東京11R ジューンSをハイブリッドウイナーで予想していきましょう。


今日の注目レースは、東京芝2000メートルのジューンステークスです。

いやー本当に暑くなってきましたね。
エアコンが無くては、部屋にも居れません。
こんなに暑くなっては、競走馬も私以上にたいへんでしょう。
なので、夏に強い馬や弱い馬の差がつくのもわかる気がします。

さて、今日の注目レースは、東京競馬場のメインレースであるジューンステークス、芝2000メートルです。
出走頭数は、13頭といい感じになりました。
人気は、12番の降級馬のアングライフェンが1番人気となりました。
騎手がルメール騎手に戻ったこと、スピード満点の活気のある調教が、その人気の裏付けでしょう。
2番人気は、大外13番の戸崎騎手騎乗のレッドルーファス。
ここ2走は、出遅れや後方からの競馬ながら、良い結果を出せていますので、頭数が減ったこのレースは、さらに走りやすいレースとなるはずです。

では、ハイブリッドウイナーの予想を見ていきましょう。

降級の恩恵を活かしてアングライフェンが混戦を制します。

ジューンS ハイブリッドウイナー予想
ジューンS ハイブリッドウイナー予想

ハイブリッドウイナーの本命は、1番人気のアングライフェンとなりました。
HW値が6とそこそこですが、対抗以下がHW3と言うことであれば、ここは、軸馬としてかなり信頼できると思われます。
降級の恩恵を活かすことができれば、この混戦レースを制することができそうです。
この馬は、初勝利までに時間がかかったようですが、未勝利後は、わずか6戦でオープン入りした実力がある馬です。その間は、4着以下がなく安定もしています。
前走、前々走のG3では、10着、12着となってしまいましたが、降級戦となったジューンステークスにおいては、存分に力を発揮してもらえそうです。
調教もバツグンとのことなので、期待大です。

対抗は、これまた人気のレッドルーファスとなりました。
戸崎騎手に乗り替わり、この頭数ですので、後ろからの競馬でもすんなり上位に食い込んできそうです。

単穴は、エアアンセム
こちらも田辺騎手に乗り替わり、狙ってきていますので、1着の可能性もあるでしょう。

ジューンS予想ボード
ジューンS予想ボード

予想ボードは、こんな感じになります。
ケイアイチョウサンも暑くなってくると調子を上げてくる馬ですので、ベリー騎手に乗り替わって好走が期待できますね。

本日の結果に関しては、『シューンステークス反省会』として、本日の夜に函館スプリントステークスの予想とともにアップさせていただきますので、こちらもご覧ください。

 

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

レジまぐ商品の購入はこちら!

競馬 ブログランキングへ

ブログ王ランキングに参加中!


投稿者:

ハイブリッドウイナー開発委員会

2016年にハイブリッドウイナーを開発。調教・騎手・レース・期待値から、HW値を導き出すことで、穴馬から本命まで、幅広く軸馬を見つけ出すことができるようになりました。みなさんと一緒にこのハイブリッドウイナーを使って、ワクワクした週末をぞんぶんに楽しみたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です