天皇賞は、ハイブリッドウイナーがとてつもない予想を導き出しました。

天皇賞・春の優勝場は、人気薄のレーヴミストラルか!?

今回の天皇賞・春において、ハイブリッドウイナー予想で、これまでにないHW値が出ました。
なんと、HW17。
この値は、他の強豪を圧倒するすごい値です。

これまで、ハイブリッドウイナーの予想のなかで異常値というものはありましたが、正式な値で、ここまで抜けた値は存在しませんでした。

その値をたたき出したのが、大外18番のレーヴミストラルです。

レーヴミストラル号
レーヴミストラル号

続きを読む 天皇賞は、ハイブリッドウイナーがとてつもない予想を導き出しました。

天皇賞の前に青葉賞をしっかり予想していきましょう。

東京11Rは、ダービーのトライアル青葉賞G2です。人気は、プロディガルサン戸崎騎手。

青葉賞の1番人気は、プロディガルサンとなっています。しかも、現在単勝1.3倍と1頭抜けた存在です。
しかし、果たしてそんなに力の差があるのでしょうか?
今日の10時現在では、4.0倍とやはり落ち着いてきましたね。
しかし、昨日競馬関係者が購入していたということであれば、かなりの自信があったとも考えられますね。

ところでハイブリッドウイナーの予想は、ご覧のとおり11番のメートルダールがHW7という数値。
メートルダールは、前走の共同通信杯で皐月賞を勝ったディーマジェスティの0.3秒差の3着に好走しています。
また、2,400メートルに距離が伸びることもどちらかといえばプラスになりそうで、
プロディガルサンと大きな力の差があるとは思えません。

このままオッズが下がらないようであれば、買い時です。

青葉賞 ハイブリッドウイナー予想
青葉賞 ハイブリッドウイナー予想

続きを読む 天皇賞の前に青葉賞をしっかり予想していきましょう。

天皇賞がやってきました。今年は、激戦が予想されます。

天皇賞とともに、ゴールデンウィークがスタートしました。

2016年のゴールデンウィークが始まりました。
今年は、2日と6日を休めば、最大10連休です。2週に渡って競馬を思う存分楽しめますね。
また、天皇賞をスタートとし、G1がどんどん続きますので毎週大変になりそうです。
1レース1レースを大切に予想していきたいと思いますので引き続きよろしくお願いします。

さて、当面の目標は天皇賞のゲットということになります。
去年は、ゴールドシップが2周目の3コーナーからスパートをかけるとてつもないレースをして勝ったこのレースですが、
今年は、かなりの混戦になるのではないでしょうか?

天皇賞(春)出走表
天皇賞(春)出走表

続きを読む 天皇賞がやってきました。今年は、激戦が予想されます。

桜花賞を勝つのは、メジャーエンブレムとは決まっていません。

デムーロ騎手が、どのようにジュエラーを勝利に導くのでしょうか?

強いのは、わかっています。
メジャーエンブレムは、別格ではないでしょうか。

また、調教も予定通りこなし、時計も動きも文句なしの状況とくれば、本当に死角が無いと言っても良いでしょう。
しかし、G1は、そんなに簡単に取れるものなのでしょうか?

どの新聞もメジャーエンブレム一色です。
歴史に残る牝馬となる可能性があるのですから、仕方ありませんがね。

去年の桜花賞は、レッツゴードンキの岩田騎手が、絶妙の逃げをうったことで、最終的には、4馬身突き抜けるという珍しい展開になりました。
おかげで、レッツゴードンキを狙っていた私としては、岩田騎手がうまくスタートを決め、後ろの馬を引き付けながらレースを運ぶ数分は、本当にドキドキさせていただきました。
単勝馬券は、もちろん的中だったのですが、2着に来た7番人気のクリミナルが買えておらず、3連単233,390円をハズしてしまったことで嬉しさ半分だったことも覚えています。

出典:JAR
出典:JRA

続きを読む 桜花賞を勝つのは、メジャーエンブレムとは決まっていません。

ニュージーランドTでアストラエンブレムにかわる穴馬を発見!!

ボールライトニングが調教で魅せた上々気配!!

中山の芝1,600メートルで行われるニュージーランドトロフィーを予想していきましょう。
ニュージーランドトロフィーは、NHKマイルカップの権利をかけたトライアル戦になります。

現在の1番人気は、2枠3番のアストラエンブレム
前走のフローラルSでは、ルメール騎手を背に逃げ切って1着となり、このレースは負けられないところです。
ここまで、安定した走りを見せていて、春になり暖かくなってくれば、さらに良い動きが期待できそうです。

ハイブリッドウイナーの予想では、アストラエンブレムは、HW6と高めですが決して突出した数値ではありません。
その結果、ハイブリッドウイナーでの本命は、7枠14番のボールライトニングとなりました。
ボールライトニングは、HW11と抜けた存在であり、1着の可能性も高くなっています。

ハイブリッドウイナー予想
ハイブリッドウイナー予想

また、ボールライトニングはG2を1勝しており、朝日杯FSのG1こそ4番人気で11着と期待を裏切った形になりましたが、アーリントンでは出遅れて8着までばん回しています。スムーズな競馬ができれば、まだまだ見限れませんね。
ハイブリッドウイナーでの狙いは、次のようになります。

続きを読む ニュージーランドTでアストラエンブレムにかわる穴馬を発見!!

桜花賞が迫ってきました。メジャーエンブレム1冠目制覇なるか。

メジャーエンブレムが勝つのか!!

注目は、やはりメジャーエンブレムになるのでしょう。
2歳女王のメジャーエンブレムが、1冠目を目指します。初対戦となるシンハライトやジュエラーなどがこれを阻むかが桜花賞の見ものとなるでしょう。
メジャーエンブレムは、クイーンカップを圧勝し、1分32秒5という好タイムを叩き出しています。やはり順当に1冠目を手にする可能性が高そうです。

しかし、シンハライトも前走のチューリップ賞で無傷の3連勝。強烈な決め手を持っているので、メジャーエンブレムの1冠を阻止する可能性はありそうです。
さらに、ジュエラーもチューリップ賞では、シンハライトのハナ差の2着と、この2頭の勝負はまだまだ決着したわけではありません。
その他、ソルヴェイグ、レッドアヴァンセ、アットザシーサイド、ラベンダーヴァレイ、メジャーエンブレムに唯一土をつけているデンコウアンジュなど、まだまだ見限ることはできなでしょう。

ハイブリッドウイナーの予想は、まだまだ週末までわかりませんが、ジュエラーに頑張ってほしいのは、なんとなく私のカンです。

ジュエラー号
ジュエラー号

続きを読む 桜花賞が迫ってきました。メジャーエンブレム1冠目制覇なるか。

中山11R船橋ステークスのレース展望

船橋ステークスは、サザナミに期待しましょう!!

今週は、G1の谷間の週になり、来週からの春のG1ロードが楽しみな時期ですが、ここでもしっかり当てていきたいというのが、競馬ファンではないでしょうか。

中山の11レースは、芝1,200メートルの船橋ステークスです。
ここで、大サービスですが、このレースのハイブリッドウイナー予想を公開しましょう!!

続きを読む 中山11R船橋ステークスのレース展望

中山牝馬Sとフィリーズレビューの結果報告

なんと的中も、残念な結果に!!

さて、まずは、フィリーズレビューの報告からしましょう。結果から言えば、的中なのです。しかし、儲けにはならず。なんでこのようなことになるのか? それは、購入時にチェックをしないからです。

レースは、人気薄の対抗に推奨したソルヴェイグが、直線抜け出して1着に。予想通りで単勝、馬連、馬単、3連単、3連複とすべて的中と思いきや、なんと、2着に来た1番人気のアットザシーサイドが買えていないではありませんか!! 良く調べてみると、印をつける際に誤って△5を2頭に付けてしまい、その結果、購入のタイミングでアットザシーサイドの方を購入モレしていたのです。本当に、ハズレるときって、こんな感じです。なぜ、わざわざ、間違ってしまうのか、また、なぜ、的中しているときに限って、抜けている馬がくるのか。本当に嘘のようなことが起こるのです。と、言うわけでフィリーズレビューは、8番人気の軸馬を当てたにも関わらず、配当なしという結果に終わりました。だから単勝勝負で良かったのに…。は、終わってからの感想です。単勝27倍ですよほんと。

そして、中山牝馬ステークスです。こちらも本命に推奨していたシュンドルボンがルージュバックをおさえて1着に!! これまた予想通りじゃないですか!!

ところがです。土曜日に負けた分があったため、このレースは、シュンドルボンからの3連複とルージュバックからの3連単で勝負にいっていたため、3着に来たメイショウスザンナのおかげで、不的中。当たったのは、シュンドルボンとルージュバックの馬連のみ。これでは、勝てません。

中山牝馬S馬連的中馬券

まったくついていない日曜日でした。

しかし、ハイブリッドウイナーは、軸馬を選び出すことにかけては本当に最強です。今回も8番人気の馬やルージュバックを破る馬を見つけることができるのですから本物としか言いようがありません。あとは、間違えずに購入すること、資金を惜しまずに賭けることができれば必ず良い週末が、毎週過ごせるに違いありません。

しかし、ソルヴェイグは、本当に良いレースをしました。

続きを読む 中山牝馬Sとフィリーズレビューの結果報告