ハイブリッドウイナーで川崎11R 川崎記念を攻略しましょう!! 狙いは、武豊騎手のケイティブレイブです。



競馬予想のレジまぐ

川崎競馬場で開催されるJpn1レース川崎記念2017で高配当をゲットしましょう。

どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。

いやーっ、暖かくなったり寒くなったり、インフルエンザも流行ってますので、みなさん気を付けてくださいね。

さて、平日に競馬ができるうれしい水曜日となりました。
狙いは、もちろん川崎競馬場で行われるダート2,100メートルの川崎記念2017です。

JRAの名だたるダート馬が出走する楽しみなレースですので、ぜひとも的中させたいですね。

では、さっそく川崎記念を攻略していきましょう。

川崎記念 ハイブリッドウイナー競馬予想

ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、サウンドトゥルーではありません。

HW10の武豊騎手が騎乗する8番ケイティブレイブです。

ケイティブレイブ号
川崎記念 競馬予想ボード

後からの競馬となるサウンドトゥルーとは反対の逃げ馬ですが、スタミナのある馬なので、ここでも好勝負になりそうです。

対抗は、11番のバスタータイプです。
前走の負けは、出遅れが響いた結果です。
スタートを決めることができれば、勝利も見えてきそうです。


単穴は、 9番オールブラッシュ
ルメール騎手の騎乗で、勝利を狙います。

では、引き続き良い馬券生活を!!

■こちらの競馬予想記事もぜひお読みください。
ハイブリッドウイナーで中山11R根岸Sと京都11RシルクロードSを攻略しましょう!!
ハイブリッドウイナーで東京11R 白富士Sを攻略しましょう!!
ハイブリッドウイナーで大井11R TCK女王盃を攻略しましょう!!
ハイブリッドウイナーで中山11R AJCCと中京11R 東海Sを攻略しましょう!!

にほんブログ村 競馬ブログへ

■有名な競馬記者と勝手に馬券勝負をする『勝手にガチ勝負!?』の結果もご覧ください。
⇒虎石晃記者、豊島俊介記者のダブルガチ勝負で完勝です!!
⇒『勝手にガチ勝負!?』で、デイリー豊島記者を、またまた撃破!!
⇒3戦3勝!! デイリースポーツの穴王子、豊島記者にも勝ってしましました!!
⇒東スポ虎石記者 第2回戦 ありがとうございます。またまた、勝ちました!!
⇒東スポ虎石記者 第1回戦 もちろん、東スポ虎石さんにも完勝です。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬 ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!

 

川崎競馬JBCクラシック、JBCスプリント、JBCレディスクラシックを完全攻略!!

競馬予想のレジまぐ

ハイブリッドウイナーで、ブリーダーの祭典、JBCクラシックを攻略しましょう!!

どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。
川崎競馬の熱い1日がやってきました。



今日は、川崎競馬場で、JBCクラシック、JBCスプリント、JBCレディスクラシックのJpn1レースが行われます。
このJBCの後には、本場アメリカのブリーダーズカップ、さらに日曜日には、G2のアルゼンチン共和国杯が行われます。
とにかく、このJBCの3レースをキッチリ勝利して、どんどんつなげていきましょう。

まずは、11RのJBCクラシックを競馬予想していきましょう。ダート2,100メートル戦ですが、素晴らしいメンバーが揃いました。
Jpn1が3レースもあると大忙しですが、焦らずに行きましょう。

ハイブリッドウイナーが本命に推奨したのは、後からのレースとなるであろう8枠 13番ノンコノユメです。
出遅れなければ、必ず勝ち負けになるのですが、なかなかスタートを決めることができないのが悩みの種です。
しかし、前での競馬ができれば、小回りの川崎競馬場でも末脚爆発となるはずです。
今回はいかがでしょうか?

対抗は、実力抜群の6枠 9番アウォーディーです。
コパノリッキーを良く知る武豊騎手ですが、そのコパノリッキーとどのような死闘を演じるのでしょうか?
一頭、力が抜けているようにも思えますが・・・。

単穴は、その5枠 7番コパノリッキーとなりました。
田辺騎手は、前走同様に、勝ちきってくれるのでしょうか? ぜひ、頑張ってほしいものですね。

JBCクラシック ハイブリッドウイナー競馬予想
JBCクラシック ハイブリッドウイナー競馬予想
ハイブリッドウイナー競馬予想ボード
JBCクラシック 競馬予想ボード

続きを読む 川崎競馬JBCクラシック、JBCスプリント、JBCレディスクラシックを完全攻略!!

Jpn3 ブリーダーズゴールドカップで激走する馬を徹底分析!!

G1とJpn1の違いをご説明したいと思います。

今日もありがとうございます。
どうも、ハイブリッドウイナー開発委員会会長のインディーです。
今日も、引き続き地方競馬にスポットをあててお話したいと思います。



まず、みなさんは、G1とJpn1の違いをご存知ですか?
GⅠは国際GⅠということになり、Jpn1は、かつてJRAがG1と称していたレースということになります。国際的に開放されていないレースは、G1を名乗ってはいけないこととなったため、
JRAは、日本独自の基準でのG1格という意味で、これらをJpn1という表記であらわすことになったのです。
また、海外ではJpn1はG1競走とは認められていません。

現在、JRAとの指定交流競走によって、地方競馬も少しずつ元気を取り戻してきていますので、ますます、地方競馬から目が離せないのですが、残念なことは、競走馬の力の差です。
しかし、ライデンリーダーやイナリワンのような怪物が突然出て来るかもしれませんので、しっかりウォッチしていくことが必要だと思います。

【指定交流競走(していこうりゅうきょうそう)】
指定交流競走(していこうりゅうきょうそう)とは、地方競馬において、中央競馬(日本中央競馬会=JRA)ならびに地方競馬の他地区に所属する競走馬が出走可能な交流競走(ただし、地方競馬の他地区に所属する競走馬が出走できない競走も本項目では扱う)。中央競馬において、地方競馬に所属している競走馬が出走可能な競走。指定競走と特別指定競走とに分かれる。

■ビービーバーレル
ダートに転向した前走の大沼ステークス。
モンドクラッセを相手になかかな良いレースができたのではないでしょうか。あの流れでモンドクラッセの外から動き、最後までリードを広げられなかったのはかなり評価できます。
ブリーダーズゴールドカップでは、武豊騎手の手綱で、うまく先行できれば、勝利も近いのではないでしょうか。

■アムールブリエ
帝王賞では、コパノリッキーから大きく離され、11着に沈んでしましましたが、地方競馬では、高いポジションで安定した走りを見せています。
浜中騎手とのコンビも多く、このレースでは、充分勝利を狙えるのではないでしょうか。

■タイニーダンサー
6月15日の川崎競馬の関東オークスで戸崎騎手を背に勝利。前走のスパーキングレディーカップでは、ホワイトフーガに敗れるも3番人気で3着と好走しました。
ブリーダーズゴールドカップでも良い走りが期待できそうです。

おそらく、この3頭の中から間違いなく勝馬が出るはずです。
ハイブリッドウイナーの本命は、その馬になるのでしょうか? アムールブリエあたりが本命になるのでしょうか?
楽しみは、まだまだ先ですが、情報が集まりにくい地方競馬ですので、しっかり情報収集をしていくことが肝心ですね。

続きを読む Jpn3 ブリーダーズゴールドカップで激走する馬を徹底分析!!