愛知杯的中!! 中山の京成杯と京都の日経新春杯を攻略していきましょう。 注:中京・京都競馬中止



競馬予想のレジまぐ

愛知杯2017的中も、マキシマムドパリの単勝だけではおいしくなりません。

どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。

いやーっ、寒いです。耐えられません。
今日は、部屋から出れそうにありませんので、じっくり競馬観戦といきましょう。

土曜日の中京競馬の愛知杯は、ハイブリッドウイナーでの予想が不完全となりましたが、対抗に推奨していたマキシマムドパリが、1着となったことで、単勝を的中させることができました。
といっても、1番人気となってしまったので、あまり儲けはありません。
3連単は、2着と3着に入った馬が、それぞれ人気なかったので、かなりの高配当になりましたね。
ちゃんとハイブリッドウイナーが予想できていても、3連単の的中は難しかったかもしれません。
去年のこのレースは、高配当を的中できた実績もあったので、ぜひ、的中を狙いたかったのですが、この天候では難しいですね。

さて、愛知杯の反省は、このぐらいにして、中山と京都の日曜メインの予想に移りたいと思います。

ハイブリッドウイナーで中山11R京成杯を攻略しましょう!!

中山 11R 京成杯の攻略とまいりましょう。

京成杯 競馬予想ボード

ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、前走ふがいないレースとなってしまった〇〇〇〇〇です。
東スポの虎石晃記者も本命に推奨しており、ここは、ぜひ勝ってほしいものですね。
虎石記者と本命が被るのは、今年に入って1回目です。
どんな結果が待っているのでしょうか?
この馬は、『レジまぐ』にて公開しています。

対抗は、3番のイブキになります。
2番人気と高い評価を得てますが、放牧の影響がどこまで出るかでしょうね。


単穴は、10番アダムバローズです。
前走のG3では、遅れをとってしましましたが、力のある馬ではないでしょうか。
乗り替わった蛯名騎手に期待しましょう。

続きを読む 愛知杯的中!! 中山の京成杯と京都の日経新春杯を攻略していきましょう。 注:中京・京都競馬中止

シンザン記念の反省会とまいりましょう。タイセイスターリー惜しくも2着!!



競馬予想のレジまぐ

競馬って、本当に反省の上に成り立っていますよね。この悔しさを次のレースで晴らしたいと思います。

どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。

金杯に続き、シンザン記念2017も悔しい結果となってしまいました。
みなさん、まことに申し訳ございません。

ハイブリッドウイナーの予想は、以下のようになっていました。

シンザン記念 ハイブリッドウイナー予想
シンザン記念 ハイブリッドウイナー予想
シンザン記念 競馬予想ボード
シンザン記念 競馬予想ボード

ハイブリッドウイナーが本命に推奨していたのは、直前に川田騎手から武豊騎手に乗り替わったタイセイスターリーでした。
この馬は、前走出遅れたこともあり、8着と惨敗していましたが、決して能力が低いわけではありませんでした。
武豊騎手に乗り替わったことは、どちらかというと好印象です。
これで、さらに確立がアップしたのですが、心配は、どちらかというと雨で重くなった馬場の方でした。

1番人気のペルシアンナイトの末脚も封じられるでしょうが、同じくタイセイスターリーの脚も封じられては本末転倒です。

レースは、最終的に勝ったキョウヘイは、出遅れぎみに最後方からのレースとなりました。
後で思うと、この出遅れが逆に良かったのかもしれません。そのまま、内に入り、直線までじっくり足をためることができましたね。
直線に入ると外から脚を伸ばしてくるタイセイスターリーの内に入り、タイセイスターリーが、外にヨレると、その内をついて効率よく差してきました。
結果的には、1馬身抜け出す形となりましたが、勝つときは、いろんな要素が重なるものですよね。
出遅れて、後方からの競馬になり、最短コースを通れたこと、雨にも関わらず、まだコースが整っていたこと、そして、前がポッカリと開いたこと。
うまく天を見方に付けた感じです。

一方、タイセイスターリーは、大外を回った分、伸びることができませんでした。
さすが2着まで持ってくるところが武豊騎手ですが、2着では馬券になりません。
ハイブリッドウイナーでは、キョウヘイを購入することができませんでしたので、当然、3連単も3連複もハズレです。
せめて、タイセイスターリーが1着に来てくれれば、単勝的中で、万々歳だったのですが・・・。

【シンザン記念】タイセイスターリー2着 急きょ乗り替わった武豊「勝ったと思ったけど…」
出典:スポーツ報知

◆第51回シンザン記念・G3(8日・芝1600メートル、京都競馬場、重)

シンザン記念 結果
シンザン記念 結果

降り続く雨のなかで行われた伝統の3歳重賞は、8番人気のキョウヘイ(牡、父リーチザクラウン、栗東・宮本博厩舎)が直線で馬群を縫うように伸びて、差し切って優勝。騎乗していた高倉稜騎手は、13年中京記念(フラガラッハ)以来のJRA重賞4勝目。2着は、落馬負傷の川田騎手に替わって、武豊騎手が騎乗した4番人気のタイセイスターリー。1番人気のペルシアンナイト(ミルコ・デムーロ騎手騎乗)は3着に終わり、3連単は15万1880円の高配当決着となった。

武豊騎手(タイセイスターリー=2着)「勝ったと思ったけど、抜け出すと気を抜いてしまった。先頭に立つと外へ膨れ、ふわふわしたところを抜け出された。勝ち馬にうまく乗られてしまった。相当に素質はあると思う」

今年に入って、惜しいレースが続いていますが、もう、大的中は、間近ではないでしょうか?

来週は、土曜日に愛知杯2017。日曜日には、日経新春杯2017京成杯2017といったレースプログラムになります。
ここで、どーんとお年玉をもらうことにいたしましょう。いやーっ、楽しみ楽しみ。


続いて、『競馬で儲けることってできるのかを実践するメールマガジン』を創刊のご案内です。
メルマガでは、ハイブリッドウイナーの予想馬すべてを公開していますので、ぜひ、登録ください。

続きを読む シンザン記念の反省会とまいりましょう。タイセイスターリー惜しくも2着!!