2017年1月の勝負レースは、昨年高額的中となった1月14日の愛知杯2017です。


2017年1月は、今年を占うレースがいっぱいです。

■2017年1月5日
中山競馬場 日刊スポ賞中山金杯

《展望》
シャドウパーティーが本命。人気はありませんが、内田騎手の騎乗に注目しましょう。
1着は、難しいとしても3着は可能性があります。
3連複で狙いたいですね。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
1番人気のツクバアズマオーが予定通の快走。シャドウパーティーが惜しくも4着と残念な結果に。
3着までに来てくれれば、3連複的中だっただけに残念です。

京都競馬場 スポーツニッポン賞京都金杯(的中)

《展望》
ハイブリッドウイナーの本命は、デムーロ騎手が騎乗するアストラエンブレム。対抗は、福永騎手のブラックスピネルです。
最内枠を福永騎手がどのように乗りこなすのかがポイントとなりそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
1番人気を背負ったエアスピネルが快勝。2着には、ハイブリッドウイナーが対抗に推奨していたブラックスピネルが入るという惜しい結果になりました。

■2017年1月8日
京都競馬場 日刊スポシンザン記念

《展望》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、川田騎手の落馬負傷で、直前で武豊騎手に乗り替わったタイセイスターリー
対抗は、コウソクストレートとなりました。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
8番人気のキョウヘイが、最後に抜け出して1着に。
ハイブリッドウイナーが推奨したタイセイスターリーは、惜しくも2着。雨の影響があったか?
キョウヘイを購入できていなかったことが悔やまれます。

■2017年1月14日
中京競馬場 愛知杯(的中)

《展望》
雪の影響がどのように出るのでしょうか?
去年は、大穴を当てたこのレースだけに、今年もしっかり儲けたいところです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
マキシムドパリが、勝利。ハイブリッドウイナーの対抗が1着となる結果となりましたが、雪の影響で、前日にハイブリッドウイナーによる詳細な予想ができませんでした。

愛知杯 単勝的中馬券 500円

■2017年1月15日
中山競馬場 京成杯

《展望》
ハイブリッドウイナーの本命は、東スポの虎石晃記者もイチオシのバリングラです。
外枠に入ってしまいましたが、石橋騎手が、うまく乗ってくれれば、1着もありそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
東スポの虎石晃記者も推奨していたバリングラは、直線、良い脚を使いましたが、前がごちゃついてしまい結果5着まで。
すんなり前があいていれば、3着はあったかもしれません。
勝ったのは、1番人気のコマノインパルス

京都競馬場 日経新春杯 《中止》

寒波による積雪の影響で、中京と京都のレースは、中止となってしまいました。枠順の変更を行い、代替競馬として中京のレースは、1月16日に、京都のレースは、1月17日に開催されます。

■2017年1月17日
京都競馬場 日経新春杯(的中)

《展望》
開催が順延されたことで、各馬にどのような影響が表れるのでしょうか?
この順延によってさらに調子を上げたのが、ミッキーロケット。多くの支持を集める結果となり、1番人気となっています。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ミッキーロケットが、辛くもシャケトラの追撃をかわして1着に。さすが強いです。モンドインテロも良く頑張ってくれましたが、3着と言う結果となりました。代替競馬となったため、PADの資金がショートしてしまい、掛け金が少なくなってしまいました。これも仕方ありませんね。

日経新春杯 単勝的中馬券 290円

■2017年1月21日
タイパ競馬場 マカオ国際男女混合ジョッキーズC

マカオのタイパ競馬場で開催される「マカオ国際男女混合ジョッキーズチャレンジ」は、全3戦で男女6人ずつの計12人が参加。抽選による男女混成チームのポイントを競います。
日本からは、武豊騎手と藤田菜七子騎手が参戦。二人の騎乗に注目しましょう。

マカオ国際男女混合ジョッキーズチャレンジ武豊騎手および藤田菜七子騎手の騎乗成績について

http://www.jra.go.jp/news/201701/012106.html

■2017年1月22日
中京競馬場 東海ステークス(的中)

《展望》
2015年の東海Sを制したコパノリッキー。その後フェブラリーS、JBCクラシックで優勝しました。
まさに出世レースと言えるのではないでしょうか?
その中でも面白い存在は、ミツバです。もちろん昨年の優勝馬であるアスカノロマンも面白い存在ですが、ここのところ良いレースができておらず、ここで勝つのは難しいかもしれません。
また、最強世代と呼ばれる4歳馬からは、グレンツェントも出走予定しており、こちらも狙い目でしょう。
今回、ハイブリッドウイナーが狙うのは、人気薄の馬を本命に推奨しています。このところ調子を落としている同馬ですが、もともと実力のある馬ですので、復活に期待しましょう。
対抗は、8番グレンツェントです。
こちらは、1番人気となりそうですね。調子が良さそうですので、ここでも負けられないでしょう。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ハイブリッドウイナーが単穴に推奨していた人気薄のショウナンアポロンが逃げる展開になりました。最後の最後まで頑張ったのですが、結果4着。いやーっ惜しかったですね。グレンツェントは、さすが最強4歳世代だけあって、実力通りの走りを見せてくれました。強かったですね。リッカルは、全く良いところなく、最下位となってしまいました。どうしたのでしょう?なんとか単勝的中です。しかし、この成果は納得できません。しっかり東海Sの反省が必要ですね。

京都競馬場 アメリカJCC(的中)

《展望》
AJCCも、4歳馬のゼーヴィントに期待できそうです。また、シングウィズジョイは、エリザベス女王杯を12番人気ながら2着に好走したこともあり、人気になりそうです。
このレースは、日米の親善と友好を目的として、ニューヨーク・ジョッキークラブから優勝杯の贈呈を受け、1960年に中山競馬場の芝2000mのハンデキャップ競走として創設されました。
ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、13番のリアファルです。
前走の金鯱賞では、5着となってしまいましたが、シュミノー騎手への乗り替りが勝利をもたらしてくれそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ミライヘノツバサが良い感じで前に付けたレースとなりました。直線では、あわや1着もと思いましたが、タンタアレグリアが内から差して1着に。そして、人気のゼーヴィントは、2着となりました。残念ながらミライヘノツバサは、3着となって、何とか3連複が的中となりました。AJCCの反省は、3コーナーでズルズルと下がってしまったリアファルを本命にしていたこと。スタートを決めると、前に前にと推進していっていただけに、不可解です。騎乗したシュミノー騎手も理由がわからないようです。

■2017年1月25日
大井競馬場 TCK女王盃(的中)

《展望》
1枠1番のマイティティーが、本命となりました。
前走は、人気を裏切る形となりましたが、まだまだ底を見せているわけではありませんので、ここは頑張ってほしいですね。そして、対抗には、JRAの2016年尾リーディングジョッキー戸崎圭騎手が騎乗する7番ワンミリオンスがピックアップされました。
順調に勝利をあげており、期待できそうです。そして、対抗は、人気薄の10番ハナズリベンジです。どこまで食い下がるのでしょうか?
しかし、ホワイトフーガの大崩れは考えられないので、馬券としての購入は必要ですね。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ハイブリッドウイナーが本命に推奨していたマイティティーは、残念ながらふがいないレースとなってしまいましたが、一方の対抗だったワンミリオンスが、ホワイトフーガをおさえて1着とありなりました。何とか的中することができましたが、結果的に大儲けとはいきませんでした。残念。しかし、平日に的中すると本当にうれしいですね。さあ、1月も残り1週です。得意なシルクロードステークスで、しっかり的中を狙います。

■2017年1月28日
東京競馬場 根岸ステークス(的中)

《展望》
昨年の根岸Sで重賞初制覇を果たしたモーニンは、次走のG1フェブラリーSを勝ってその名を轟かせました。
この根岸Sの勝者こそ、その年のダート王となる可能性が高いのです。
今年もベストウォーリアノボバカラニシケンモノノフコーリンベリーがそのG1の頂に向かって、このレースに出走します。
ハイブリッドウイナーの本命は、5番のベストウォーリアです。リーディングジョッキーの戸崎騎手に期待しましょう。しかも、このところ堅実な走りで、安定感抜群です。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
いやーっ、ベストウォーリアは、本当に惜しかったですね。
勝利はすぐそこでしたが、1番人気のカフジテイクにやられてしまいました。
さすが、福永騎手が選んだ馬だけのことはありましたね。しかし、ベストウォーリアの戸崎圭騎手は、ベストの追い出しだったですが、仕方ありません。
まあ、3連複の的中で満足するしかありませんね。

京都競馬場 シルクロードステークス

《展望》
ハイブリッドウイナーにとって、1月から2月にかけてのレースは、高配当が狙えるベストシーズンとなります。
特にこのシルクロードSは、以前に3連単や馬連などをあわせて80万近くの儲けを上げることができたレースでもあるだけに、ここからしっかり大穴を狙っていきたいと思います。
本当に、このレースからハイブリッドウイナーの快進撃が始まるといってよいでしょう。ブランボヌールソルヴェイグなどが面白そうです。

ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、前走不利を受けて大敗した馬ですが、馬体を整えての参戦ですので、期待しましょう。
対抗は、 1番人気の10番ネロです。
ハンデがかなり重いですが、力はありますので、良い勝負ができそうです。

>>> 予想は、こちらから >>>

《結果》
ブランボヌールは、大敗となってしまいました。敗因は、わかりませんが・・・。
しかし、ダンスディレクターは、昨年に続き連勝です。
得意レースなのでしょうか?3連単は、なかなか良い配当となりましたが、ハズしてしまっては、どうしようもありません。
2月は、ハイブリッドウイナーの最も得意な月に入りますので、ぜひ、ここで取り返したいと思います。


続いて、『競馬で儲けることってできるのかを実践するメールマガジン』のご案内です。

続きを読む 2017年1月の勝負レースは、昨年高額的中となった1月14日の愛知杯2017です。

ゴールドの100万馬券的中証明書って夢がありますよね。

JRAの馬券の歴史は、私にとって的中率の変動の歴史でもあります。

JRAのPATを使って馬券を購入する方が多くなりましたね。

以前は、競馬場やWINSに足を運び、窓口の女性に口頭で買目を伝え、馬券を購入していました。
今思えば、懐かしい限りです。
たまに言い間違えて、無駄な馬券を買ってしまったりすることがありましたし、その馬券がなんと的中するということもありました。
それが、限られた者のみが契約できた電話投票になり、マークシートとなり、PAT、即PATと進化してきました。

馬券購入窓口
馬券購入窓口
マークシート
マークシート

PATになったことで、簡単に3連単が買えるようになり、私の的中率もグーンと上がりました。



WINSに通っていたころは、最少単位が500円や1,000円であったため、手広く買うことができず、ハズレることが多かったのですよね。
今は、100円から購入できすので、これはこないだろうと思う馬券も買えることで、それがたまたま当たることがありました。

私が競馬をやり始めて数年たったころが、ちょうど競馬ブームでした。
オグリキャップやサッカーボーイ、ランニングフリーなど、個性的な競走馬が多かったように思います。

競馬全盛期 オグリキャップ
競馬全盛期 オグリキャップ

このころのJRAは、どの競馬場にも競馬ファンであふれ、ホクホクだったと思いますが、
少し低迷してきた今の競馬を盛り上げるためには、複雑でなかなか当たらない高額的中馬券を作るこのではなく、
1口50円から購入できるようにすれば、もっと売上が上がるのではないかと思いますが、JARさん、いかがでしょうか?

続きを読む ゴールドの100万馬券的中証明書って夢がありますよね。