも出玉を伸ばせないのですが、はまってしまっています。

そのため競馬にも悪影響が出ているのかもしれませんね。
最近まで、競馬は調子よく数十万円勝っていただけに、早く復活したいと思っています。

しかし、フローラSは、散々でした。少し気になっていた人気薄のモズカッチャンに勝たれてしまうとは・・・。
これでは、当りようがありません。撃沈です。

そしてもう一方のマイラーズカップもイスラボニータに勝たれてしまっては、ダメダメです。
2着になんとか対抗のエアスピネルが来てくれたので、馬券としては的中しましたが、勝負には負けてしましました。
大いに反省したいと思います。土曜日から、本当に悪い流れになってしましました。トホホ。

さて、今週末の土曜日は東京で青葉賞2017。日曜日は、京都で天皇賞(春)2017と香港のシャンティ競馬場では、クイーンエリザベスII世カップ2017(G1、芝2000m)が開催されます。

とにかく、この3レースで4月も終わってしまいますので、しっかり大穴的中を狙いたいと思っています。
パソコンが絶不調ですので、早く購入資金を貯めなくては。(心の声です)

天皇賞(春)2017特集

さすがに天皇賞(春)ですね。
出走するメンバーがキラキラしています。その中でもサトダイさんは、抜けているのではないでしょうか?
凱旋門賞でも必ず良い成績を残してくれそうな競走馬ですから天皇賞(春)もあっさり勝ってもおかしくはありません。

天皇賞(春) 出走予定馬 出典:JRA

また、盾男と言えば武豊騎手ですから、キタサンブラックだって負けてはいられないでしょう。
きっとキタサンブラックも良いレースをするのでしょうね。そうなると馬券の妙味はなくなりますね。

馬券的に言えば、面白くしてくれそうなのがシャケトラではないでしょうか?

シャケトラ号 出典:JRA

デビュー2戦目のソエで3着。前々走の日経新春杯(2着)はスタート直後の鞍ズレと、敗れた2戦には明確な敗因がありますし、前走の日経賞では、好走しての1着ですので、もしかしたらもっと走れる馬なのかもしれません。
少し期待ができそうですね。まあ、この天皇賞(春)は、このシャケトラの走りを見るだけでも面白いかもしれません。

では、引き続き良い馬券生活を!!

■こちらの競馬予想記事もぜひお読みください。
東京11RフローラSと京都11RマイラーズCを攻略しましょう。
福島11R福島牝馬Sを攻略して、PC購入資金を作りましょう!!
波乱の可能性がある中山11R皐月賞G1を攻略しましょう!!
アンタレスSで高配当を狙います。

にほんブログ村 競馬ブログへ

■有名な競馬記者と勝手に馬券勝負をする『勝手にガチ勝負!?』の結果もご覧ください。
⇒虎石晃記者、豊島俊介記者のダブルガチ勝負で完勝です!!
⇒『勝手にガチ勝負!?』で、デイリー豊島記者を、またまた撃破!!
⇒3戦3勝!! デイリースポーツの穴王子、豊島記者にも勝ってしましました!!
⇒東スポ虎石記者 第2回戦 ありがとうございます。またまた、勝ちました!!
⇒東スポ虎石記者 第1回戦 もちろん、東スポ虎石さんにも完勝です。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬 ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!

2017年1月の勝負レースは、昨年高額的中となった1月14日の愛知杯2017です。


2017年1月は、今年を占うレースがいっぱいです。

■2017年1月5日
中山競馬場 日刊スポ賞中山金杯

《展望》
シャドウパーティーが本命。人気はありませんが、内田騎手の騎乗に注目しましょう。
1着は、難しいとしても3着は可能性があります。
3連複で狙いたいですね。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
1番人気のツクバアズマオーが予定通の快走。シャドウパーティーが惜しくも4着と残念な結果に。
3着までに来てくれれば、3連複的中だっただけに残念です。

京都競馬場 スポーツニッポン賞京都金杯(的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーの本命は、デムーロ騎手が騎乗するアストラエンブレム。対抗は、福永騎手のブラックスピネルです。
最内枠を福永騎手がどのように乗りこなすのかがポイントとなりそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
1番人気を背負ったエアスピネルが快勝。2着には、ハイブリッドウイナーが対抗に推奨していたブラックスピネルが入るという惜しい結果になりました。

■2017年1月8日
京都競馬場 日刊スポシンザン記念

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、川田騎手の落馬負傷で、直前で武豊騎手に乗り替わったタイセイスターリー
対抗は、コウソクストレートとなりました。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
8番人気のキョウヘイが、最後に抜け出して1着に。
ハイブリッドウイナーが推奨したタイセイスターリーは、惜しくも2着。雨の影響があったか?
キョウヘイを購入できていなかったことが悔やまれます。

■2017年1月14日
中京競馬場 愛知杯(的中)

《展望》
雪の影響がどのように出るのでしょうか?
去年は、大穴を当てたこのレースだけに、今年もしっかり儲けたいところです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
マキシムドパリが、勝利。ハイブリッドウイナーの対抗が1着となる結果となりましたが、雪の影響で、前日にハイブリッドウイナーによる詳細な予想ができませんでした。

愛知杯 単勝的中馬券 500円

■2017年1月15日
中山競馬場 京成杯

《展望》
ハイブリッドウイナーの本命は、東スポの虎石晃記者もイチオシのバリングラです。
外枠に入ってしまいましたが、石橋騎手が、うまく乗ってくれれば、1着もありそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
東スポの虎石晃記者も推奨していたバリングラは、直線、良い脚を使いましたが、前がごちゃついてしまい結果5着まで。
すんなり前があいていれば、3着はあったかもしれません。
勝ったのは、1番人気のコマノインパルス

京都競馬場 日経新春杯 《中止》

寒波による積雪の影響で、中京と京都のレースは、中止となってしまいました。枠順の変更を行い、代替競馬として中京のレースは、1月16日に、京都のレースは、1月17日に開催されます。

■2017年1月17日
京都競馬場 日経新春杯(的中)

《展望》
開催が順延されたことで、各馬にどのような影響が表れるのでしょうか?
この順延によってさらに調子を上げたのが、ミッキーロケット。多くの支持を集める結果となり、1番人気となっています。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ミッキーロケットが、辛くもシャケトラの追撃をかわして1着に。さすが強いです。モンドインテロも良く頑張ってくれましたが、3着と言う結果となりました。代替競馬となったため、PADの資金がショートしてしまい、掛け金が少なくなってしまいました。これも仕方ありませんね。

日経新春杯 単勝的中馬券 290円

■2017年1月21日
タイパ競馬場 マカオ国際男女混合ジョッキーズC

マカオのタイパ競馬場で開催される「マカオ国際男女混合ジョッキーズチャレンジ」は、全3戦で男女6人ずつの計12人が参加。抽選による男女混成チームのポイントを競います。
日本からは、武豊騎手と藤田菜七子騎手が参戦。二人の騎乗に注目しましょう。

マカオ国際男女混合ジョッキーズチャレンジ武豊騎手および藤田菜七子騎手の騎乗成績について

http://www.jra.go.jp/news/201701/012106.html

■2017年1月22日
中京競馬場 東海ステークス(的中)

《展望》
2015年の東海Sを制したコパノリッキー。その後フェブラリーS、JBCクラシックで優勝しました。
まさに出世レースと言えるのではないでしょうか?
その中でも面白い存在は、ミツバです。もちろん昨年の優勝馬であるアスカノロマンも面白い存在ですが、ここのところ良いレースができておらず、ここで勝つのは難しいかもしれません。
また、最強世代と呼ばれる4歳馬からは、グレンツェントも出走予定しており、こちらも狙い目でしょう。
今回、ハイブリッドウイナーが狙うのは、人気薄の馬を本命に推奨しています。このところ調子を落としている同馬ですが、もともと実力のある馬ですので、復活に期待しましょう。
対抗は、8番グレンツェントです。
こちらは、1番人気となりそうですね。調子が良さそうですので、ここでも負けられないでしょう。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ハイブリッドウイナーが単穴に推奨していた人気薄のショウナンアポロンが逃げる展開になりました。最後の最後まで頑張ったのですが、結果4着。いやーっ惜しかったですね。グレンツェントは、さすが最強4歳世代だけあって、実力通りの走りを見せてくれました。強かったですね。リッカルは、全く良いところなく、最下位となってしまいました。どうしたのでしょう?なんとか単勝的中です。しかし、この成果は納得できません。しっかり東海Sの反省が必要ですね。

京都競馬場 アメリカJCC(的中)

《展望》
AJCCも、4歳馬のゼーヴィントに期待できそうです。また、シングウィズジョイは、エリザベス女王杯を12番人気ながら2着に好走したこともあり、人気になりそうです。
このレースは、日米の親善と友好を目的として、ニューヨーク・ジョッキークラブから優勝杯の贈呈を受け、1960年に中山競馬場の芝2000mのハンデキャップ競走として創設されました。
ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、13番のリアファルです。
前走の金鯱賞では、5着となってしまいましたが、シュミノー騎手への乗り替りが勝利をもたらしてくれそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ミライヘノツバサが良い感じで前に付けたレースとなりました。直線では、あわや1着もと思いましたが、タンタアレグリアが内から差して1着に。そして、人気のゼーヴィントは、2着となりました。残念ながらミライヘノツバサは、3着となって、何とか3連複が的中となりました。AJCCの反省は、3コーナーでズルズルと下がってしまったリアファルを本命にしていたこと。スタートを決めると、前に前にと推進していっていただけに、不可解です。騎乗したシュミノー騎手も理由がわからないようです。

■2017年1月25日
大井競馬場 TCK女王盃(的中)

《展望》
1枠1番のマイティティーが、本命となりました。
前走は、人気を裏切る形となりましたが、まだまだ底を見せているわけではありませんので、ここは頑張ってほしいですね。そして、対抗には、JRAの2016年尾リーディングジョッキー戸崎圭騎手が騎乗する7番ワンミリオンスがピックアップされました。
順調に勝利をあげており、期待できそうです。そして、対抗は、人気薄の10番ハナズリベンジです。どこまで食い下がるのでしょうか?
しかし、ホワイトフーガの大崩れは考えられないので、馬券としての購入は必要ですね。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨していたマイティティーは、残念ながらふがいないレースとなってしまいましたが、一方の対抗だったワンミリオンスが、ホワイトフーガをおさえて1着とありなりました。何とか的中することができましたが、結果的に大儲けとはいきませんでした。残念。しかし、平日に的中すると本当にうれしいですね。さあ、1月も残り1週です。得意なシルクロードステークスで、しっかり的中を狙います。

■2017年1月28日
東京競馬場 根岸ステークス(的中)

《展望》
昨年の根岸Sで重賞初制覇を果たしたモーニンは、次走のG1フェブラリーSを勝ってその名を轟かせました。
この根岸Sの勝者こそ、その年のダート王となる可能性が高いのです。
今年もベストウォーリアノボバカラニシケンモノノフコーリンベリーがそのG1の頂に向かって、このレースに出走します。
ハイブリッドウイナーの本命は、5番のベストウォーリアです。リーディングジョッキーの戸崎騎手に期待しましょう。しかも、このところ堅実な走りで、安定感抜群です。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
いやーっ、ベストウォーリアは、本当に惜しかったですね。
勝利はすぐそこでしたが、1番人気のカフジテイクにやられてしまいました。
さすが、福永騎手が選んだ馬だけのことはありましたね。しかし、ベストウォーリアの戸崎圭騎手は、ベストの追い出しだったですが、仕方ありません。
まあ、3連複の的中で満足するしかありませんね。

京都競馬場 シルクロードステークス

《展望》
ハイブリッドウイナーにとって、1月から2月にかけてのレースは、高配当が狙えるベストシーズンとなります。
特にこのシルクロードSは、以前に3連単や馬連などをあわせて80万近くの儲けを上げることができたレースでもあるだけに、ここからしっかり大穴を狙っていきたいと思います。
本当に、このレースからハイブリッドウイナーの快進撃が始まるといってよいでしょう。ブランボヌールソルヴェイグなどが面白そうです。

ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、前走不利を受けて大敗した馬ですが、馬体を整えての参戦ですので、期待しましょう。
対抗は、 1番人気の10番ネロです。
ハンデがかなり重いですが、力はありますので、良い勝負ができそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ブランボヌールは、大敗となってしまいました。敗因は、わかりませんが・・・。
しかし、ダンスディレクターは、昨年に続き連勝です。
得意レースなのでしょうか?3連単は、なかなか良い配当となりましたが、ハズしてしまっては、どうしようもありません。
2月は、ハイブリッドウイナーの最も得意な月に入りますので、ぜひ、ここで取り返したいと思います。


続いて、『競馬で儲けることってできるのかを実践するメールマガジン』のご案内です。

続きを読む 2017年1月の勝負レースは、昨年高額的中となった1月14日の愛知杯2017です。