今週末は、金鯱賞と中山牝馬Sが狙い目ですね。



競馬予想のレジまぐ

金鯱賞2017をドカーンと当てましょう!!

どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。

毎週競馬をやっていると、本当に月日の流れるのが早くて戸惑ってしまいますよね。
もう3月も中旬にかかろうかとしています。
気候も良くなり、そろそろ桜の話題も出てきていますよね。

そして、暖かくなってくると、無性に競馬場にも足を運びたくなるのは私だけではないはずです。
今週末は、関西に行く用事もありますので、少し足を伸ばして阪神競馬場でも行きたいものですね。

そういえば、阪神の日曜日のメインレースは、フィリーズレビューですが、このレースは、難しそうですね。
できれば、日曜は、中山の中山牝馬ステークスで勝負したいところです。

いよいよ今年もハイブリッドウイナーの予想が絶好調になってきました。
年明けは、当りはするものの安い配当になってしまったり、穴馬を推奨するも惜しい2着だったりと、残念な結果が多かったですが、やっとスッキリ的中するようになってきました。
まあ、こんな感じになるとは思っていましたが、待ってましたと言う感じですね。

なので、今週もドカーンと当てて、春競馬の軍資金を稼ぎたいと思っています。

その狙いのひとつが、中京競馬場で開催される金鯱賞2017です。
これは、今年から大きく変わったレース。年末に開催されていた金鯱賞が、大阪杯のG1昇格の影響で、ステップレースとなったため、この時期の開催となったようです。
なので、このレースには、この第1回の大阪杯G1を狙う競走馬たちが大集合するというわけです。

大阪杯をゲットするためにも、この金鯱賞はハズすことはできませんね。

金鯱賞2017特集

では、その出走予定馬から見ていきましょう。

金鯱賞 出走予定馬 出典:JRA

■ステファノス
昨年末の香港Cでは、モーリスに敗れはしたものの3着と好走。
一昨年のクイーンエリザベスII世Cで2着、天皇賞(秋)でも2着など、ビッグレースに好走しています。
能力は間違いなく現役トップクラスですので、大阪杯を狙っている一頭です。
問題は、このステップレースをどこまで本気で走ってくるかと言うところでしょうか。

■ヤマカツエース
ここにきてメキメキ成長しているのではないでしょうか。
昨年の金鯱賞の勝者でもある同馬だけに、期待が持てそうです。

■ルージュバック
実力は、間違いないでしょう。そろそろビッグタイトルを獲得する時期が来たのかもしれませんね。
期待しましょう。

■サトノノブレス
G2・G3で安定したレースをしているサトノノブレス。ここは、ぜひとも金鯱賞から大阪杯と良いレースをしたいはずです。
このところのサトノ軍団の活躍に乗って、良いレースができそうです。


続いては、中山11Rの中山牝馬ステークスです。

続きを読む 今週末は、金鯱賞と中山牝馬Sが狙い目ですね。

2016年の年度代表馬は、キタサンブラック号(牡4歳)に決定!! 北島三郎オーナー『まつり』熱唱です。



競馬予想のレジまぐ

2017年のJRAレーシングカレンダーに大阪杯G1が追加されました。

どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。

お正月ムードも、もうすっかり抜けてしまいましたね。

楽しみなのは、週末の競馬ということにありました。
さて、今年、JRAのレースプログラムに新たなG1レースが加わります。
その名は、大阪杯。

もともと大阪杯は、G2レースでしたが、今年からG1レースに格上げされました。

国内における春の古馬中距離のG1を作ることが、JRAにとって最大の懸案事項だったらしいですね。

大阪杯の過去の勝ち馬は、オルフェーヴルやキズナ、ラキシス、アンビシャスと一流馬が名を連ねています。
オルフェーヴルは、言わずと知れた6冠馬。キズナは、2013年のダービー馬です。

オルフェーヴル号
オルフェーヴル号

これだけの名馬が、勝利を収めたレースとなれば、JRAがG1昇格を考えるのも無理はありません。

2017年4月2日の大阪杯G1には、キタサンブラックとサトノダイヤモンドの再対決が見られそうですね。


秋競馬の古馬路線、天皇賞・秋⇒ジャパンカップ⇒有馬記念が「秋古馬三冠」であり、
大阪杯がG1になることで、大阪杯⇒天皇賞・春⇒宝塚記念の「春古馬三冠」というビックネームが誕生することになります。

ますます、面白くなるのですが、これだけG1が多いと、本当に毎週がG1って感じになりますね。

また、この「春古馬三冠」という新たな魅力は、4月の大阪杯、5月の天皇賞・春、6月の宝塚記念の3連戦を特別ボーナスと設定することで、国内競馬を盛り上げ、ドバイや香港への競走馬の国外流出を防ぐのが狙いのようです。

確かに2億円のボーナスは魅力ですよね。

しかし、この「春古馬三冠」は、競走馬にとっても過酷なものになるはずです。
「秋古馬三冠」を狙ったジェンティルドンナは、有馬記念で引退。エピファネイアとフェノーメノも年明け初戦で故障してしまい引退をとなってしまいました。
なかなかこの「春古馬三冠」に出走させるリスクは、大きそうです。

そして、2017年のレーシングカレンダーにおいて、もう一つ面白いことは、毎年、有馬記念当日が、JRAの最終日であったのが、なんと、12月28日にホープフルSを含む中山と阪神の開催があるということです。

ホープフルSは、「ラジオたんぱ杯3歳牝馬ステークス(ラジオたんぱはいさんさいひんばステークス)」を前身としているこのレースですが、競走名はその後1991年より「ラジオたんぱ杯3歳ステークス(ラジオたんぱはいさんさいステークス)」、2001年より「ラジオたんぱ杯2歳ステークス(ラジオたんぱはいにさいステークス)」、2006年より「ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(ラジオにっけいはいにさいステークス)」と変遷。
2013年まで阪神競馬場の芝2000mで施行していたG3のラジオNIKKEI杯2歳ステークスを2014年より中山競馬場の芝2000mに変更のうえ、2歳中距離路線の頂点となる競走に位置づけてG2に昇格しました。

また、中央競馬の最終開催日を盛り上げるため、2歳中距離路線の頂点としてこのホープフルS(G2)はGI昇格申請中とのことですので、さらにG1が増えちゃいますね。

続いては、1月21日にマカオで開催されるマカオ国際男女混合ジョッキーズチャレンジ2017の紹介です。

続きを読む 2016年の年度代表馬は、キタサンブラック号(牡4歳)に決定!! 北島三郎オーナー『まつり』熱唱です。