大荒れ模様の福島11R七夕賞をハイブリッドウイナーで攻略しましょう!!

競馬予想のレジまぐ

ハイブリッドウイナーの予想では、七夕賞は大荒れになりますね。

どうも、今日もありがとうございます。
ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。



さて、待ちに待った七夕賞がやってきました。
想像通り、ハイブリッドウイナーの数値が全体的に低く、大荒れになりそうです。
このレースをドンピシャで当たれば、スカッとするのですが。
どうなることでしょうね。

とにかく、ハイブリッドウイナーの競馬予想をご覧いただきましょう。

七夕賞 ハイブリッドウイナー予想
七夕賞 ハイブリッドウイナー競馬予想

本命に推奨する戸崎騎手騎乗のアルバートドックですらHW4です。
さらに対抗のメイショウナルトでは、HW0ですから、このレースがどれだけ波乱を含んでいるかがわかります。

さて、一頭ずつ見ていきましょう。
まず、本目のアルバートドックです。調教の動きは、文句のつけようがないようです。以前、小倉大賞典を勝っているので、小回りコースの適性もあるようですね。
気になるのが、ハンデによる57キロと言うところですが、戸崎騎手に乗り替わったこともあり、ここは狙い目でしょう。

そして、対抗には、人気が全くないメイショウナルトとなりました。
このところメイショウナルトは、かなり前に行く競馬をしています。前走の鳴尾記念では、武豊騎手が騎乗し、逃げて8着という結果ですが、うまく逃げることができれば、従来の機敏な動きを取戻し、結果が出せそうです。
また、枠順も良いところが引けましたので、単騎逃げの展開になることを期待します。

単穴は、このところ実に安定してきたダコールです。
このメンバーでも決して引けをとる馬ではありませんが、このところ前に行けないレースが多くなっていますので、この小回りをどのように克服できるかがカギとなるでしょうね。

では、競馬予想ボードです。

七夕賞 予想ボード
七夕賞 競馬予想ボード

狙いは、メイショウナルトの単複でも面白いかもしれません。
軸が決まっても、なかなかヒモ馬を絞りづらいので、馬単や馬連での勝負をオススメします。

続きを読む 大荒れ模様の福島11R七夕賞をハイブリッドウイナーで攻略しましょう!!

7月13日のジャパンダートダービー2016年の勝ち馬を予想。ハイブリッドウイナーで挑戦します。


2016年 第18回ジャパンダートダービーでハイブリッドウイナーの競馬予想力を証明しましょう。

どうも、いつもありがとうございます。
ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。

今日は、7月13日に大井競馬場で行われるジャパンダートダービーについていろいろ競馬予想していきたいと思います。

まずは、ジャパンダートダービーというレースについてご紹介していきたいと思います。

ジャパンダートダービーは、特別区競馬組合が大井競馬場で施行する地方競馬の重賞競走(JpnI)。農林水産大臣が賞を提供しており、正式名称は「農林水産大臣賞典 ジャパンダートダービー」となります。

羽田盃、東京ダービーと続いた南関東3歳クラシック三冠レースの最終関門です。地方・JRA共にトップクラスの3歳馬が結集する「砂のダービー」は、これまでにトーシンブリザード、カネヒキリ、フリオーソ、サクセスブロッケンなど数多くの名馬を送り出しています。近年は早い時期からダートの頂点を目指すJRA所属馬も多く、全国から大きな注目が集まります。

1996年に創設された4歳ダート三冠ユニコーンステークスダービーグランプリスーパーダートダービー)の3競走はいずれも秋に開催される競走だった為、「春にも4歳(現3歳)のダートチャンピオン決定戦を」と言う意見があった。また特別区競馬組合が主催するダート4歳ダート三冠競走最終戦のスーパーダートダービーを統一GIIから統一GIに昇格を目指していた思惑とも合致しスーパーダートダービーをスーパーチャンピオンシップと改名の上、4歳ダート三冠から撤退および南関東交流競走に降格させ本競走を統一グレード競走のスーパーダートダービーの後身競走として春季に新設した。春の3歳ダートチャンピオン決定戦の位置付けで、統一JpnIとして開催されている。なお、2006年までは南関東G1が併記されていた。

また新設年よりユニコーンステークス・ダービーグランプリと共に3歳ダート三冠を形成。更に2002年より羽田盃東京ダービーと共に南関東3歳三冠を形成した(1996年から2001年までは東京王冠賞が南関東三冠の二戦目として行われていた)。

出走資格サラブレッド系3歳(旧4歳)の競走馬を前提としてフルゲート16頭でJRA所属馬6頭、南関東所属馬5頭、南関東以外の地方所属馬5頭と出走枠が定められている。

負担重量は定量で56kg牝馬は54kg(南半球産2k減)である。

なお、2007年までは1着入賞した地方所属馬に限りダービーグランプリの優先出走権が与えられた。

ジャパンダートダービー優勝馬
ジャパンダートダービー優勝馬

出典:ウィキペディア

昨年は、ルメール騎手が騎乗する2番人気のノンコノユメが岩田騎手騎乗の1番人気のクロスクリーガーをかわして優勝。3連単4,980円という固いレースとなりました。

優勝 ノンコノユメ号
優勝 ノンコノユメ号

そして、このジャパンダートダービーが行われる大井競馬場をご紹介します。

第18回 ジャパンダートダービー(JpnI)

コース

スタートから1コーナーまで長い直線。4つのコーナーを通過し、ゴールまでの直線が長い外回りコースです。ダート競馬のチャンピオン・ディスタンスとなります。



<第18回 ジャパンダートダービー(JpnI)>
南関東競馬リポーター高橋華代子の注目馬情報
<中央>
ケイティブレイブ
ダート1800m以上で3勝。前走の兵庫チャンピオンシップは地元の川原正一騎手を背に逃げ切り勝ちを収め、後のユニコーンS勝ち馬ゴールドドリームに7馬身差をつけました。持ち前のスピードを生かしてどんな走りを見せるでしょうか。武豊騎手が初騎乗予定。

ゴールドドリーム
デビュー以降マイル以上の距離で戦い、5戦4勝2着1回。二走前の兵庫チャンピオンシップは2着でしたが、前走のユニコーンSは中団前から進めていき、最後の直線では前を行ったストロングバローズを競り落としての勝利。父は2002年の覇者ゴールドアリュール。

ストロングバローズ
ここまで6戦して3勝2着3回と連を外さない抜群の安定感を誇ります。宿敵ゴールドドリームには、ユニコーンSとヒヤシンスSで惜しくも敗れているだけに、初めての地方競馬コースでリベンジなるのか注目が集まります。530キロ前後の雄大な体の持ち主。

<他地区>
カツゲキキトキト
笠松デビューで3戦目から名古屋へ。今年に入ってからの活躍は飛ぶ鳥を落とす勢いで、名古屋と笠松で重賞5連勝中(通算7連勝)。前走の愛知県知事杯東海ダービーは中団をつけていき3コーナーから一気に進出して先頭に立つと、2着馬に7馬身差をつける圧勝。

ノブタイザン
兵庫デビュー馬で、中央遠征の経験もあり。2歳時も重賞レースの園田ジュニアカップを優勝。前走の兵庫ダービーは6番人気でしたが、名手・木村健騎手が手綱を取り、道中は後方3、4番手を進めていくと、直線で末脚を炸裂させて差し切り勝ちを収めました。

<南関東>
バルダッサーレ
中央2勝の成績で大井の中道啓二厩舎<小林>へ移籍。転厩初戦となった前走の東京ダービーは、吉原寛人騎手を背に2着のプレイザゲームに7馬身差をつける圧勝。その後も順調にトレーニングを続けていて、南関東代表として古巣・中央勢との対決に立ち向かいます。

出典:東京シティ競馬



前回の大井競馬の帝王賞は、ノンコノユメを本命に推奨しました。結果はご存知の通り、コパノリッキーの大勝に終わってしまいましたが、ノンコノユメも健闘し2着を確保してくれました。大的中とはいきませんでしたので、今回は、ドンピシャで当てたいと思っています。

まだまだ、ハイブリッドウイナーで予想するには、情報が足りませんので、今週末の中央の七夕賞やプロキオンステークスを的中させてからじっくり考えたいと思います。

続きを読む 7月13日のジャパンダートダービー2016年の勝ち馬を予想。ハイブリッドウイナーで挑戦します。

ハイブリッドウイナー予想がさく裂!! この勢いでCBC賞とラジオNIKKEI賞を確実にゲットしましょう!!

競馬予想のレジまぐ

土曜日は、パーフェクト的中ということで、軍資金に余裕ができました。CBC賞とラジオNIKKEI賞で勝負です。

どうも、今日もありがとうございます。
ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。

土曜日は、あの難解なテレビユー福島賞をパーフェクト的中することができ、気分上々です。
本命に推奨した6番人気のジャストドゥイングが頑張ってくれたので、良い思いができました。
外からユキノアイオロスが伸びてきたときには、アチャーッと思いましたが、ジャストドゥイングありがとうございます。

テレビユー福島賞単勝的中馬券
テレビユー福島賞単勝的中馬券 1,220円
TVh賞単勝的中馬券
TVh賞単勝的中馬券 240円

軍資金ができたところで、是非とも当てたいCBC賞とラジオNIKKEI賞のハイブリッドウイナー予想に移りましょう。
まずは、中京のCBC賞から。

CBC賞 ハイブリッドウイナー予想
CBC賞 ハイブリッドウイナー予想

本命は、HW8のベルルミエールとなりました。このところなかなか良い成績が出せていませんが、夏に強い牝馬ですから、期待できそうです。
また、調教も良かったようで併走馬を楽な手応えで一蹴。上昇ムードです。

そして、対抗は、これまた人気薄のワキノブレイブとなりました。
調教では、ラストの伸びが強烈で、馬体もしっかりしてきているそうですので、ここは一発ありそうです。

確かに、スノードラゴンやエイシンブルズアイは、G1でも良い結果を残してきた実力馬ですが、夏のローカル開催では、また別といっていいでしょう。
ハンデもかなりあるので、斤量の軽い馬にもチャンスです。

CBC賞 予想ボード
CBC賞 予想ボード

続きを読む ハイブリッドウイナー予想がさく裂!! この勢いでCBC賞とラジオNIKKEI賞を確実にゲットしましょう!!

夏競馬がスタート!! ハイブリッドウイナーは、むしろ混戦になるローカル競馬にこそ力を発揮します。

ついに始まったローカル競馬。今週の狙いは、もちろんラジオNIKKEI賞です。

どうも、今日も来ていただきありがとうございます。
ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。

今週は、大阪出張や大井の帝王賞などのイベントが盛りだくさんで、早かったのは早かったのですが、流石にこの暑さでは、体力が持ちませんね。バテバテです。
この土日は、ゆっくりと室内でローカル競馬を楽しみたいと思っています。

そこで、今週末のレース選定ですが、かなり荒れそうなのが、やはり3歳馬が走る福島のラジオNIKKEI賞でしょうか。

人気は、絶好調の武豊騎手が騎乗するブラックスピネルですが、16頭立ての大外に入ったことで、他の馬にもチャンスが生まれたのではないでしょうか?
また、穴っぽい馬も数頭出走してますね。
特に、ダートを走ってきたトモトモリバーや体調面が改善されたジョルジュサンク、NHKマイルカップでは、出遅れ気味のスタートで後方から9着に入ったストーミーシーなど、まだまだ他にも面白そうな馬がいますので、是非ともこのレースは、ハイブリッドウイナーを使って予想してみたいと思っています。

続きを読む 夏競馬がスタート!! ハイブリッドウイナーは、むしろ混戦になるローカル競馬にこそ力を発揮します。

水曜日は、大井競馬場ダート2,000m JpnI 帝王賞です。

今年の帝王賞の見どころは、世代交代です。

どうも、今日もありがとうございます。ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。

今日は、予定通り、ビジネスで大阪に移動中です。
大阪は、かなりの雨が降っていますが、宝塚記念の当り馬券のおかげで、おいしいお好み焼きにありつけそうです。

しかし、明日の夜には、もう東京なのです。
ゆっくり大阪を楽しむことはできそうにありません・・・。

しかし、東京に帰れば、近くには、大井競馬場があるのです。
やはり、帝王賞は見逃すわけにはいきませんよね。

大井競馬場
大井競馬場

29日(水)に大井競馬場で行われる帝王賞の見どころは、なんといってもコパノリッキー、ホッコータルマエといった実績馬に、勢いのあるアスカノロマン、ノンコノユメ、サウンドトゥルーなどがどのように挑むかでしょう。
地方、中央で数々のG1を制してきた実績馬達が意地を見せるのか、それとも世代交代が起きるのか注目したいところです。

コパノリッキーは、昨秋のJBCクラシックを勝ってから3走続けて結果が出ていませんでしたが、前走のかしわ記念ではなんと快勝。
まだまだ武豊騎手の期待に応えることができそうですね。

また、一世代を築いたホッコータルマエは、ドバイ帰りとなりますがどうでしょうか?
ドバイでは、全く精彩がなかったので、心配でもありますが、どうでしょう。

そしてアスカノロマンは、このところ強い競馬を見せており、上位に来ることは間違いと思われます。

切れ味鋭いノンコノユメや東京大賞典の覇者であるサウンドトゥルーのレースぶりも見逃せませんね。


明日は、地方のレースで初めてハイブリッドウイナーを使った予想を試してみたいと思っています。
果たして、今、冴えに冴えているハイブリッドウイナーは、地方競馬の予想においても、同じようにその能力を発揮することができるのでしょうか?
いやー楽しみです。

帝王賞出走表
帝王賞出走表

明日の夜は、東京に戻る新幹線の中で、しっかり予想し、みなさんに公開したいと思っておりますので、明日もぜひ、来てくださいね。

ちなみに、帝王賞の発走時刻は、2016年06月29日(水) 20:10発走 トゥインクルレースですよ。会社帰りに楽しめますね。

では、良い馬券生活を!!



 

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

レジまぐ商品の購入はこちら!

競馬 ブログランキングへ

ブログ王ランキングに参加中!

ドゥラメンテ故障!! 宝塚記念は、マリアライトが勝利し、波乱となりました。

競馬予想のレジまぐ

デムーロ騎手、競馬ファンもがっかり。凱旋門賞も白紙になってしまうのでしょうか?

とんでもない事になってしまいました。
どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。

まさか、ドゥラメンテが故障とは。
まずは、スポーツ紙の発表から。

【宝塚記念】ドゥラメンテ2着 左前脚故障、凱旋門賞挑戦は白紙

直線外を追い込んで首差2着だったドゥラメンテだが、ゴール入線後につまずくような挙動。鞍上のM・デムーロは下馬し、ドゥラメンテは馬運車で阪神競馬場の診療所に運ばれた。

M・デムーロは「ゴールを過ぎてつまずき、すべったみたい。それで左前が(おかしくなった)」と説明。サンデーレーシング代表・吉田俊介氏によるとドゥラメンテは「左前が痛いような感じで、脚を地面につけず浮かせている」という状態。レース直後とあって「いろいろなことはレントゲンの結果と診断が出てから」と前置き。「どの程度の症状か分からない」としたうえで、今後について「白紙になります。フランス(凱旋門賞遠征)もやめます」とした。「ひとまず1、2日は競馬場に置いて、診断が出てからどうするか考えたい」と語った。

出典:スポニチアネックス 6月26日(日)17時27分配信

<阪神11R・宝塚記念>故障発生のドゥラメンテから下馬して引き揚げるM・デムーロ騎手。
<阪神11R・宝塚記念>故障発生のドゥラメンテから下馬して引き揚げるM・デムーロ騎手。

では、反省に移りましょう。ドゥラメンテは、少し出遅れました。
そのため、後方からのレースを余儀なくされます。
出足が良かったのは、やはりキタサンブラックでした。すんなり前に行くことができ、先頭に立ちます。アンビシャスやワンアンドオンリー、トーホウジャッカルがその後に続きました。
トーホウジャッカルは、かなり調子が良かったのかもしれませんね。キタサンブラックを突っつく感じで、ペースが速くなりました。
その後、まくり気味にマリアライトが進出、その前には、抜群の手ごたえで、ラブリーデイが上がってきます。
この時点でキタサンブラックは、引き離しにかかりますが、ラブリーデイとステファノスが捕まえにかかります。
ラブリーデイが快勝するかと思いました。突き抜けてもおかしくない反応でしたが、なかなかキタサンブラックとの差が縮まりません。
その外を蛯名騎手があの独特のフォームでマリアライトをおっています。
さらにその外からは、やっとドゥラメンテが伸びてきます。

宝塚記念優勝マリアライト号 出典:スポーツ報知
宝塚記念優勝マリアライト号 出典:スポーツ報知

1着は、キタサンブラックかと思われましたが、マリアライトの伸びが勝り、1着に。
ドゥラメンテは、ギリギリ、キタサンブラックをかわして、何とか2着に飛び込みましたが、その後がいけません。
デムーロ騎手が下馬しているではありませんか!!

あーっ!! 凱旋門賞が・・・。私の心の叫びです。

とても残念です。ドゥラメンテが1着にならなかったことも残念ですが、またしても凱旋門賞を勝つことができないのではということの方が大きかったです。
みなさんも、今年こそドゥラメンテが凱旋門賞を勝つと夢見ていたはずです。
本当に残念です。

さて、2016年の宝塚記念は、牝馬のマリアライトが勝者となりました。
ハイブリッドウイナーの予想では、HW7の単穴に推奨していましたので、当然単勝を抑えることができました。
8番人気でしたので、25倍です。
しかし、ラブリーデイやドゥラメンテが1着になっていれば、かなりの額を手にすることができていましたので、本当に残念です。


宝塚記念で、反省しなくてはいけない点は、実は、あまりありません。予想どおりのレース展開と穴馬のチョイスができていました。反省があるとすればひとつ、それは、2番人気のキタサンブラックを少し軽視してしまったことでしょう。こちろん強いことはわかっていますが、あそこまで残すとは思いませんでした。武豊騎手の天才的な騎乗もあるのでしょうが、やはりキタサンブラックが強い馬だということでしょう。凱旋門に行ってくれると面白いかもしれませんね。
阪神の内回りでは、後方にいてはいけないとデムーロ騎手自体もインタビューで語っていましたが、なかなかうまく騎乗できなかったようですね。
また、ラブリーデイも良いレースをしてくれましたが、やはり、あそこから伸びられないのは、この馬の実力なのでしょう。

春競馬の締めくくりとなった宝塚記念ですが、ドゥラメンテの故障という少し残念な結果となりましたが、マリアライトの蛯名騎手にとっては、ダービーの雪辱が果たせた良いレースとなりました。
アンビシャスは、予想どおり、距離の壁があるようですね。

続きを読む ドゥラメンテ故障!! 宝塚記念は、マリアライトが勝利し、波乱となりました。

ハイブリッドウイナーは、夏至ステークスをどのように攻略するのか?

競馬予想のレジまぐ

ハイブリッドウイナーが予想する夏至ステークスとは?

どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。
土曜日がやってきました。
予想通り天気は良くありません。東京は、雨が降ったりやんだりといったところですが、かなりの雨量がある地域もあるようですので気を付けてください。

さて、今日の狙いは東京競馬場の11レース夏至ステークスです。
ダートの1,400メートル戦になりますが、頭数もそろい面白い一戦になりそうです。
特に降級馬のエイシンバッケンに人気が集中しています。
しかし、そんなに簡単に勝てるのか、少し疑問を持っています。

ハイブリッドウイナーの予想では、本命が、カフジテイクということになりました。
後方から競馬をする馬ですので、頭まで抜け切れるかどうかが微妙になるのですが、少し湿ったダートであれば、末脚炸裂も考えらますね。
徐々に体調も良くなってきているようですのでT.ベリー騎手には、頑張ってほしいところです。

では、ハイブリッドウイナーの予想ボードを公開しましょう。

続きを読む ハイブリッドウイナーは、夏至ステークスをどのように攻略するのか?

さあ、宝塚記念ウィークに突入!!  ドゥラメンテに勝てる馬は、キタサンブラックなのか!?

競馬予想のレジまぐ

競馬は記憶のゲームと言いますが、果たしてそうなのでしょうか?

よく、競馬は記憶が大切といいますが…。
出走する競走馬が、前走は、そのような調教を行い、パドックではどんな感じで、レースでは、どのような走りをしたのか?
また、なぜ勝てたのか? なぜ、負けてしまったのか? などなど、1頭の馬の様々な記憶が、予想するうえでは必要だといいます。

果たして、本当にそうなのでしょうか?


私の20年以上にわたる競馬人生の中で、記憶に残った馬を次のレースで購入したことで良かったと思えたことは、ほとんどないと言っていいと思います。

鮮烈な逃げ切り勝ちや狭いところを割って勝った馬、脚を余して負けてしまった馬など、その記憶は、レースを予想するうえで、とても邪魔になっています。
つまり、学問は、勉強することで、アップします。
また、スポーツも、練習や努力を積み重ねれば、やはりいつかは、結果となって現れます。
しかし、競馬(予想)は、それとはまったく違うのです。



続きを読む さあ、宝塚記念ウィークに突入!!  ドゥラメンテに勝てる馬は、キタサンブラックなのか!?

函館スプリントSを反省いらずの完全的中!! 3連単397,650円他パーフェクト的中です。

対抗のソルヴェイグが頑張ってくれました。的中って気持ちいい。

本命にしたティソーナは、結果的に8着という結果でしたが、なんと対抗に推奨していたソルヴェイグが、シュウジとのたたき合いで1着になりました。
やはりカルカルの斤量で、スタートを決められたことが勝因でしょう。

まずは、ハイブリッドウイナーの競馬予想を振り返ってみましょう。

函館SS ハイブリッドウイナー予想
函館SS ハイブリッドウイナー競馬予想

勝ったソルヴェイグは、HW6でありながら人気はこの時11番人気です。
2着のシュウジは、1番人気。
3着のレッツゴードンキは、2番人気でしたが、その後、6番人気に。



レースは、スタート抜群にソルヴェイグが2番手に付けます。シュウジも抑え気味に3番手を進む形になりました。すぐに直線が迫ってきます。
ソルヴェイグは、抜群の手ごたえで、追い出しにかかります。シュウジも岩田騎手の鞭にこたえ伸びてきます。
このたたき合いを制したのは、なんとソルヴェイグでした。



競馬予想のレジまぐ

 

3連単:397,650円 的中
3連複:43,840円 的中
単勝:3,940円 的中
馬連:17,090円 的中
馬単:36,650円 的中

 

函館SSレース結果 出典:JRA
函館SSレース結果 出典:JRA

詳しくは、『レジまぐ』でご確認ください。

もちろん、東スポ虎石晃記者にも完勝です。
まずは、この企画1戦1勝でスタートを切ることができました。

ありがとうございます。

■虎石記者の予想
◎アースソニック(三浦) 9着
〇オメガヴェンデッタ(武豊) 6着
▲オデュッセウス(戸崎) 7着

■ハイブリッドウイナーの予想
◎ティソーナ(柴山) 8着
〇ソルヴェイグ(丸田) 1着
▲アースソニック(三浦) 9着



 

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

レジまぐ商品の購入はこちら!

競馬 ブログランキングへ

ブログ王ランキングに参加中!

阪神11RマーメイドSと東京11Rエプソムカップの最終予想を公開します。

阪神11Rマーメイドステークスは、ハピネスダンサーの好走狙い。

阪神のメインレースは、G3のマーメイドステークス、ハンデ戦です。
14頭の出頭となりましたが、なかなか面白い馬がそろったと思います。
その中でも、ハイブリッドウイナーが本命に推奨するのは、4枠5番のハピネスダンサーです。
上位人気馬が割れる中、HW値9という数値は、立派な数値です。
また、斤量も53キロも嬉しいところ。
調教での気配も良いようで、騎手もノッテいる川田騎手であれば、かなりの確率で上位に来てくれそうです。

そして対抗は、現在11番人気のタガノエトワール。
5ヵ月の休養明けの一戦となりますが、仕上がりは万全ということであれば、前走17着はド返しとして、小島太騎手の好騎乗を期待できるのではないでしょうか。

マーメイドステークス予想ボード
マーメイドステークス予想ボード

単穴は、レッドオリヴィア。
数値は、かなり離れてしまいますが、ここのところ好走が続いていて、52キロの斤量は、走り頃かもしれません。

次に、東京競馬場のメインレース、エプソムカップを予想していきましょう。

続きを読む 阪神11RマーメイドSと東京11Rエプソムカップの最終予想を公開します。