2017年4月の勝負レース


2017年4月は、G1レースが満開ですね。

競馬予想のレジまぐ

大阪杯がG1となる記念すべき4月。桜花賞や皐月賞などG1が目白押しとなりますね。しっかり的中を目指していきたいと思います。

■2017年4月1日(土)
中山競馬場 11Rダービー卿CT (的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、人気ですが、5番キャンベルジュニアです。
前走シュタルケ騎手が騎乗し、しっかり勝っていますので、ここでも中心視となりますね。

対抗は、8番のグランシルク
戸崎圭騎手の騎乗ですので、こちらも期待できそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ダービー卿CT2017は、馬連と3連複の的中のみとなりました。
キャンベルジュニアグランシルク惜しかったですね。
どちらかが1着に来てくれれば、パーフェクト的中でしたが残念です。

■2017年4月2日(日)
阪神競馬場 11R大阪杯 G1  (3連複的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、
大外になったダービー馬の14番マカヒキです。
調教は、抜群のようですね。
凱旋門賞は、本当に期待外れのレースとなり、また、前走の京都記念もサトノクラウンの3着となってしまいました。
しかし、これは、あくまでも調整と言えるのではないでしょうか。
大阪杯G1の初の優勝は、このマカヒキでしょう。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
いやーっ、キタサンブラックは強かったです。さずが武豊騎手ですね。本当にうまいレースでした。マカヒキも最後は、迫ったのですが、パーフェクトなレースをしたキタサンブラックにはかないませんでした。単穴に推奨したステファノスは、なかなか頑張ってくれましたね。良かったのは、それぐらいでしょうか。

■2017年4月8日(土)
中山競馬場 11RニュージーランドT

《展望》
このレースは、スルーしたいと思います。

《結果》
12番人気のジョーストリクトリが勝ちました。3連単も496,220円と大荒れになりましたね。手を出さずに正解だったかも知れません。

阪神競馬場 11R阪神牝馬ステークス

《展望》
ハイブリッドウイナーの本命は、3番のクイーンズリングです。
ここは、しっかりデムーロ騎手に勝ってもらいましょう。
しかし、人気にはなりそうですね。

対抗は、人気の無い4番のクロコスミアです。
前走は、4番人気に押されるも9着と惨敗。巻き返しに期待しましょう。
人気が無いだけに、複勝や馬連で狙うと良いかもしれません。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ミッキークイーンが強い競馬を見せましたね。強いことはわかっていましたが・・・。

しかし、クイーンズリングは、どうしてしまったのでしょうか?デムーロ騎手らしからぬ競馬となってしまいました。このまま調子を落とさないと良いのですが、明日は、桜花賞ですので、アドマイヤミヤビでは、良い結果を出してもらいたいですね。

■2017年4月9日(日)
阪神競馬場 11R桜花賞 G1  (3連複的中)

《展望》
本命は、やはり14番のソウルスターリングですね。こればかりは仕方ありませんね。
しかし、対抗の15番アドマイヤミヤビとは、HW値が同じなので、狙いは、このアドマイヤミヤビにしましょう。

《結果》
いやーっ、ソウルスターリングが3着ですか。まだ若い牝馬だけに、こうなることもあるとは思っていましたが、残念でしたね。次に期待しましょう。

一方勝ったレーヌミノルの池添騎手、おめでとうございます。前哨戦は、頼りない感じでの2着でしたが、しっかり挽回してきましたね。底力がありますね。これからの牝馬のクラシックロードが面白くなっていきそうですね。

しかし、ソウルスターリングの単勝で大勝負にでた方は、悲惨なことになりましたね。やはり競馬に絶対はないのでしょうね。

■2017年4月15日(土)
阪神競馬場 11Rアンタレスステークス  (パーフェクト的中)

《展望》
阪神11Rアンタレスステークスですが、本命は、10番モルトベーネです。
対抗は、6番のグレンツェント
単穴は、ロワジャルダンです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
モルトベーネに騎乗したデムーロ騎手は、直線まで持ったまま。前があくのを待って追い出すと、スルスルと伸びて1着となりました。人気だったグレンツェントミツバは、残念な結果となりましたが、ロワジャルダンも3着に入り、単勝だけでなく、3連単167,220円的中

おかげさまで、このパーフェクト的中で壊れたパソコンの購入費用を稼ぐことができました。

■2017年4月16日(日)
中山競馬場 11R皐月賞 G1

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、5番のレイデオロです。
ここは、ルメール騎手にぜひとも勝って欲しいですね。
休み明けですが、調子は良さそうです。

対抗は、7番のペルシアンナイトです。
こちらも好調のデムーロ騎手ですから、可能性が高そうです。
調教もばっちりのようですね。

単穴は、戸崎圭騎手の13番サトノアレスとなりました。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
いやーっ、直線でペルシアンナイトが内から抜け出した時は、さすがに勝つかと思いました。
しかし、アルアインの差し足に屈していましました。残念!!

単勝ハズレた~っ。
しかし、まだ、3連複に望みが・・・。こんな高配当になるとは思っていませんでしたが、一瞬3連複でも17万ついていたので、当ったのではと思ってしまいましたが、ハズレた~っ!!
なんと、武豊騎手のタンビュライトが購入できていなかったとは・・・。
なぜ、ここで、武豊騎手の馬券を絡ませなかったのか・・・。とほほです。
当っていれば、高価なノートパソコンが購入できたのに。
PCは、来週の的中まで延期としましょう。やはり、高スペックのノートは25万円以上しますからね。あと、アドビのソフトもいりますので、何かと高くつきます。

軸は、良いのですが、ヒモの買い方の検討が必要ですね。
開発メンバーからもそのような話がでていますので、一度しっかり検討していきたいと思います。

■2017年4月22日(土)
福島競馬場 11R福島牝馬ステークス

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、5番のウインファビラスです。
小回りな馬場を得意としていますので、ここは、狙い時ではないでしょうか。
前走は、9着と振るいませんでしたが、スロー競馬があっていなかったので仕方ありませんね。

対抗は、1番のギモーヴです。
各上の挑戦となりますが、一発を狙えそうです。
内枠を活かして逃げ戦法もありかもしえません。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
土曜日の福島牝馬Sは、ダメダメでした。
まさかウインファビラスが、14着とは・・・。次走に期待しましょう。
一方、対抗に推奨したギモーヴは、6着と頑張ってくれました。

■2017年4月23日(日)
東京競馬場 11Rフローラステークス

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、12番のディーパワンサです。
5番人気ですが、ここでもしっかり走れそうです。
前走は、残念でしたが、立て直してほしいですね。
対抗は、5番のホウオウパフュームとなりました。
オークスを狙う逸材ですので、このレースは見ものですね。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
期待されたホウオウパフュームは、残念な結果となってしまいました。期待された馬だけにこの負けは響きそうです。ハイブリッドウイナーが本命に推奨したディーパワンサもまったく良いところがありませんでした。フローラステークス2017は、完敗です。

京都競馬場 11R読売マイラーズカップ (的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、7番のプロディガルサンです。
川田騎手の騎乗がポイントになりそうです。

対抗は、1番人気の4番エアスピネルとなりました。
武豊騎手の騎乗で、勝利も近そうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
プロディガルサンは、出遅れてしまいましたね。早いレース展開にも関わらず、後ろでの競馬となってしまっては、良い結果を残すことは難しいですね。一方、さすがルメール騎手です。見事にシルバーコレクターと化したイスラボニータでしたが、うまく直線勝負となり、1番人気のエアスピネルに競り勝ちました。また、ここでは、人気薄になっていたヤングマンパワーもやはり実力はあるようですね。しっかり3着に来るところなどは、これからも期待できますね。的中はしましたが、この配当では、勝った気がしません。

■2017年4月29日(土)
東京競馬場 11R青葉賞

《展望》
予想ができ次第公開します。

《結果》
確定次第公開します。

■2017年4月30日(日)
京都競馬場 11R天皇賞(春) 

天皇賞(春)2017特集
《展望》
キタサンブラックとサトダイさんことサトノダイヤモンドの勝負となりました。一番強いのは、サトダイさんだと思っていますが、どちらも凱旋門賞を目指す日本最強馬だけに、その戦いは見ものですね。そして、その中に4歳馬のシャケトラシュヴァルグラン、調子を戻しつつあるゴールドアクターなどがどんなレースを見せるのか、こちらも楽しみです。

天皇賞(春) 出走予定馬 出典:JRA

《結果》
確定次第公開します。

シャティン競馬場 11RクイーンエリザベスII世カップ 

《展望》
クイーンエリザベスII世カップ(G1、芝2000m)は、香港競馬の下半期における中距離王者決定戦(香港では夏の暑さを避けるため、8月の競馬開催はなし。シーズンは9月上旬に始まり、翌年7月中旬までが一区切り)。12月に行われる香港カップ(G1、芝2000m)と4月に行われるこのレースが香港中距離路線の2本柱となっている。世界的に見てもレースのレベルは非常に高く、国際競馬統括機関連盟(IFHA)が発表した2016年の「世界のトップ100 G1」ではアメリカのケンタッキーダービーなどと並ぶ35位にランクイン。香港の中では前記した香港カップ、チャンピオンズマイル(芝1600m)、チャンピオンズ&チャターカップ(芝2400m)に続く第4位となっている。

出典:JRA

《結果》
確定次第公開します。

 

 

クイーンエリザベスII世カップ(G1、芝2000m)

 

続いて、『競馬で儲けることってできるのかを実践するメールマガジン』のご案内です。

続きを読む 2017年4月の勝負レース

ハイブリッドウイナーで阪神11R大阪杯G1を攻略しましょう!!



競馬予想のレジまぐ

阪神11R大阪杯G1を攻略しましょう。 狙いは、ダービー馬のマカヒキです。

どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。

土曜日の中山11Rダービー卿CT2017は、馬連と3連複の的中のみとなりました。
キャンベルジュニアグランシルク惜しかったですね。
どちらかが1着に来てくれれば、パーフェクト的中でしたが残念です。

しかし、この資金を元手に、大阪杯で大穴をゲットしたいと思います。

では、阪神11R 大阪杯2017(GI)を攻略しましょう。

ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、
大外になったダービー馬の14番マカヒキです。
調教は、抜群のようですね。
凱旋門賞は、本当に期待外れのレースとなり、また、前走の京都記念もサトノクラウンの3着となってしまいました。
しかし、これは、あくまでも調整と言えるのではないでしょうか。
大阪杯G1の初の優勝は、このマカヒキでしょう。

大阪杯 競馬予想ボード

対抗は、1枠1番に入ったミッキーロケットです。
最強4歳世代の中でも、このミッキーロケットは、安定感抜群です。

大阪杯 ハイブリッドウイナー競馬予想

単穴は、4番のテファノスです。
このメンバーでも決して負けない実力はありそうです。
川田騎手もこの馬を手の内に入れており、良い結果が残せそうですね。

続いては、好評の『勝手にガチ勝負!?』になります。
お相手は、いつもの東スポ虎石晃記者とデイリーの穴王子、豊島俊介記者です。


続きを読む ハイブリッドウイナーで阪神11R大阪杯G1を攻略しましょう!!