マイラーズCとフローラSの結果報告。ダブル的中も課題が残る結果に。

クルーガーが内から抜け出しゴールイン!!

京都11Rのマイラーズカップから結果を報告したいと思います。

1番人気は、デムーロ騎手から鮫島騎手に乗り替わったフェイロ。
乗り替わった鮫島騎手は、絶対に負けられないレースだったはずです。
そのプレッシャーは、スタート前の輪乗りでも見て取れました。

レースは、きれいに生えそろったターフのもと、良馬場のコンディションで行われました。
ハイブリッドウイナーの予想は、アルバートドックとクルーガーの2頭。
HW値もかなり高く、軸馬としての信頼性は充分です。
ただ、どちらの馬も後ろからレースを行う馬のため、どんな障害があるかわからず勝ちきれない可能性も高いと判断できました。

さあスタートです。本命のアルバートドックは、すんなりと発馬するも、徐々にポジションを下げ、後ろから2頭目の定位置に落ち着きました。
一方クルーガーは、内枠からこちらもすんなりと発馬すると、中段からやや後ろを進出。
ペースは、それほど早くなく、淡々と進んでいきます。

人気が無かったクラレントも、先頭集団でスムーズなレース運びでダノンシャークと並走しています。

4コーナーをまわり、フェイロは直線を向くと、大外へ持ち出しスパートをかけますが、少し後ろ過ぎました。
アルバートドックも、フェイロと合わせるようにスパートしますが、結果的にフェイロにかぶせられた形となり出足を阻まれてしまいました。
これでは、1着はありません。

内で我慢していたクルーガーの前がポッカリと空くと、松山騎手が鞭を入れて先頭へと躍り出ます。
クラレントをめぐりダノンシャークとのたたき合いとなりましたが、最内のクルーガーが抜け出したところがゴールとなりました。

1着 クルーガー(松山弘平騎手)
「前走はゲートで後手をふんでしまったので、今日は何とかしたいと思ったのですが、もうひとつでした。
開幕週だったので、あとは馬の力を信じてインでためて直線はうまく前もあいてくれました。いい枠、京都の外回りもよかったと思います。
ラストはいつもいい脚を使ってくれます。今後がますます楽しみですね」

2着 ダノンシャーク(福永祐一騎手)
「スタートを決めて、思っていた位置からいい脚使ってくれました。でも最後前に一頭いましたね。この馬としては頑張ってくれました」

3着 クラレント(小牧太騎手)
「あそこまで走ってくれたからには勝ちたかったですね。内があいてふわっとするところを修正しながらのレースだったのですが、
今までの中でもいいレースが出来たと思っています」

続きを読む マイラーズCとフローラSの結果報告。ダブル的中も課題が残る結果に。

ニュージーランドTでアストラエンブレムにかわる穴馬を発見!!

ボールライトニングが調教で魅せた上々気配!!

中山の芝1,600メートルで行われるニュージーランドトロフィーを予想していきましょう。
ニュージーランドトロフィーは、NHKマイルカップの権利をかけたトライアル戦になります。

現在の1番人気は、2枠3番のアストラエンブレム
前走のフローラルSでは、ルメール騎手を背に逃げ切って1着となり、このレースは負けられないところです。
ここまで、安定した走りを見せていて、春になり暖かくなってくれば、さらに良い動きが期待できそうです。

ハイブリッドウイナーの予想では、アストラエンブレムは、HW6と高めですが決して突出した数値ではありません。
その結果、ハイブリッドウイナーでの本命は、7枠14番のボールライトニングとなりました。
ボールライトニングは、HW11と抜けた存在であり、1着の可能性も高くなっています。

ハイブリッドウイナー予想
ハイブリッドウイナー予想

また、ボールライトニングはG2を1勝しており、朝日杯FSのG1こそ4番人気で11着と期待を裏切った形になりましたが、アーリントンでは出遅れて8着までばん回しています。スムーズな競馬ができれば、まだまだ見限れませんね。
ハイブリッドウイナーでの狙いは、次のようになります。

続きを読む ニュージーランドTでアストラエンブレムにかわる穴馬を発見!!

驚き!! 騎手が馬券攻略の大きなファクターだと信じている人は10人に3人という事実。

騎手は馬券的中のための重要ファクターです!!

今日は、騎手についてお話したいと思います。

ハイブリッドウイナーにおいても、騎手値は、
非常に重要なファクターとなります。
馬が強ければ騎手の腕は関係ない。とお考えの方もいるようですが、果たしてそうでしょうか?

レースを見ていると、本当に馬との折り合いがうまくないな。と、思うことがあります。
特に、馬がかかってしまうと騎手は手綱を絞り、ひたすら押さえ込もうとします。
なぜなら、ここで、足を使ってしまうことで、直線ではバタバタになり、負けることがわかっているからです。

では、手綱を絞り、馬を押さえ込むことが正解なのでしょうか?
いや、そうとも言えません。やはり馬が暴れ、体力を消耗してしまうことで、同じく直線で伸びなくなってしまいます。

馬も生き物ですから、例え乗りなれた騎手であっても、なかなか思うようには乗れないのです。
そこに騎手の腕が出ると思うのです。

騎手に馬を思い通りに扱う天性の素質があれば、馬を気持ちよく走らせ、その馬の力を出し切ることができるはずです。
では、誰がそんな騎手なのでしょうか?

今、ご存知の通り多くの外国人騎手がJRAのレースに騎乗しています。
デムーロ騎手やルメール騎手など、すでに日本の騎手免許を獲得して、活躍しています。

デムーロ騎手/ルメール騎手
デムーロ騎手/ルメール騎手

また、日本の騎手も、毎年数名ではありますが、新人が登場しています。

では、誰が馬券になる騎手なのでしょうか?

続きを読む 驚き!! 騎手が馬券攻略の大きなファクターだと信じている人は10人に3人という事実。

JRA16年ぶりの女性騎手誕生!! 藤田菜七子騎手が競馬を変える!?

藤田菜七子騎手登場!!

16年の歳月が流れた。

一時は。田村騎手、西原騎手、細江騎手などが在籍したが、結果を残すことなく騎手人生を終えている。あれから16年という歳月が流れ、藤田騎手がJRAのレースに登場することになった。

実際、女性にはつらい世界であろう。勝負の世界であるのだからそれは仕方ないとしても、いろいろな人間関係もある世界であるはずで、決して能力だけで認めてもらうことはたやすくないはずです。

しかし、この世界でやると決めたからには、存分にその存在を知らしめて欲しい。今は、ブームとしてちやほやされるかもしれないが、その分、冷めやすいのも事実。

しっかりと自分のレーススタイルやポジションを確立してほしい。

競馬のこれからの発展は、彼女にかかっているかもしれない。

 

競馬に新たなブーム到来!? 馬女(UMAJO)&菜七子。

藤田菜七子
藤田菜七子騎手