2枠3番川田騎手騎乗のマカヒキに注目しました。

皐月賞2着のマカヒキは、ダービーでどんな走りを見せるのでしょうか?

ディープインパクト産駒のマカヒキは、昨年10月の新馬戦、1月の若駒ステークス、3月のGII弥生賞と無傷の3連勝を飾りました。
特に弥生賞では昨年の最優秀2歳のリオンディーズを差し切ったのですから、その強さは本物でしょう。
皐月賞では、後方追走からメンバー最速の上がり3ハロン33秒9、勝ったディーマジェスティから1馬身1/4差の2着となりました。
これで父ディープインパクト同様に、デビューから4戦連続で上がり3ハロン最速を記録しました。

正直なところ、弥生賞では、マカヒキを本命にして的中したということもあり、思い入れがある馬でもあります。
しかし、思い入れだけでは馬券で勝つことはできません。
平等な目で、残りの時間を使ってハイブリッドウイナーで予想していきたいと思います。

マカヒキ号
マカヒキ号

続きを読む 2枠3番川田騎手騎乗のマカヒキに注目しました。

今日は、サトノクラウンを考察しましょう。

ダービーに照準を合わせたサトノダイヤモンドの本気。

ルメール騎手が選んだのは、サトノダイヤモンド。
皐月賞で、ルメール騎手は、ダービー出走を考えた上で、サトノダイヤモンドを選んだと言います。
確かにその実力は、同じ3歳馬の中でも抜けており、その落ち着きやレース運びは、すでにベテランといってよいほどです。
鮮烈な勝ち方は少ないが、どのレースも順当に勝っている感じがします。

続きを読む 今日は、サトノクラウンを考察しましょう。

ダービーウィークなので、競馬ブログを毎日書いちゃいます。

予想が当たっても、馬券で負けることがあります。

ここ最近は、本当にイライラするレースが多くなっています。
もともと、毎年2月は、大きな配当が的中したり、思い通りのレース展開になることが多いのです。なぜかは、少しわかっていて、

1.ダートのレースが多い
2.強い馬がまだ出走してきていない
3.メインレースに大きなレースが無い

以上のことが要因となって、ハイブリッドウイナーの軸馬が当たり、さらに人気の無いヒモ馬が来るからだと思っています。
特に、シルクロードステークスは、毎年大得意で、60万馬券を的中したこともありました。
また、今年もゲットしましたがフェブラリーステークスも得意レースです。

しかし、クラシックのトライアルが始まってくると強い馬がどんどん出てくるし、トライアルなので太目をたたくために出てくるなどで、なかなか本線を絞れないということなのでしょう。
そのため、人気の無い軸馬を当てることができても、ヒモ馬に最下位人気の馬が3着に突っ込んできたりと、予想が当たっても、馬券が当たらない現象になってしまいます。

まさに、今がその裏目が出る状態です。
単勝を買えば、先日のビッシュのように惜しいレースで3着になったり、
3連単を買えば、3着に無印の馬が入ったり、
3連複を買えば、3着にも入らないなど、本当に裏目裏目でイライラします。

しかし、その中でもうれしいのは、ハイブリッドウイナーが推奨する本命や対抗馬が、良い走りをしてくれることです。

桜花賞のジュエラーやダイヤモンドステークスのトゥインクル、弥生賞のマカヒキ、フィリーズレビューのソルヴェイグ、中山牝馬ステークスのシュンドルボン、毎日杯のスマートオーディン、高松宮記念のビッグアーサー、船橋ステークスのサザナミなど、ワクワク、ドキドキ、おいしい思いをさせてくれました。
ハイブリッドウイナーが予想した馬たちが、直線で弾けるのを見るのは、本当に楽しいですね。
それに、そこそこ単勝のオッズがつくのですから、さらにうれしいです。

しかし、最近は、少しチグハグな馬券の購入になってしまっているようなので、少し、その辺を軌道修正したうえで、ダービーにのぞみたいと思います。

オークスで、ビッシュを狙った虎石さんも、私と同様に、ブログできっちり悔しがっていましたね。
そりゃーあのレースを見せられたら、ビッシュが勝ったと思うのは当然ですから。いや、本当に残念で、悔しいです。
まだまだ、ダービーが終わるまで、忘れることができそうにありませんね。

 

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

レジまぐ商品の購入はこちら!

競馬 ブログランキングへ

まだまだ、オークスを引きずっていますが、とにかく日本ダービーを目指します。

とにかく日本ダービーの週がやってきました。お祭りです。

オークスは、いまだに納得がいっていません。何度ビデオを見てもビュシュが勝っていたレースです。
やはり、抜けだすのが少し早かったのでしょうか?
強引に割ってきたシンハライト。流石に池添騎手も騎乗停止となり、ダービーのロードクエストに乗れなくなってしまいました。
しかし、シンハライトの強さは、本物なのでしょう。
また、一方のチェッキーノも、戸崎騎手のうまい騎乗があったからこそ、最後差してきたのでしょうから、仕方ないといえば、仕方ないのですが、ビッシュの1着があったかもと思うのは、私だけでしょうか?

また、対抗に推奨していたエンジェルフェイスも直線まで、ルメール騎手は手綱をもったままの楽な展開できたので、こちらももっと伸びそうに思いましたが、やはり、最初の1,000メートルが、少し早かったことが影響したのかもしれません。

続きを読む まだまだ、オークスを引きずっていますが、とにかく日本ダービーを目指します。

第77回オークスの結果報告と反省会になります。

オークスは、シンハライトが勝つ良いレースでしたが、ビッシュの好走に感謝。

良いレースでした。
率直に言えば、そうなります。強い馬が強いレースで勝つ。確かに良いレースです。
しかし、本当に残念でした。
正直に言えば、残念です。

続きを読む 第77回オークスの結果報告と反省会になります。

オークスも東スポの虎石晃記者と本命馬が同じに。

ハイブリッドウイナーは、7枠14番のビッシュを本命に推奨。

2強の争いといってもよい77回オークスですが、シンハライトとチェッキーノで簡単なレースとなるのでしょうか?
シンハライトの強さは、前走の桜花賞でも十分わかっていますが、あの直線を早めに抜け出すレースを見せられると少し不安を感じてしまうのも事実です。

今回、ハイブリッドウイナーが本命に推奨するビュシュは、シンハライトと同じディープインパクト産駒です。
前走のフローラステークスでは、スタート直後に他馬に挟まれる形になり、最後方からのレースとなってしまいました。
しかし、上がりタイムは最速のチェッキーノと同タイム。しかもまだまだ本気で走っていないとなれば、このオークスで、本気で走ってくれれば、1着も夢ではないはず。
しかも、またまた、本命の印が東スポの神と言われる虎石記者と同じになってしまいました。
前回のヴィクトリアマイルでは、対抗に推奨したクイーンズリングが虎石記者の本命で、まったく良いところなしでしたので、
多少の不安はありますが、これはこれで、同じ考えという安心感はありますね。

ビッシュ号
ビッシュ号

続きを読む オークスも東スポの虎石晃記者と本命馬が同じに。

オークスで、シンハライトやチェッキーノに勝つ馬は、この2頭です。

ジュエラーの回避で、シンハライトとチェッキーノのマッチレースとなるのでしょうか?

桜花賞で、叩き合ったジュエラーとシンハライト。結果は、ジュエラーが勝利したのですが、激走のためか、骨折と判明。
オークスへの出走は、回避となってしましました。
好きな馬だけに残念ですが、しっかり治して、また、復活してほしいですね。

さて、オークスの攻略に移りましょう。
まずは、ハイブリッドウイナーの予想を見ていただきましょう。

続きを読む オークスで、シンハライトやチェッキーノに勝つ馬は、この2頭です。

アウォーディーの回避で、波乱必至の平安ステークスで勝負です。

ダート1,900メートルの激戦は、どんな決着になるのか!?

京都のメインレースは、ダート1,900メートルの平安ステークスです。
断然の1番人気になるはずだったアウォーディーの回避で、押し出されるような1番人気となったアスカノロマン。
確かに堅実な走りで、ここ数レースは良い結果を出しています。
特にG1のフェブラリーステークスの好走3着は、記憶に新しいところ。

続きを読む アウォーディーの回避で、波乱必至の平安ステークスで勝負です。

ヴィクトリアマイルの反省をしましょう。

勝ったのは、ご存知の通りストレイトガールでした。いやーっ、鮮やかでしたね。流石、戸崎騎手です。

ヴィクトリアマイルは、去年に続きストレイトガールが快勝するという結果になりました。
いやーっ、最後の直線は、切れましたね。
あの走りをされると流石のミッキークイーンやショウナンパンドラも太刀打ちできません。

出典:JRA
出典:JRA
ストレイトガール号
ストレイトガール号

続きを読む ヴィクトリアマイルの反省をしましょう。

ヴィクトリアマイルは、戸崎騎手からルメール騎手に乗り替わったルージュバックを狙います。

まずは、完全的中した京王杯SCの結果報告と反省からです。

まずは、土曜日の結果報告から。
結果的には、馬単から3連単まで、すべての馬券が的中です。

京王杯SCレース結果
京王杯SCレース結果

しかし、もろ手を挙げて喜ぶことができませんでした。

なぜなら、狙いは、人気薄のエポワスとサザナミだったからです。

レースの予想としては、本命がサトノアラジン。対抗がロサギガンティアでした。
なので、ハイブリッドウイナーの予想は、ほぼ完ぺきと言うところです

サトノアラジンは、後方からレースを進めると直線ですごい足を使い、
一方、ロサギガンティアも内から伸びてきての2着を狙うも、外からサンライズメジャーが突っ込み、3着となってしましました。

レース前の展開予想では、人気馬に人気薄の馬が絡むだろうというところまで、しっかり予想できていましたが、
その人気薄馬が残念ながら違っていました。

エポワスは、人気通り16着。
前走良いレースをしたサザナミも11着がやっとという結果でした。
やはり、上位の力のある馬に勝つことは、相当難しいのでしょうね。痛感しました。

なので、当りはしましたが、なんとなく残念な結果になってしましました。

ここは、ヴィクトリアマイルでしっかり鬱憤を晴らしましょう。

続きを読む ヴィクトリアマイルは、戸崎騎手からルメール騎手に乗り替わったルージュバックを狙います。