桜花賞を勝つのは、メジャーエンブレムとは決まっていません。


デムーロ騎手が、どのようにジュエラーを勝利に導くのでしょうか?

強いのは、わかっています。
メジャーエンブレムは、別格ではないでしょうか。

また、調教も予定通りこなし、時計も動きも文句なしの状況とくれば、本当に死角が無いと言っても良いでしょう。
しかし、G1は、そんなに簡単に取れるものなのでしょうか?

どの新聞もメジャーエンブレム一色です。
歴史に残る牝馬となる可能性があるのですから、仕方ありませんがね。

去年の桜花賞は、レッツゴードンキの岩田騎手が、絶妙の逃げをうったことで、最終的には、4馬身突き抜けるという珍しい展開になりました。
おかげで、レッツゴードンキを狙っていた私としては、岩田騎手がうまくスタートを決め、後ろの馬を引き付けながらレースを運ぶ数分は、本当にドキドキさせていただきました。
単勝馬券は、もちろん的中だったのですが、2着に来た7番人気のクリミナルが買えておらず、3連単233,390円をハズしてしまったことで嬉しさ半分だったことも覚えています。

出典:JAR
出典:JRA

メジャーエンブレムのルメール騎手とジュエラーのデムーロ騎手の腕の見せ所でしょう。

今年もメジャーエンブレムが同じように先頭に立つでしょう。
しかし、その刻むラップは昨年の桜花賞とは大きく違ってくるはずです。

メジャーエンブレムであれば、レッツゴードンキのようにペースを落とすことなく、逃げるスピードがあるからです。
また、余計な小細工をしなくても馬が自然と先頭に立ってしまうでしょう。

しかし、メジャーエンブレムも3歳牝馬ですから、直線に向いたころにはスピードも落ちてくるはず。

そこに付け入るのが、メジャーエンブレムを見るようにレースをしていたデムーロ騎手騎乗のジュエラーではないでしょうか。
早めにメジャーエンブレムをとらえることができれば、差すことができる足をジュエラーは持っています。
デムーロ騎手の騎乗をもってすれば、ジュエラーを桜花賞馬にしてくれると信じています。
直線、しかもゴール前で、メジャーエンブレム、ジュエラー、シンハライトが競い合う姿が今から楽しみです。

ジュエラー単勝馬券
ジュエラー単勝馬券

予想は、下記のレジまぐで発表しています。
ジュエラー以外にも、メジャーエンブレムが失速した場合の狙い目を公開していますので、是非参考にしてください。

アフリエイトバナー

https://regimag.jp/bo/book/detail/?book=5665

 

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

レジまぐ商品の購入はこちら!

競馬 ブログランキングへ


投稿者:

ハイブリッドウイナー開発委員会

2016年にハイブリッドウイナーを開発。調教・騎手・レース・期待値から、HW値を導き出すことで、穴馬から本命まで、幅広く軸馬を見つけ出すことができるようになりました。みなさんと一緒にこのハイブリッドウイナーを使って、ワクワクした週末をぞんぶんに楽しみたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です