天皇賞・秋の枠順が確定!! エイシンヒカリの武豊騎手は、1枠1番からどんなレースを組み立てるのでしょうか?

競馬予想のレジまぐ

天皇賞・2016秋の枠順が発表となりました。競馬ブログでは、さっそく競馬予想をしていきます。

どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。

とうとう天皇賞・2016秋の出馬表が公開となりました。
なんと驚きは、武豊騎手が騎乗する話題のエイシンヒカリが1枠1番に。
これは、逃げるエイシンヒカリにとっては、持ってこいの枠ですね。
かなり有利になったのではないでしょうか。



では、さっそく出馬表を見ていきましょう。

天皇賞・秋 出馬表 出典:JRA
天皇賞・秋 出馬表 出典:JRA

15頭立てになりましたね。
ちょうど良いぐらい頭数です。騎手にとってもレースがしやすいのではないでしょうか?
やはり注目するのは、エイシンヒカリの武豊騎手が、1枠1番に入ったことでです。
これによって、レースは、ほぼエイシンヒカリが作ることになったといっていいでしょう。

その反対にラブリーデイが大外になりました。
少し後ろから行きたいラブリーデイとルメール騎手にとっても、良いのではないでしょうか。
アンビシャスは、またまた横典騎手となったことで、なにかやってくれそうな予感がプンプンです。
そしてモーリスは、昨年から今年にかけて芝1600メートルのGIを 4連勝した現役屈指の競走馬ですので、この5枠8番でどのようにレースをしていくのかが見ものです。
しかも、ヤネは、香港マイルで1着になったムーア騎手ですので、心強いですね。

そして、その隣には、ルージュバックが入りました。
前走の毎日王冠では、豪快な末脚を発揮して優勝。
調子も万全で、牝馬での勝利を目指します。
戸崎圭騎手も、手ごたえを感じているのではないでしょうか。

アンビシャスも会面白いですね。
それに、アドマイヤデウス、ロゴタイプ、リアルスティール、ヤマカツエースなどなど、どの馬が勝ってもおかしくありません。
まさに競馬ランキングをつくったら、このレースに出走したきた馬たちが、ずらっと並びそうですね。

続きを読む 天皇賞・秋の枠順が確定!! エイシンヒカリの武豊騎手は、1枠1番からどんなレースを組み立てるのでしょうか?

田辺騎手の騎乗が光った安田記念を反省しましょう。

田辺騎手は、天才かばくち打ちのどちらかでしょう。

今回の安田記念のポイントは、やはり田辺裕信騎手の逃げがズバリと当ったところでしょう。
あそこまで、うまくやられてしまうと、本当に強かったと感じますが、逃げた馬は、そのレースがはまっただけで、その後のレースはマークされることで、なかなか勝てないということも良くあります。

田辺騎手は、奇襲ともいうべき戦法がうまくいったのだが、これも彼の「勝ち」に対する強い執念でしょう。
「躊躇なく行った。着を拾うのではなく、勝つにはどうすればいいかを考えていた」というように、
抜群のスタートからディサイファを制してハナに立ったロゴタイプは、すんなりと先頭に立つことができ、1000mを59.1秒と抜群のペースに落とし込むと、雨が降ったことで敬遠されていた最内を一頭だけで走り、勝利を呼び込んだ。

大本命のモーリスは、スタートから掛かり気味にポジションを上げ、2番手を進んだが、なかなか折り合うことができていなかった。
やはり、得意でない左回りで、手前をうまく替えることができなかったようです。

田辺騎手は、「ずっと厩舎の人たちと一緒に、どうやれば復活させることができるか考えてやってきて、大きな舞台で結果を出せたことが本当にうれしい」
「本当に頭のいい馬で、今回の作戦にも上手く対応できたんじゃないかと思います」
ロゴタイプにとっては3歳の皐月賞(G1)以来、3年2カ月ぶりの勝利となりました。これでG1を3勝となった。

3着に頑張ったハイブリッドウイナーの本命馬フィエロは、上がり3ハロン最速の「33.5秒」。
ルメール騎手が予定通り騎乗していれば、どうなっていたかとは言いにくいが、本当に残念な結果となりました。

田辺騎手
田辺騎手

田辺騎手は、目立ってはいないが、どちらかというと天才肌のジョッキーではないだろうか。
なので、狙ったレースは、本当にしぶいイメージがある。
2015年は、リーディング11位と言う結果だったが、今年は、9位とまだまだ上位を狙えるところにつけています。
また、その甘いマスクで、UMAJOたちを魅了しているようだ。

しかし、こんな騎乗をされては、せっかくモーリスとフィエロの2頭軸で、絞って狙っていた3連単をハズす結果になってしまいました。
馬にも騎手との相性というものがありますが、馬券を買う私たちも同じように騎手との相性がありそうです。
しかし、そんなことばかりしていると、キッチリ馬券がハズレてしまいますので、
みなさんも好き嫌いを作らないようにしましょうね。

 

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

レジまぐ商品の購入はこちら!

競馬 ブログランキングへ

ブログ王ランキングに参加中!

安田記念反省会。レースは、予想通りでしたが、ロゴタイプの逃げは想定外でした。

フィエロの狙いは間違いありませんでした。しかし、ロゴタイプの逃げに唖然。

いやー、惜しいレースでした。
それは、フィエロの好走です。スタート直後は、かかった感じでしたが、その後は、中段に。
直線に向くと、追い出しを送らせ、加速。外目をグングンと伸びて、あわやモーリスをかわすところまでの3着となりました。
ルメール騎手が騎乗していれば、どうだったかは定かではありませんが、当然1着になってもおかしくなかったかもしれません。

ただ、予想外だったのは、ロゴタイプの逃げ戦法です。
まさか逃げると思っておらず、かかって前に行ってしまったと思った各騎手は、少し控えた形になりましたね。
そこで、追い出しが送れて、ゴールまで捕まえきれなかったという感じでしょうか。まあ、最短距離をはしりましたしね。

勝利馬 ロゴタイプ号
勝利馬 ロゴタイプ号

また、断然の1番人気のモーリスは、スタートからすごい勢いで前に行きました。
Tベリー騎手も押さえるのに必死と言う感じ。これでは、最後に伸びませんよね。

第66回 安田記念の結果

1着:6 ロゴタイプ
2着:8 モーリス
3着:10 フィエロ

単勝:5 3,690円
複勝:5 520円
8 130円
10 450円
馬単:6-8 11,580円
3連複:6-8-10 14,990円 的中
3連単:6-8-10 153,560円

続きを読む 安田記念反省会。レースは、予想通りでしたが、ロゴタイプの逃げは想定外でした。