競馬予想を販売することについて考えてみました。

馬券がかなりの確率で的中するなら、わざわざ予想を販売しなくても良いのでは?と思うことはありませんか?

以前から、疑問に思っていたことがありました。
それは、なぜ予想家は、その予想を販売するのかという疑問です。みなさんも同じようなことを考えられたことはありませんか?
予想が、そんなに的中するのなら、わざわざオッズが下がるかもしれないのに、なぜ、多くの人にその買目を公開するのかと。
確かに予想が当たるのであれば、誰にも言わずこっそりと馬券を購入する方が、ひとり勝ちになる可能性が高く、オッズも下がることはありません。
良いところだらけです。
確かに、自分なりの予想によって、毎週のように馬券を的中させて、利益を生んでいる馬券家もいるでしょう。
昔に比べ、ネットで馬券が購入できる現代であればなおさら多いでしょう。その反面、そのネット上では、私たちも含め、多くの方が予想を売るという行為を行ています。
我々も、予想を売るようになってわかったのですが、やはり、売りたくなるのです。
予想が当たらないから、詐欺まがいで販売する方も多くいるのは確かです。ネット社会の現在は、情報を売ることは、在庫のリスクもなく、言ってみれば簡単なのです。
なので、そのような詐欺まがいの商売をもくろむ人間も多くいるのは否定しようがありません。
しかし、われわれは、もちろん馬券を的中させるために独自にハイブリッドウイナーを開発しました。

ハイブリッドウイナー
ハイブリッドウイナー

ハイブリッドウイナーを実際にテスト展開していくうちに、その的中率や回収率の高さに自信を持つにいたりました。
そうなると、もっとこの法則を多くの人に知ってもらいたい。いや自慢したいに近いのかもしれませんが、そのような気持ちを開発メンバーのみんなが持つようになりました。
それは、先ほど言った自慢ばかりではなく、本当にこの法則が正しいものなのか、そうでないのかを公のもと検証していきたいという欲望にかわっていったのです。

単勝結果グラフ
単勝結果グラフ

続きを読む 競馬予想を販売することについて考えてみました。

ゴールデンウィーク最終日は、NHKマイルカップ的中を狙いましょう!!

ゴールデンウィークももう終わりです。最後は気持ち良く的中で終わりたいですね。

みなさん、今年のゴールデンウィークはいかがでしたか?
どこも人でいっぱいで大変だったのではないでしょうか。
まあ、休みが皆さん同じですので、仕方ないのでしょうが、ご苦労様です。
さて、天皇賞・春は、残念ながら内枠有利の展開がはまってしまって、全く引っかからなかったハイブリッドウイナーの予想ですが、全ての馬券を的中させることなんてできないのですがらクヨクヨ考えていても仕方ありません。
とにかく、次のNHKマイルカップを当てることに集中しましょう。

イメージ
イメージ

続きを読む ゴールデンウィーク最終日は、NHKマイルカップ的中を狙いましょう!!

NHKマイルカップにメジャーエンブレムが出走!!

メジャーエンブレムの出走。

さて、天皇賞から一夜明け、なぜ、カレンミロテックがあんなに好走することができたのかが、いまだにわかりません。
確かに、カレンミロテックは強い馬でしたが、天皇賞で、あれだけ素晴らしいレースができるとは…。
競馬は、本当にわかりませんね。

【天皇賞・春】2着カレンミロティックの池添「桜花賞に続いて鼻差2着…悔しい」
2016年5月1日17時16分 スポーツ報知

◆第153回天皇賞・春・G1(1日・芝3200メートル、京都競馬場、良)

逃げた2番人気のキタサンブラック(武豊)が直線で差し返して1着。昨年の菊花賞以来、G1レース2勝目を挙げた。13番人気のカレンミロティック(池添)が2着。3番人気のシュヴァルグラン(福永)が3着。3連単は24万2730円で8年連続10万円超の馬券となった。1番人気のゴールドアクター(吉田隼)は12着に終わった。

池添騎手(カレンミロティック=2着)「一回首くらい(前に)出たんですけど。完璧なレースができて馬も応えてくれたんですけど、G1馬(キタサンブラック)の底力なのかな。(自身は)桜花賞に続いて鼻差の2着(シンハライト)。ちょっと悔しいです」

さて、今週末はNHKマイルカップです。

出典:JRA
出典:JRA

続きを読む NHKマイルカップにメジャーエンブレムが出走!!

キタサンブラック天皇賞・春勝利!! 長距離は、武豊騎手ですね。

カレンミロテック健闘。前残りの展開になりました。

ハイブリッドウイナー値が17となっていたレーヴミストラルに期待しましたが、流石に力のあるキタサンブラックにはかないませんでした。
以前から、キタサンブラックは強いと思っていましたが、まさかこれほどまでとは…。

キタサンブラックは、直線で一度カレンミロテックに抜かれたものの差し替えす根性を見せてくれました。

レーヴミストラルは、ポツンと最後方からのレースとなりましたが、この定位置では、前残りの展開で勝てるはずがありませんね。
早いうちに、1着がない事はわかってしましました。
やはり、馬の個性なのでしょう、前に行けないのですから仕方ありません。

想像していたレースとは、大きく違ってしましました。

もっとトゥインクルなどが早めから動くなど、出入りが多くなるレースを予想していたので、淡々とする流れになってしまい、
レーヴミストラルやフェイムゲームが差し込む余地がありませんでしたね。

さて、ここまで惨敗するとは思ってみませんでしたが、
ここは、素直に受け入れたいと思います。

やはり、競馬は、前に行けないと勝てませんね。
カレンミロテックを本命にしていた方は、さぞかし悔しい思いをしたのではないでしょうか。

アフリエイトバナー

https://regimag.jp/bo/book/detail/?book=5665

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

レジまぐ商品の購入はこちら!

競馬 ブログランキングへ

天皇賞は、ハイブリッドウイナーがとてつもない予想を導き出しました。

天皇賞・春の優勝場は、人気薄のレーヴミストラルか!?

今回の天皇賞・春において、ハイブリッドウイナー予想で、これまでにないHW値が出ました。
なんと、HW17。
この値は、他の強豪を圧倒するすごい値です。

これまで、ハイブリッドウイナーの予想のなかで異常値というものはありましたが、正式な値で、ここまで抜けた値は存在しませんでした。

その値をたたき出したのが、大外18番のレーヴミストラルです。

レーヴミストラル号
レーヴミストラル号

続きを読む 天皇賞は、ハイブリッドウイナーがとてつもない予想を導き出しました。

天皇賞の前に青葉賞をしっかり予想していきましょう。

東京11Rは、ダービーのトライアル青葉賞G2です。人気は、プロディガルサン戸崎騎手。

青葉賞の1番人気は、プロディガルサンとなっています。しかも、現在単勝1.3倍と1頭抜けた存在です。
しかし、果たしてそんなに力の差があるのでしょうか?
今日の10時現在では、4.0倍とやはり落ち着いてきましたね。
しかし、昨日競馬関係者が購入していたということであれば、かなりの自信があったとも考えられますね。

ところでハイブリッドウイナーの予想は、ご覧のとおり11番のメートルダールがHW7という数値。
メートルダールは、前走の共同通信杯で皐月賞を勝ったディーマジェスティの0.3秒差の3着に好走しています。
また、2,400メートルに距離が伸びることもどちらかといえばプラスになりそうで、
プロディガルサンと大きな力の差があるとは思えません。

このままオッズが下がらないようであれば、買い時です。

青葉賞 ハイブリッドウイナー予想
青葉賞 ハイブリッドウイナー予想

続きを読む 天皇賞の前に青葉賞をしっかり予想していきましょう。

天皇賞がやってきました。今年は、激戦が予想されます。

天皇賞とともに、ゴールデンウィークがスタートしました。

2016年のゴールデンウィークが始まりました。
今年は、2日と6日を休めば、最大10連休です。2週に渡って競馬を思う存分楽しめますね。
また、天皇賞をスタートとし、G1がどんどん続きますので毎週大変になりそうです。
1レース1レースを大切に予想していきたいと思いますので引き続きよろしくお願いします。

さて、当面の目標は天皇賞のゲットということになります。
去年は、ゴールドシップが2周目の3コーナーからスパートをかけるとてつもないレースをして勝ったこのレースですが、
今年は、かなりの混戦になるのではないでしょうか?

天皇賞(春)出走表
天皇賞(春)出走表

続きを読む 天皇賞がやってきました。今年は、激戦が予想されます。

マイラーズCとフローラSの結果報告。ダブル的中も課題が残る結果に。

クルーガーが内から抜け出しゴールイン!!

京都11Rのマイラーズカップから結果を報告したいと思います。

1番人気は、デムーロ騎手から鮫島騎手に乗り替わったフェイロ。
乗り替わった鮫島騎手は、絶対に負けられないレースだったはずです。
そのプレッシャーは、スタート前の輪乗りでも見て取れました。

レースは、きれいに生えそろったターフのもと、良馬場のコンディションで行われました。
ハイブリッドウイナーの予想は、アルバートドックとクルーガーの2頭。
HW値もかなり高く、軸馬としての信頼性は充分です。
ただ、どちらの馬も後ろからレースを行う馬のため、どんな障害があるかわからず勝ちきれない可能性も高いと判断できました。

さあスタートです。本命のアルバートドックは、すんなりと発馬するも、徐々にポジションを下げ、後ろから2頭目の定位置に落ち着きました。
一方クルーガーは、内枠からこちらもすんなりと発馬すると、中段からやや後ろを進出。
ペースは、それほど早くなく、淡々と進んでいきます。

人気が無かったクラレントも、先頭集団でスムーズなレース運びでダノンシャークと並走しています。

4コーナーをまわり、フェイロは直線を向くと、大外へ持ち出しスパートをかけますが、少し後ろ過ぎました。
アルバートドックも、フェイロと合わせるようにスパートしますが、結果的にフェイロにかぶせられた形となり出足を阻まれてしまいました。
これでは、1着はありません。

内で我慢していたクルーガーの前がポッカリと空くと、松山騎手が鞭を入れて先頭へと躍り出ます。
クラレントをめぐりダノンシャークとのたたき合いとなりましたが、最内のクルーガーが抜け出したところがゴールとなりました。

1着 クルーガー(松山弘平騎手)
「前走はゲートで後手をふんでしまったので、今日は何とかしたいと思ったのですが、もうひとつでした。
開幕週だったので、あとは馬の力を信じてインでためて直線はうまく前もあいてくれました。いい枠、京都の外回りもよかったと思います。
ラストはいつもいい脚を使ってくれます。今後がますます楽しみですね」

2着 ダノンシャーク(福永祐一騎手)
「スタートを決めて、思っていた位置からいい脚使ってくれました。でも最後前に一頭いましたね。この馬としては頑張ってくれました」

3着 クラレント(小牧太騎手)
「あそこまで走ってくれたからには勝ちたかったですね。内があいてふわっとするところを修正しながらのレースだったのですが、
今までの中でもいいレースが出来たと思っています」

続きを読む マイラーズCとフローラSの結果報告。ダブル的中も課題が残る結果に。

マイラーズカップは、デムーロ騎手の騎乗停止によって波乱となるか?

デムーロ騎手騎乗予定だったフェイロですが、鮫島騎手に乗り替わった影響はあるのでしょうか?

何度となくレースにおける騎手の大切さをお伝えしたと思います。レースでは、騎手の判断が大きく勝利に関係してきます。
一瞬の追い出しの判断や他馬との関係性の把握、コースの選択など、レースの中では判断が全てです。
今回、万全の態勢で望みたかったフェイロ陣営に、このデムーロ騎手の騎乗停止は、大きな誤算となってしまったことは疑いようのない事実です。
しかし、フェイロ自体の力は、他の馬に大きく水をあけているのも確かです。あとは、鮫島騎手の手綱さばきにかかっているといっても過言ではありません。

さて、そんなマイラーズカップですが、ハイブリッドウイナーは、どのような予想を展開するのでしょうか。
早速、予想していきましょう。

続きを読む マイラーズカップは、デムーロ騎手の騎乗停止によって波乱となるか?

ハイブリッドウイナーのバージョンアップテストを行います。

軸馬は、かなりの確率で導きだすことができています。次の課題は、ヒモ馬のピックアップです。

ハイブリッドウイナー開発委員会では、今回、議論になっていたひとつの課題をクリアするべく、新しい考え方を導入しました。

委員会メンバー(開発者)と論議になっていた部分は、『ヒモ馬』の的中率が悪いということです。
これまでの100を越えるテストマーケティングによって、実証されているように軸馬の的中率、非常に高いレベルでキープできています。
また、オープン戦からG1まで、さらに3歳のレースから古馬のレースまでも幅広く的中することができています。

特にG1においても断然の1番人気ではなく、その陰になっている馬やライバル馬をピックアップできており、単勝での馬券獲得ができています。

しかし、その的中においても、まだまだヒモ馬の選定が不安定で、軸馬が1着になっても2着3着に予想外の馬が飛び込み、大きな配当を逃していることがあります。
委員会のメンバーの間では、仕方ないのではという意見もありましたが、せっかく軸馬が来ているにもかかわらず、ハズレてしまうのは、本当に悔しい限りです。
かと言って単勝ばかりの勝負では、なかなか目標にしている100万馬券(ゴールド証明書)を獲得することはできません。

いろいろ討議した結果、やはり、もう一度真剣にヒモ馬のピックアップ方法を見直してみようということになりました。

続きを読む ハイブリッドウイナーのバージョンアップテストを行います。