2017年5月の勝負レース


2017年5月は、今年もやってまいりました競馬の祭典日本ダービー!! 今年は、どんなレースになるのでしょうね。楽しみです。

競馬予想のレジまぐ

ついに今年も日本ダービーとオークスの季節がやってきました。競馬の祭典ですので、ダービーウィークは、競馬漬けでどっぷり楽しみたいと思います。

にほんブログ村 競馬予想(会員募集)

■2017年5月6日(土)
京都競馬場 11R京都新聞杯

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、4番のインヴィクタです。
人気は、現在のところ3番人気ですが、ルメール騎手の騎乗で非常に期待できそうです。そして対抗は、6番のゴールドハットです。
現在、絶好調の武豊騎手が騎乗しますので、人気はありませんが、やってくれそうです。単穴は、 2番のダノンディスタンスとなりました。
こちらも人気はありませんので、来てくれるとうれしいですね。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
土曜日の京都新聞杯2017は、残念な結果となりました。
インヴィクタは、良いところなく7着。対抗に推奨したゴールドハットも6着と、残念な結果となりました。
武豊騎手でも勝てないのですから仕方ありませんね。

■2017年5月7日(日)
東京競馬場 11RNHKマイルカップG1

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、1枠1番に入ったモンドキャンノです。
土曜日の京都新聞杯では、残念な結果となったルメール騎手に改めて期待したいと思います。対抗は、人気薄の12番ミスエルテです。
現在5番人気ですが、実力は充分ですので、川田騎手の好騎乗に期待したいと思います。単穴は、これまた人気の無い18番ガンサリュートです。
かなりの人気薄になっていますが、前走は度外視です。
調教も良いようですので、頑張ってもらいたいですね。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
アエロリットですか・・・。横典騎手が騎乗していたので、なにかあるかと思いましたが、まんまとやられてしまいました。しかも2着は、リエノテソーロとは・・・。

確かにリエノテソーロは、HW2と人気が無い割に高い数値でしたが、結果的にノーマークとなってしまいました。これでは当りませんね。

NHKマイルカップ2017は、難しいレースだとは思っていましたが、モンドキャンノもいい感じで前に付けることができていたのですが、直線はまったく内が伸びなかったですね。

しかし、さすが曲者の横典騎手です。しっかりアエロリットを勝たせるところはさすがベテランです。今週は、ハイブリッドウイナーが不発に終わってしまいましたが、来週のヴィクトリアマイルは、しっかり的中させたいと思います。



■2017年5月13日(土)
東京競馬場 11R京王杯スプリングC (的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、 4番のサトノアラジンです。
前走の香港カップでは、1番人気を背負うも結果は5着。
残念な結果となりましたが、その前の1,400メートルスワンステークスを勝っていることからも、今回の距離では負けられませんね。
また、川田騎手との相性もばっちりですので、大いに期待できそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
京王杯スプリングカップは、レッドファルクス単勝的中です。
残念ながら3連単と3連複は、不的中。2着のクラレントは買えませんでした。残念!!
3連単では、17万円とかなりついていたので、本当に残念です。

■2017年5月14日(日)
東京競馬場 11RヴィクトリアマイルG1

《展望》
今年のヴィクトリアマイルは、サイン馬券で取れるのではないでしょうか?今話題のゴルフ界のセクシークイーンアン・シネのサイン馬券が怪しそうです。

アン・シネ選手

やはり、今話題と言えば、アン・シネ選手でしょう。このブームにJRAが乗らないはずはありません。
そうなるとキーワード(サイン)は、『クイーン』ではないでしょうか?
ヴィクトリアマイル2017に出走を予定している『クイーン』の名を持つ競走馬は、3頭。
その中でも筆頭は、ミッキークイーンですね。そして、クイーンズリング、フロンテアクイーンも出走を予定しています。
やはり、その中でも実力が抜けているのは、ミッキークイーンでしょうね。

>>> 詳しくは、こちら >>>

今年のヴィクトリアマイル2017は、アン・シネのサイン馬券が爆発です!!

ミッキークイーン号

ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、なんとアン・シネサイン馬券の一頭でもある8番のクイーンズリングです。
しかも、そのHW値は、なんとHW21とズバ抜けています。
さらに現時点の人気は5番人気といい感じですので、これは是非とも当てたいところです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
大ハズレです。クイーンズリングは、残念ながら6着敗退。勝ったのは、ハイブリッドウイナーで4番手に推奨していたアドマイヤリードでした。馬場の影響が大きかったのでしょうか?3連単90万馬券の的中は無理としても、3連複の10万馬券はゲットしたかったですね。

いやーっ、残念です。

■2017年5月20日(土)
京都競馬場 11R平安ステークス (的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、15番のグレンツェントです。前走は、9着と人気を裏切ってしまいましたが、力は間違いなくありますので期待できますね。
ルメール騎手が騎乗ですから、間違いありません。

対抗は、武豊騎手が騎乗する4番のクリソライトです。
しっかり前に行ける馬ですので、武豊騎手も最適なペースでレースができそうです。
人気も落としているので、狙い時でしょう。
楽しみです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
平安ステークスでは、グレンツェンが10着と残念でしたが、対抗に推奨していたクリソライトの末脚はすごかったですね。
最後方をポツンと追走から、直線だけで、大外をごぼう抜きでした。1着になってくれれば、大的中だったのですが、あそこからではさすがに難しいですね。
でも、武豊騎手は素晴らしいですね。ほんと人気がなくても持ってきますよね。

■2017年5月21日(日)
東京競馬場 11Rオークス G1 (パーフェクト的中)

《展望》
桜花賞では、レーヌミノルが勝利を収めましたが、実力としては、ソウルスターリングが今度こそとなる可能性が大きそうです。しかし、何が起こるかわからないのが今年の牝馬クラシック戦線です。ヴィクトリアマイルでは、アン・シネ選手のサイン馬券が不発に終わりましたが、本番はオークスかもしれません。検討が必要そうですね。

アドマイヤミヤビ号

そして、そのヴィクトリアマイルそのものがサインだったとすれば、勝ったアドマイヤリードがサインとなり、アドマイヤミヤビも怪しいのではないでしょうか?

また、眞子さまのご結婚が発表されたこともあり、ますますアドマイヤミヤビが怪しいと思うのは、私だけでしょうか?

さらにさらに、前走の桜花賞の敗因の噂も流れており、アドマイヤミヤビの回りがなんだか騒がしくなっています。こんな馬が来るのが競馬なのですよね。

>>> 詳しくは、こちら >>>

東スポ紙面

ハイブリッドウイナーが、本命に推奨したのは、外枠16番のアドマイヤミヤビです。
前走は、残念な結果となりましたが、力はご存知の通りです。
今回の調教では迫力十分。また、もともとオークスを勝てる馬と競馬関係者が語っていたアドマイヤミヤビですので、その力を存分に発揮してもらいましょう。
デムーロ騎手、頑張ってください。

そして、対抗は、2番のソウルスターリングです。
桜花賞では大きな期待をされましたが、結果的に3着。馬場の影響もあったのでしょう。
良馬場ならば、力を発揮できますね。

単穴は、8番のホウオウパフュームです。前走は、1番人気ながら、8着と凡走。
今回は、アドマイヤミヤビ同様に調教も十分ですので、激走もありそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨したアドマイヤミヤビは3着。
対抗のソウルスターリングが、1着となったことで、結果的にパーフェクト的中となりました。

3連単:2-1-16  20,130円

嬉しいのは嬉しいのですが、やはり本命に推奨したアドマイヤミヤビに勝ってほしかったです。

■2017年5月28日(日)
東京競馬場 10R日本ダービーG1 (3連複的中)

《展望》
なんとなくでは、ありますが、今狙いたいのはスワーヴリチャードですね。今年の日本ダービーは、いつものような盛り上がりは少しありません。なぜなら突出した軸馬がいないからです。しかし、穴党にとっては、こんなダービーだからこその楽しみ方もありそうです。

スワーヴリチャード号

まず、サイン馬券から考えるとかなり難しいですね。ダービーに関係するような事件や出来事がなかなか思い当りいませんよね。ひとつ気になると言えば、イギリスで起きたテロですが、あまりいいニュースでもないですし、アメリカの同時多発テロと比べてしまうと、そこまでサインになりそうにありません。

よくあるプレゼンテーターからであれば、JRAのCMにも登場している松坂桃李さんの関連となるのでしょうが、桃から8枠という単純なものになってしまうので、そんな単純なものではないはずですよね。まだ少し時間はありますので、探ってみないといけませんね。

いやーっ、困った!! 困った!!
やはり、ここは、ハイブリッドウイナーの予想を信じて購入するしかありません。
ハイブリッドウイナーの予想に関しては、もう少し検討材料を入手する時間が必要ですので、今しばらくお待ちください。

>>> 詳しくは、こちら >>>

ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、なんと福永騎手が騎乗する13番のカデナです。
HW値は、HW10となっており、かなり期待できる数値です。
人気は現在6番人気です。福永騎手がうまく乗ってくれれば、直線でいい脚を使ってくれそうです。調教もバッチリですので、頑張って1着になってほしいですね。

対抗は、大外に入ってしまった18番のアドミラブルです。
HW9とカデナに迫る数値ですが、如何せん18番枠ですので、少し割引が必要になってきそうです。
ダービージョッキーを狙うデムーロ騎手にとっては、この大外の不利も吹き飛ばしてくれそうですね。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》

日本ダービー2017の結果報告と反省とまいりましょう。
いやーっ、正直スワーヴリチャードが勝つかと思いましたね。
直線では、外からジワジワと伸びていましたので、てっきり1着になるかと思いましたが、最後は、伸びきれませんでした。
それだけレイデオロが強かったわけですが、さらに残念だったのは、大外になってしまったアドミラブルです。
猛然と追い込んできましたが、やはり大外がこたえましたね。さすがのデムーロ騎手もどうしようもなかったですね。
枠がよかったらおそらく勝っていたでしょう。この馬は強くなりそうですね。次のレースが勝負レースになると思いますので、必ず購入したいと思います。
スワーヴリチャードも、馬体重が減ってしまっていたので、その影響もあったかもしれません。
この馬も次走期待しましょう。

>>> 詳しくは、こちら >>>

東京競馬場 12R目黒記念 (パーフェクト的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーは、12番のフェイムゲームを本命に推奨しました。
長いところはめっぽう強いフェイムゲームですが、2,500メートルは少し短いかもしれません。
この馬にしては、9番人気と人気を落としてしまいましたが、底力は充分持っていますので、ルメール騎手に期待しましょう。

対抗は、 2番のヴォルシェーブです。
戸崎圭騎手に乗り替わって、さらに安定しそうですね。
大魔神佐々木オーナーの馬は走りまから期待しましょう。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ハイブリッドウイナーが大爆発したのが、東京競馬12Rの目黒記念2017です。
結果は、パーフェクト的中!!
しかも、人気薄の本命馬フェイムゲームが1着となりましたので、大きく勝つことができました。フェイムゲームは、淡々と中段を追走すると、直線大外からジワジワ伸びてきます。
内では、さらに人気の無いハッピーモーメントが粘ります。
その外にヴォルシェーブが突っ込んできますが、伸びたのは、フェイムゲームの方でした。
さすがに底力がある馬ですね。

■単勝:⑫ 1,910円 8番人気
■馬連:②-⑫ 3 ,450円 8番人気
■馬単:⑫-② 9,130円 29番人気
■3連複:②-⑨-⑫ 41,190円 121番人気
■3連単:⑫-②-⑨ 316,940円 845番人気

パーフェクト的中達成です。

>>> 予想は、こちらから >>>



続いて、『ハイブリッドウイナー徹底活用馬券術《ブログ》』のご案内です。

続きを読む 2017年5月の勝負レース

アドマイヤリードはわかりますが、デンコウアンジュは買えません。


ヴィクトリアマイル2017惨敗!! クイーンズリングがまさかの6着など、人気馬総崩れ。

どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。


中央競馬ランキング
いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

いったいどうしてしまったのでしょうね。
アン・シネ選手のセクシークイーンサイン馬券で決着すると読んでいましたが、まったく不発に終わってしまいました。



ここまで、ハズレてしまうと逆に面白くなりますね。

しかも、ハイブリッドウイナーの予想も大ハズレとくれば、救いようがありません。
ただ、勝ったアドマイヤリードは、ミッキークイーンに並ぶHW値が6でしたので、勝ってもなんら不思議ではありません。
しかし、2着に来たデンコウアンジュは、全くのノーマークでした。
さすが蛯名騎手と言ったところですか。

しかし。人気馬が軒並み凡走となった原因は、やはり馬場の影響でしょうか?
直線は、どの馬も内を避けてのコース取りをしていたことからも、相当内の馬場状態が悪かったかもしれませんね。
クイーンズリングは、もっと伸びてきてもおかしくない状況ではあったので、やなり、渋った馬場の問題でしょうか?

アドマイヤリードがGI初制覇! 上位人気は総崩れの結果に/ヴィクトリアマイル

14日、東京競馬場で行われたヴィクトリアマイル(4歳上・牝・GI・芝1600m)は、中団でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の6番人気アドマイヤリード(牝4、栗東・須貝尚介厩舎)が、直線で横に広がった馬群の間を割って抜け出し、外から脚を伸ばした11番人気デンコウアンジュ(牝4、栗東・荒川義之厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分33秒9(稍重)。

さらにクビ差の3着に7番人気ジュールポレール(牝4、栗東・西園正都厩舎)が入った。なお、1番人気ミッキークイーン(牝5、栗東・池江泰寿厩舎)は7着、2番人気ルージュバック(牝5、美浦・大竹正博厩舎)は10着、3番人気レッツゴードンキ(牝5、栗東・梅田智之厩舎)は11着に終わった。

勝ったアドマイヤリードは、父ステイゴールド母ベルアリュールIIその父Numerousという血統。前哨戦の阪神牝馬Sでは2着だったが、この大舞台で見事勝利を掴み、初の重賞&GI制覇を果たした。「アドマイヤ」の冠名で知られる近藤利一オーナーにとっては、2008年天皇賞・春アドマイヤジュピタ以来、9年ぶりのJRA・GI勝利となった。

【C.ルメール騎手のコメント】
凄く嬉しいです。体は小さい馬ですが、こういう馬場は上手ですから、自信がありました。(道中は)いいポジションでとてもリラックスしていましたね。一瞬の脚を使うタイプなので、直線では追い出しを我慢しました。最後までよく頑張ってくれました。

アドマイヤリード号

出典:ネット競馬

しかし、クイーンズリングも頑張ってくれました。
やはり力はある馬ですので、どこかで大穴をあけてくれるでしょう。今後に期待したいと思います。
さて、ヴィクトリアマイル2017の反省点は、どこでしょうか?
やはり、馬場の影響の読み違いでしょうか?
人気のミッキークイーンやレッツゴードンキもまったく良いところなく終わってしまっただけに、この馬場の影響は思った以上に大きかったのではないでしょうか。



確かに難しいレースになるとは思っていましたが、クイーンズリングが、HW21とダントツに抜けていたので、この数字を信じすぎたかもしれません。
異常値と言えば、そう考えてもおかしくはありません。
今後のハイブリッドウイナーの予想ロジックの調整が必要かもしれませんね。

アンケートへの参加もよろしくお願いします!!

終わってみれば、3連単が90万円の高額配当です。
今回は、3連複で勝負していましたが、その配当も10万円を超えるおいしい配当できたので、ここは、当てたかったところです。
非常に残念です。

しかし、競馬は、これから日本ダービー2017に向けて、さらに盛り上がっていきますので、こんなところでへこたれてはいられません。
みなさん、頑張っていきましょう!!

そういえば、今回ばかりは東スポの虎石晃記者も惨敗でしたね。
まあ、この馬券は、なかなか的中は難しいですけどね。

では、引き続き良い馬券生活を!!

■こちらの競馬予想記事もぜひお読みください。
ハイブリッドウイナーで東京11RヴィクトリアマイルG1を攻略しましょう!!
ハイブリッドウイナーで東京11R京王杯スプリングカップを攻略しましょう!!
ヴィクトリアマイル2017を考察。勝つのはどのクイーン!?

にほんブログ村 競馬ブログへ

■有名な競馬記者と勝手に馬券勝負をする『勝手にガチ勝負!?』の結果もご覧ください。
⇒虎石晃記者、豊島俊介記者のダブルガチ勝負で完勝です!!
⇒『勝手にガチ勝負!?』で、デイリー豊島記者を、またまた撃破!!
⇒3戦3勝!! デイリースポーツの穴王子、豊島記者にも勝ってしましました!!
⇒東スポ虎石記者 第2回戦 ありがとうございます。またまた、勝ちました!!
⇒東スポ虎石記者 第1回戦 もちろん、東スポ虎石さんにも完勝です。

にほんブログ村 競馬予想(会員募集)

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!